一斉地方選挙後半戦終了。喜びもあり、悔しさもあり。

 一斉地方選挙の後半戦、徳島市議選は、新人のわたなべさんも含め、全員当選。定数4削減の中、5議席を確保!
 私は、投票日、自宅で佐那河内村のみんさんに電話をかけた後、投票箱のふたが閉まる20時まで、わたなべ事務所で電話かけをしていました。20時を過ぎたとたん、わたなべ候補の支援者が次々と集まってきました。同級生、ママ友など、若い人たちばかり。みんな、まだかまだかと当選の報を待ちました。
 わたなべ候補に無事議席を引き継げた中野市議は、当選の報を受けての挨拶も涙声。続いて挨拶に立ったわたなべ候補も、多くの支援者に支えられた選挙戦を振り返り、感謝の言葉を述べながらやっぱり涙声。それでもしっかりと決意表明しました。
 わが党の候補は、牟岐町では4位当選、北島町は無投票当選でしたが、佐那河内村では唯一の日本共産党の議席を失い、小松島市でも2人の候補のうち一人落選という苦い結果でした。
今後は、有権者の期待に応えるべく、公約実現に向けて全力で頑張ります。また、今回の選挙結果をしっかり総括して、今後の活動に生かしていきます。
(写真右は、当選確定後、へいもと事務所に集合して万歳三唱する徳島市議候補5人と私たち)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です