大晦日 新しい年に向かって

 ついに今年も終わりを迎えてしまいました。
 大掃除は普段のそうじ程度になってしまいましたが、なんとかバタバタと済ませて、義母と一緒に家の神さんをお迎えする準備をしました。 事務所にも顔を出してご挨拶。
 夕食に年越しのうんそば(うどんとそばを一緒にいただきます)を食べたら、お煮染めづくりです。
 だいこん、金時にんじん、やつがしら、こうやどうふ、しいたけ、こんにゃくと、それぞれ別々に炊くのが我が家の伝統です。お客さんが大勢来ても間に合うように、とにかくたくさん炊くので、3時間くらいは台所に立ちっぱなしですが、紅白歌合戦を見ながらなので、苦になりません。(写真は、おにしめを詰め合わせたところです。)
 
 さて、お煮染めもできたので、こたつに入って今年1年を振り返ってみます。
 1月は党大会に代議員として初参加。昨年の都議選、参議院選挙の躍進を確信に、総選挙でも第三の躍進を!と新たな挑戦が始まった1年でした。
 2月には県議選への出馬を発表し、予定候補としての活動を開始しました。
 10月末に発覚した、佐那河内村へのゴミ処理場建設問題では、村民と共同して白紙撤回運動に取り組んでいる 最中です。
 11月には突然の衆議院の解散、そして12月の総選挙。日本共産党が8議席から21議席と2倍以上の躍進を果たしました。
 まさに激動の1年でした!
 来年4月には一斉地方選挙。何としても勝利を!!
 おっと、今夜は初詣宣伝に出かけるので、このくらいにしておきましょう。
 今、ちょうど、美輪明宏さんの「愛の賛歌」が始まりました。まさに、今年の締めくくりにふさわしい、そして未来(新年)への希望を感じさせる曲ですね。

 それでは、みなさん、よいお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です