特定秘密保護法廃止の意見広告にご協力ください


 昨年12月に強行採決・成立した特定秘密保護法は、国民の目・耳・口をふさぎ、集団的自衛権容認とセットで日本を「海外で戦争する国」につくりかえるものです。
 安倍政権は特定秘密保護法施行に向けて準備を進めていますが、この企みをなんとしても止めようと、全国各地で党派を超えた運動が広がっています。徳島でも「秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会」が結成されました。
 9月6日(土)14時から藍場浜公園で大集会を行うのに先だって、8月31日(日)の徳島新聞に意見広告を載せ、県民に大きくアピールします。
意見広告の費用として300万円を集めることを目標にしています。一人1口1,000円として3,000人の方の協力が必要です。
 実行委員会では、8月6日までに集めきろうと、チラシを広く配布し、協力を呼びかけています。
 「安倍政権の暴走にストップをかけたい」「戦争する国には絶対にしたくない」と思っている方、是非、ご協力ください!!
 申し込み用紙が手に入らない方は、以下の方法でご協力ください。

個人賛同は一口1000円、賛同団体は一口5000円、いずれも何口でも歓迎です。
郵便振替01650-8-101013、ゆうちょ総合通帳からなら16280-277551へお願いします。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です