「自民の暴走車を止めるには強力なブレーキが必要」との期待の声も

 阿南市の市会議員さんが、ある介護事業所の理事長さんから手紙をいただいたそうです。「自民党の暴走に危惧を抱いている。暴走する車には強力なブレーキがいります。日本共産党の躍進に期待しています。」との内容だったそうです。
 先日、阿南市を回った際に、市会議員さんの案内で御挨拶に伺いました。
 自民党の古参の支持者のようでしたが、「今の安倍首相はいけません。暴走し過ぎです。この暴走にブレーキをかける日本共産党に期待しています。頑張ってください。みなにも言っておきます。」と、励ましの言葉をいただきました。
 従来の支持者の範囲を超えて、日本共産党への期待が広がっていることを実感する出来事でした。

今日の夕食、これぞ、健康食です

今日は久しぶりに事務所で昼食、夕食をとりました。
昼食はカレーに酢の物でした。
夕食は、焼きおにぎり、鯖の味噌煮、キュウリの酢の物、ゆでなすの和え物、味噌汁。こういう食事が健康にいいんです!!味付けもばっちりです。愛情いっぱいの料理を作ってくださるスタッフのみなさん、ありがとうございます。
 また、私の健康を気遣ってくれて、この間、甘酒の牛乳割り、今日はできたての甘酒と、色々差し入れてくださる先輩達にも感謝です。

午後は沖洲、末広で街宣


 午後は沖洲、末広で街宣しました。短時間でしたが、市営住宅、県営住宅が多く、あちこちで声援をいただきました。「33年間の看護師経験を活かし、いのちとくらしを守る政治に全力で取り組みます!!」
「消費税増税にストップをかける」「社会保障を守る」「TPP交渉への参加を止め、日本の農業・医療・経済を守る」「憲法を守り、くらしと外交に生かす」、車中でもマイクを握り、訴えて回りました。

八万、加茂地域で個人演説会

 (八万演説会で訴える私)

(加茂地域演説会終了後、握手する私) 
市内での街宣の間に2つの個人演説会で訴えました。
 安倍自公政権の暴走にストップをかけるべく、抜本的対案を示して真正面から対決し、頑張っている日本共産党の姿に、県内でも共感が広がっていることを、日々の候補者活動のなかでの体験をもとに語りました。
 この劇的な情勢の変化を確実に得票に連動させるための活動の飛躍が今、必要です。もう一回りの支持拡大、声かけをお願いします。私も全力で頑張ります!!

阿南市商店街の電飾に見とれました

 午後は、阿南市まで移動し、今日の最終の街頭演説を阿南市の商店街でしました。
 午後7時頃で、薄暗くなってきていましたが、商店街の夏祭りが近いとのことで、何色もの電飾ボールが軒を飾り、ファンタジーな光の連鎖が続いています。もっと暗くなるといっそうきれいだろうなあ、と思わず見とれてしまいました。(残念ながら、この写真ではわかりにくいですね。)
 商店街は、この間の不況ですっかりシャッター街となっていますが、なんとか活性化しようと頑張っています。こうした努力に冷や水をかける消費税増税やTPP参加はなんとしてもストップさせなくては!!
マイクを握る手に思わず力が入りました。

7月15日 鳴門の個人演説会で訴えました


 夜は鳴門の個人演説会がありました。
 50人近い参加者で、予想外の大人数にちょっとドキドキしましたが、司会者のたくみな話術に場がなごんでリラックスして話しすることができました。
 若かりし頃、一緒に活動した、なつかしい顔にも会え、うれしかったなあ。
 今夜の主役は私、というわけで、30分の時間をいただき、普段はさあーっと流す内容も少し詳しくお話しさせていただきました。
 「消費税に頼らない財源」を確保して社会保障を再生、充実させる、という政策については、日本共産党の財源についての提案(税・財政改革の提言)を簡単にご紹介しました。(詳しくは、日本共産党中央委員会のホームページの「政策」のタグをクリックしてご覧ください。)
 原発の輸出の問題で、安倍首相が海外に日本の原発を売り込んでいるが、NPT(核拡散防止条約)との関係で、使用済み核燃料はすべて日本でひきとって処理をすることになっているとお話しすると、参加者から「えー!?」とため息?が漏れました。
 民主党の党員という方から「もう民主党はあかん。共産党に頑張ってもらわんと。」と力強いエールもいただき、一日の疲れも吹き飛びました。
 
