集団的自衛権行使容認は許せない!

 安倍内閣は、7月1日、集団的自衛権行使容認を閣議決定しようとしています。
 公明党は「平和の党」の党是より、政権にしがみつくことを選択したようです。
 そもそも「集団的自衛権」というのは、日本が攻められたときに防衛する権利ではありません。他の国のために外国に出かけていって、武力行使=戦争をする権利です。
憲法9条がある日本では、どう解釈しても集団的自衛権の行使を容認できる余地はありません。それを無理やり理屈をつけて行使を容認してしまおう、しかも、国会で認めてもらえないなら、一内閣で勝手に「閣議決定」を行って、強行突破してしまおうというのが安倍首相のやり方です。
だいたい、権力者である自分自身が憲法に縛られているという自覚もない人が日本の総理大臣をやっているということからして異常ですが、・・・。
 公明党の山口代表は、自民党の高村氏が示した、集団的自衛権行使の新3要件が、さらに厳格な表現になったから「客観的に認定できる。あいまいなものではない。」と語り、異論の出ている党内をまとめられると踏んだようです。
 さらに厳格になった新3要件とは、自衛権の発動を(1)わが国または他国に対する武力攻撃が発生し、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(2)他に適当な手段がない(3)必要最小限度の実力行使にとどまる-という場合に限定するというものです。
 しかし、こんな要件が何の意味もなさないことは、歴史が証明しています。この苦い経験を教訓にして、二度と同じ過ちを繰り返さないためにできたのが、日本国憲法です。
その憲法をないがしろにして、再び日本を「戦争する国」につくりかえる、こんな暴挙は絶対に許せません。
 「集団的自衛権行使容認の閣議決定はやめよ」「憲法9条を守れ」の声をさらに大きくして、安倍自公政権を抗議の嵐で包囲しましょう!!
(写真は、今日のNHKのニュース映像から)   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です