今日は一日地元で活動

 今日は一日雨でした。
 午前中は地元、佐那河内村で松長英視村議会議員と一緒に宣伝へ。夕方からは地域を回ってしんぶん赤旗の購読もすすめながら対話しました。
 佐那河内村は中間山地。こんな雨の日は、霧が漂う風景がよく見られます。
 松長村議は、安倍政権の農協改革はTPP推進に抵抗する勢力の解体と、企業が農業分野に参入するじゃまになる規制撤廃の狙いがあると批判。自らも農協の総代を兼ねる村議会議員として、佐那河内村の農業と村民のくらしを守る決意を述べました。
 私は、いのちをまもり育ててきた母親として、また、看護師として長年働いてきたものとして、安倍政権の「戦争する国づくり」は許さない、憲法9条、平和を守り抜く。県民の平和への願い、くらしを守って欲しいという切実な声を国政にしっかりと届けられる県議会に変えるためにも議会へと押し上げて欲しいと訴えました。また、佐那河内村の環境、村民のいのちと生業を守るために、広域ごみ処理場建設計画ストップのために全力で頑張る決意を述べました。
 やはりみなさんの最大の関心事はごみ処理場建設計画で、対話もはずみます。「何としても佐那河内村から県会へ行ってもらわんと」と力強い声援もいただき、しんぶん赤旗の読者も増えました。
夜は、常会への飛び入りでのご挨拶もさせていただき、村民のみなさんのあたたかさに大いに励まされた一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です