 さあ、明日は県南におじゃまします。個人演説会もあります。暑さや雨に負けないよう、早く寝ないと、・・・。

カクサン部Tシャツができました

  今人気の日本共産党「カクサン部」Tシャツです。(モデルは古田県議です。)日本共産党中央委員会のホームページに掲載されている、「カクサン部」、知っていますか?日本共産党の政策についてわかりやすい解説がのっています。ユニークなキャラクターが人気の秘密です。私も利用させてもらっています。もちろん、ネット上で「カクサン」!!もしています。私もピンクの「カクサン部」Tシャツ、着たかったんですが、Sサイズがないとのことで、残念・・・。

午後から阿波市へおじゃましました

 午後からは阿波市を回りました。昼食後、スコールに見舞われましたが、おかげで少し気温が下がり、街頭演説中も汗で目がしみることもありませんでした。
 吉野町で最後の街頭演説を終え、帰路につきました。(写真は後日掲載します。)
 今日も、信号待ちをしていると、隣の車線で停止していた車の窓が開き、「頑張ってください。」と若い男性に声をかけられ、ちょっとびっくり。今まで同年代か、もう少し上の年代の方からの声援が多く、あまり若い方にエールをいただくことはありませんでした。
日本共産党の政策に共感してくださったのかな?とうれしい気持ちと同時に、候補者でないとこんなこと絶対にないなあ、とちょっと得した気分でした。
 
 明日は、徳島市内で行動します。街頭演説あり、あちこちで個人演説会やら団体の大会での挨拶あり、夕方は青年とのトークあり、と変化に富んだスケジュール満載です。時間に余裕がないので、こまめに情報発信できないかも知れませんが、ご容赦ください。
 

街頭演説や集いで寄せられた声

 この間、ご紹介できていなかった街頭演説や小集会で寄せられた声を紹介します。
 
勝浦町での街頭演説でのこと。農作業の帰りなのか、カゴを持って姉さんかぶりをした高齢の女性が、坂道で立ち止まって聞いてくださり、終わると私に向かって手を振っておじぎをして歩き出しました。あわてて走っていき、お礼を言うと、「頑張ってください。憲法は守ってくださいね。応援しています。」と涙ぐんで言われました。詳しいことはお聞きできませんでしたが、戦争を体験した年代の方です。何か想うところがあったのだと私も思わず胸がつまりました。

徳島市内で街頭演説を終え、宣伝カーで信号待ちをしていると、隣の車線で止まっていた車の助手席の窓が開き、「もう自民党には入れません。頑張ってください。」と女性から声がかかりました。演説を聞いてくださったのでしょうか。疲れも吹き飛ぶ一言でした。

青年の集いでのこと。集まった青年のうち、正規雇用は1人だけ。「正規でなくてもいいけど、とにかく生活できる賃金が欲しい。」切実な青年の要求に、思わず、こんな社会に誰がした!!と小泉元総理の顔が浮かんだ私でした。この人が厚生労働大臣だったときに、雇用の「規制緩和」を推進し、今、その路線を引き継いだ安倍首相が、成長戦略の名のもとに、さらに雇用のルールを改悪し、日本の企業総ブラック化を目指している。こんな「規制緩和」、「いつ止めるの?!今でしょ!!」

午後からは、鳴門市内で街宣、夜は団体への挨拶回り

 午後、休憩中にブログを書きました。今日は、某新聞社の記者さんが朝からつきっきりで取材。(私の娘よりもちょっと年上ですが、とてもキュートな女性でした。)
 元鳴門市議の方の自宅で休憩させてもらい、奥様お手製のほうじ茶をいただきました。静岡にいたころに親しんだなつかしい香りです。壁にかけられた止まったままの振り子時計。
なんだか、自分の子どもの頃にタイムスリップしたような感覚で、とてもリラックスできました。
 夕方、激しい雷とスコールに遭い、街宣車の中で雨宿りしましたが、この後は雨もあがり、無事、街頭演説をすることができました。
 夕食は鳴門の「ちょっとよっ亭」へ。にぎり寿司定食をいただきました。
花の生け方がとても素敵なお店でした。おしゃれな小物もあり、思わず写真をパチリ、パチリ。ご一緒していただいていた議員さんに、「候補者が一番元気だね。」と言われてしまいました。(写真は、明日といっていましたが、こちらへ)
 夜は団体への挨拶回りでをさせていただき、無事日程終了。
 マスコミ各社は、もう早くも各党の支持率や当落予想などの報道を始めていますが、その内容に惑わされずに、やるべきことをやるのみ、ですね。