徳島駅前定例の「おはよう宣伝」

画像に含まれている可能性があるもの:上村 恭子さん、立ってる、屋外13日(金)、気持ち良い青空が広がった朝、徳島駅前での定例の「おはよう宣伝」をいつものメンバー  ― 古田県書記長、私、山田県議団長 ― の順で訴えました。
当時、首相の秘書官だった柳瀬氏が、安倍総理の腹心の友が理事長を務める加計学園の獣医学部新設をめぐって、「首相案件」と発言した面会記録が明らかになったことで、安倍政権は、加計学園問題でもいよいよ追い詰められる状況です。

公文書改ざん・隠ぺい・ねつ造、虚偽答弁等々、国政の根幹を揺るがす事態に発展しています。疑惑の真相解明・首相の説明責任を求める国民の世論はさらに盛り上がり、安倍内閣が総辞職を決断しなければおさまらない状況です。

県政でも、今朝の地元紙で「県決裁書類 砂消しゴムで書き換え」と、外部監査の指摘に関する記事が掲載されました。「不正な改ざん生む温床」、「知事に当事者意識乏しく」と、・・・。とくしま記念オーケストラ事業に関して、また新たな疑惑が生まれています。このまま幕終いなど許されません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です