辺野古への新基地建設ストップ! 翁長沖縄県知事の訃報を聞いて

翁長沖縄県知事の訃報に驚き、悲しみにたえません。
6月23日の沖縄慰霊の日、平和宣言を述べる知事の痩せた姿に驚きましたが、まさかこんなに早く亡くなられるとは思いませんでした。
4年前、普天間基地の辺野古への移設反対を訴えて「オール沖縄」から知事選に立候補し、当選。
以来、どんな苦境にもくじけることなく一貫して信念を貫き、7月27日に、仲井真前知事が行った埋め立て承認の撤回を宣言。新たなステージでのたたかいが始まった矢先でした。さぞかし無念だったと思います。

 

翁長知事が、沖縄県民の悲願を受けて、まさに自身のいのちを削ってでも成し遂げようとした辺野古への新基地建設阻止のたたかいは、これから正念場を迎えます。

「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8月11日県民大会」の成功と、9月に早まった県知事選挙での「オール沖縄」の勝利を!

政府には、辺野古の海への土砂投入の中止を求めます。

8.1琉球新報より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です