党派超えた抜本的な防災対応を  志位委員長が声明

6日早朝に起こった北海道地震では、亡くなられた方が30人を超えました。
3日経った今でも1895戸で停電が続いているとのこと。
亡くなられた方、ご遺族の方に心からお悔やみ申し上げます。被災されたみなさんに心からお見舞い申し上げます。

徳島では、また大雨が降るとの予報。先の西日本豪雨で甚大な土砂災害が起こった三好市山城町に、再び土砂災害の警告も出ています。これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

9月6日、日本共産党の志位委員長が、各地で相次いで起こっている大規模災害について、党派を超えた抜本的な対応が必要だと声明を発表しました。以下、朝日新聞ニュースの記事を紹介します。

共産・志位委員長「抜本的な防災対応、党派超え必要」

2018年9月6日22時38分 朝日新聞ニュースより

 写真・図版志位和夫・共産党委員長

共産党志位和夫委員長(発言録)

 日本が防災面で抜本的な対応をやらなければいけない非常に重大な時期に来ている。一つは異常気象。今年は豪雨災害、台風災害が相次ぎ、非常に深刻な被害が出た。災害級と言われた猛暑の問題もいろんな被害が出ている。

明らかに地球環境の異変、気候変動が根っこに働き、一連の災害が起きている。これまでの延長線上ではない、一連の対策が求められると強く感じている。

地震という点でも日本列島が非常に不安定な状況に入りつつある。気候変動、地震の両面で、政治が知恵と力を尽くしていくことが、党派の違いを超えて必要な時期に来ている。(6日、記者会見で)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です