日曜市宣伝

 梅雨明け後、猛暑が続いていますが、今朝はまだしのぎやすかったように思います。
 定例の日曜市宣伝では、日本共産党創立92周年記念講演で、志位委員長が、解釈改憲による集団的自衛権行使容認の閣議決定で「海外で戦争する国」づくりをすすめ、消費税増税、原発再稼働、沖縄の米軍新基地建設強行と、どの分野でも国民の願いに背を向け暴走する安倍政権打倒の国民的大運動を起こそうと呼びかけたことを紹介。 来年の一斉地方選挙で日本共産党の議席を増やし、徳島からも安倍政権NO!の声を上げよう、また、何としても古田県議の議席を継がせてほしいと訴えました。
 古田県議は、安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定を厳しく糾弾。県政報告の中で、秘密保護法廃止や集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を求める意見書をめぐる県議会の対応に触れ、自民、公明などの反対多数で採択されなかったことを述べました。
 宣伝後は、支部会議に参加。会議後、今まで行動に参加できていなかった党員が一緒に地域を回ってくださり、日曜版が1部増えました。汗だくでの訪問でしたが、50年来読者という支持者の方ともお話することができ、今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です