「文化の日」は忙しい・・・「9条まつり」「記念オケ疑惑の真相を明らかにする会」「3の日行動」

 

音楽劇「バンドー少年物語」 かわいい子どもたちが、大人顔負けの歌(ドイツ語で!)と演技で板東不良収容所の所長や捕虜のドイツ兵との交流物語を演じました

日本国憲法公布から72年目の今日、青空の下、徳島市両国橋西公園で、「第8回徳島9条まつり」が開催されました。
戦跡めぐりや音楽劇「バンドー少年物語」、憲法クイズに憲法大切り、朗読劇等々、多彩なプログラムで楽しみながら、改憲発議を許さない世論を!と想いを共有しました。

 

 

9条まつりの合間に、「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」でリーフ配布も行いました。天気も良く、たぬき祭などで人出も多い中、7人で道行く人に声をかけながら配布しましたが、「新聞で何回も取り上げていましたね。」「ああ、あの女性が脱税した事件?知っています。」「知事も長くやると良くないことをしますよね。」「議会の追及が足りませんよね。」等々、私たちが思っていた以上にリーフの受け取りも良く、記念オケ問題が知られていると感じました。
なかには、事件の経緯など詳しく聞きたいと寄ってきて、その場で話し込む方も。「家に帰ってよく読んでみます。会に入るには、どこに連絡したらよいのですか?」と言われた女性も。

12時30分~は、駅前の「3の日行動」に参加。
憲法を守らない首相が改憲を主張するなど許せない、社会保障改悪も消費税10%への増税もNO!
リレートークの後、参加者全員集合し、「アベ政治を許さない!」と唱和しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です