生き生きと働き続けられる社会へ!

 私の元職場の労働組合の機関紙「スクラム」です。
(県医労連書記長の井上純さんフェイスブックに紹介されていたものです。)
 医療・介護は、相次ぐ制度改悪で、患者さんや利用者のみなさんも苦しめられていますが、現場で働く労働者も低賃金、長時間過密労働に苦しめられています。
この上、先の国会で強行された医療・介護総合法が施行されると、ますます大変な状況に追い込まれ、医療崩壊、介護崩壊を引き起こすことは必定です。
 しかも、安倍政権の推し進める新成長戦略は、残業代ゼロ、生涯派遣など、労働者に低賃金、長時間過密労働を一掃押し付けるものになっています。
 労働者のみなさん、経営難にあえいでいる経営者のみなさん、職場でのたたかいと合わせて、安倍政権打倒の国民的大運動にともに立ち上がりましょう!
すべての労働者が、生き生きと働き続けられ、どの世代も安心して生活できる社会こそ、「豊かな国」と言えるのではないですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です