反原発金曜日行動 132回目

 132回目を迎えた反原発金曜日行動に参加してきました。
 今夜は12人の参加でしたが、嬉しいことに、近くでダンスの練習に集まっていた若者たちが募金箱にカンパをしていってくれました。 今夜は、ジュリーの反原発金曜日行動の応援歌、「フライデーボイス」も流れ、通行人が思わず足を止めて聞き入ったりして、アピール効果抜群でした。
リレートークでは、私は、先日閣議決定された2015年度政府予算案のなかで、原発立地自治体に対し、原発を再稼働した場合に限って交付金を配る新たな枠組みをつくるなど、権力にものを言わせて原発再稼働を強要する安倍政権のやり方を批判。「負けずに原発なくせの世論を広げて行きましょう、みなさんもぜひご一緒に声をあげましょう。」と呼びかけました。
 パレードから戻ってくると、背の高い男性に「写真を撮ってください」と呼び止められました。「(駅ビルの)『JR徳島』の文字が背景に入るようにお願いします」とのこと。手にマイクを持っています。マスコミ関係者かと思いきや、栃木から単身自転車で「原発反対、集団的自衛権反対、沖縄の辺野古への新基地建設NO」を訴えて全国をまわっているとのこと。福島ではいまだ10万人を超える方が不自由な避難生活を送っていること、栃木県に震災関連廃棄物の最終処分場がつくられるなど、大変な事態が起こっていることを知らせたいという強い想いを話されました。
 私が名刺をわたすと、「共産党の方ですか。共産党は頑張っていますよね。県議選に出るんですか。頑張ってください。」と激励されました。「お互い頑張りましょう。体に気を付けて、まわってくださいね。」と握手して別れました。
 いろんな出会いがある金曜日行動。これからも参加し続けたいと思っています。

「反原発金曜日行動 132回目」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です