新町西再開発白紙撤回の展望を語る (報告学習会のお知らせ)

 徳島市の音芸ホールを中心とした新町西再開発計画。
組合申請が行われ、計画縦覧の真っ最中。もう白紙撤回させるのは無理なのでは?と思っていらっしゃる方もいると思いますが、「市民の会」では、これからが本当のたたかいと頑張っています。
事業計画縦覧を受けて、住民の意見書提出が6月30日までできます。まずは、意見書を提出してください。
簡単に書ける様式の意見書があります。手元にない方は、「市民の会」(☎088-679-8255)までご連絡ください。私も世話人をしていますので、ご連絡いただければ、お届けします。(☎090-4502-8563)
 今後の運動の展望を学ぼうと、全国で先進的なたたかいをしてきた方を招いての報告学習会も計画されています。
こちらも是非ご参加ください。     
 
 
 弁護士と再開発の専門家が語る「新町西再開発の白紙撤回への展望と住民訴訟」
■ 時      2014年6月29日(日)午後1時30分から
■ ところ    青少年センター(ともにプラザ)3階大ホール
■ 入場無料
■ 報告者   白川 剛 弁護士  堀金 博 弁護士 
         (テーマ:住民監査請求棄却から住民訴訟へ)
          
          遠藤 哲人  
          NPO法人 再開発全国連絡会議事務局長 
         (テーマ:今後の再開発の動き)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です