戦争法案NO!医療改悪強行に抗議 徳島駅前宣伝で

 朝の定例の徳島駅前宣伝で、憲法9条を破壊する戦争法案は廃案へと訴えました。
 また、戦争法案の激しい論争の陰で強行された「医療制度改革関連法」が、入院時食事代引き上げや混合診療の解禁につながる「患者申し出療養制度」の導入、保険料引き上げにつながる国保の運営の広域化(市町村→都道府県へ)、後期高齢者医療保険の保険料大幅引き上げなど、国民の負担増目白押しの内容となっていることを告発。
県民のいのちを守るたたかいに議会でも全力で頑張る決意を述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です