仁比そうへい参議院議員の応援を得て

14日告示の徳島市議選を前に、仁比そうへい参議院議員が応援に駆けつけてくれました。 午前中の国会審議を終え、午後の航空便で徳島入り。休む間もなく5人の徳島市議の活動地域5ヶ所で街頭演説。最終便でとんぼ返りというハードスケジュールでしたが、市民と力を合わせて市政を変える徳島市議団5人の議席の価値を語り、全員当選で県議選での悔しさを晴らそう!と、力強く訴えました。 消費税10%増税に社会保障改悪、戦争する国づくり、沖縄の辺野古新基地建設強行。その上、忖度で巨額の無駄遣いの公共事業を計画する政治の私物化に「復興より議員が大事」発言で相次いで副大臣、大臣が辞職。 国民を愚弄し、腐敗しきった安倍自公政権への怒りを呼び覚ますような仁比さんの迫力満点の演説に、通りがかりの自転車や車から声援が送られました。

来週からいよいよ後半戦が始まります。 県議選で議席を失った悔しさを2度と繰り返さない、市民の立場で頑張る宝の議席、全てを勝ち取るために頑張ろうと、あらためて決意を固めた午後でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です