「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」が県庁前行動

「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」のみなさんが、17時30分~18時、県庁前でスタンディング&トークを行っていたので、達田議員と一緒に参加しました。

通りがかった女性は、「知事は真相を語れ!」との訴えにうなずき、「ホント、ホント、腹立つわ。頑張って下さい。」と声をかけてくれました。

国の「モリ・カケ」疑惑と同じ構図の記念オケ疑惑問題。記念オケ事業を一手に手がけていた川岸美奈子氏の脱税が発覚してから丸1年が過ぎましたが、公金の流れも、なぜ、一度も税の申告をしていなかった東京の名もなき音楽プロダクションの川岸氏が徳島県の政策参与にまで登用されたのか、明確な説明もなされないままです。しかも、県が説明していた事業費の他に隠されていたヤミの公金の存在が明るみに出るなど、いったいどれだけの公金が記念オケ事業に注ぎ込まれていたのか、事業費が本当に適正だったのか、等々、謎は深まるばかり。

知事は、県民に説明責任を果たさないまま、この問題の幕終いをはかろうとしていますが、そんなことは許されません。
「明らかにする会」のみなさんは、「議会もしっかり追及して下さい!」と訴えていました。

18日、県議会6月定例会の本会議が開会されます。22日、1年ぶりに党を代表して一般質問に立ちます。今、県議団、力を合わせて、論戦の準備に当たっているところです。
みなさん、22日、午後1時30分、本会議傍聴、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です