第15回農民運動徳島県連合会総会での挨拶

 ただいまご紹介いただいた、日本共産党徳島県委員会の上村恭子です。
 徳島県委員会を代表して、みなさんに心から連帯の挨拶を申しあげます。
 農民運動徳島県連合会第15回総会の開催、おめでとうございます。
みなさんが、厳しい情勢のなかで、安全・安心な農産物を消費者に提供する活動にご尽力されていること、また、地域農業を守る運動の先頭に立たれていることに心から敬意を表します。
 今、安倍内閣の経済活性化政策としてすすめられている、「アベノミクス」の影響による円安は、燃料代の高騰など、ただでさえ厳しい経営状況のなかで、苦労されている農林水産業従事者にさらに深刻な打撃を与えています。私の地元、佐那河内村のイチゴ農家の方からも、「ハウスの暖房に遣う燃料代が高騰して、つくっても、つくっても赤字。もうこれ以上続けられないと思いながらも、これしか能がないけん、続けざるをえん。税金の申告をしに行ったら、これからどうやって生活していくのか?と逆に心配された。」と言われていました。また、吉野川市の米農家の方は、息子が農業を継ぎたいと言ったが、「もう農業では食べていけん。」と公務員になることをすすめたと言われていました。私の舅、姑もしいたけやすだちなどを栽培している専業農家ですが、働きづめに働いても、わずかしか収益がない、ハウスの空調などにつぎ込んだ経費の借金を返すために働き続けている。そういう状況です。
 農業は、私たちの食を支える、つまり、いのちと直結した産業です。安全・安心な国産の農産物を食べたい、国の食糧自給率を高めてほしい。これはすべての国民の共通した願いです。この食糧を生産する農家が食べていけない、後継者を育てられないといった状況にあることは、まさに国の存亡の危機です。国民上げて、いのちを支える農業を守れと声を上げるときだと思います。
 それなのに、安倍内閣のTPP交渉への参加、来年予定されている消費税増税。こんな悪政、もう許せません。
 日本共産党は、この悪政に、正面から立ち向かい、みなさんの運動とともにこの悪政、打ち破る闘いの先頭に立って闘います。
 7月に行われる参議院選挙、どうしても負けられません。私、徳島選挙区の予定候補として、この闘いの先頭に立つ決意です。どうか、ご支援よろしくお願いします。
 最後に、この総会が、みなさんの要求実現、地域農業を守るたたかいへの決起の場となることを願って、挨拶といたします。ありがとうございました。

徳島九条の会の 朝のプラスター宣伝 に参加

 今日は5月9日。平和憲法を守ろうと、県内各地で結成されいている「徳島九条の会」が9のつく日の朝に行っているプラスター宣伝の日です。
 今、安倍内閣は、憲法九条の改定を正面から打ち出せずに、憲法96条の改定=改正の発議要件の緩和 をねらっています。この参議院選挙の争点にすることも辞さないと言っています。
 「平和憲法を守れ」という国民の声に、正面から九条の改定を打ち出すことができず、姑息な作戦に出たわけです。このたくらみ、絶対に阻止するぞ!!参加者のひきしまった表情に、この決意があふれていました。
こうしたとりくみは県内各地で行われています。みなさんも是非参加してください。

7中総に行ってきました

 5月8日、第7回中央委員会総会が開催されました。今回は、東京都議選と参議院選の予定候補も全員参加でした。
 7月の参議院選挙は、経済、原発、外交、憲法、など、どれも日本の命運がかかった歴史的な政治戦であり、日本共産党の真価が問われる闘いであることがよくわかりました。身の引き締まる想いと同時に、わくわくする、「よーし頑張るぞ!!」という気概のこもった会議でした。予定候補として、県党の総決起のために自らがどう動くのか、これからは、それも考えながら取り組まなければいけないと自覚した一日でもありました。参院選告示まであと58日。もう一日もおろそかにできません。
 
 ところで、会場に着くと、マイクテストをしていたのが、なんと志位委員長!!思わず、「生志位だ!!」とつぶやいたのは、私だけではありませんでした。
 休憩時間に宮本岳志衆議院議員(一番右)をつかまえて、記念写真を撮ってもらいました。左から、高知の春名元衆議院議員、浜川ゆり子参議院高知選挙区予定候補、吉良よし子参議院東京選挙区予定候補、私、もとむら伸子参議院愛知選挙区予定候補。

7中総で予定候補結集

 7中総の最後に東京都議選と参議院選の予定候補全員が壇上に上がり、中央委員、准中央委員の参加者全員と「頑張ろう!!」と気勢を上げました。(仁比そうへい前参議院議員の斜め後方にいるのが私。ちゃんとした写真が赤旗日刊紙に出ると思いますが、先にご紹介します。)

TPP交渉参加問題&原発問題で意気投合

 今日、立候補の挨拶にうかがったお宅で、TPP交渉への参加と原発問題で話がはずみました。「安倍さんは『100年先を考えて(交渉に参加することにした)』と言っているが、本当に将来のことを考えているのか、疑問。参加は撤回してほしい。」「政治家は、100年といわず、もっとずっと先のことを考えてほしい。原発も同じです。『今がよければそれでいい。将来のことは知らない。』と思っている政治家はいらない。」との話に、私も同感でした。
 写真のお花は県委員会事務所の駐車場のもの。2色のコントラストがきいていて、きれいです。お花は心のビタミンですね

5月、花々が一番美しい季節

 5月5日、今日は「子どもの日」です。朝は徳島市の繊維団地の日曜市へ。いつものように、古田県議、書記長夫妻と一緒に街頭演説をしました。
 私は、安倍内閣は憲法96条の改正を入り口に現憲法を根底から変えようとしていること、平和憲法守れの声をさらに大きくし、参議院選挙での日本共産党の躍進で、平和憲法を改悪しようとするたくらみを打ち破ろう、と力をこめて訴えました。
 また、消費税増税、社会保障切り捨てにストップをかけ、大企業や大金持ちを優遇している税制や雇用のルールの改悪を改め、国民の所得を増やすことで経済活性をはかるべきだと訴えました。
 演説のあと、日曜市に来られている方々にご挨拶にもうかがいましたが、「自分も(私の地元の)佐那河内村から来ているので、よく知っている」と声をかけていただいたり、「私も看護師をしていました。同職のよしみで応援させてもらいます。」など、うれしい励ましをいただきました。
 
 10:00からは八万支部の方のご案内で支援者への挨拶回りへ。 昼からは鳴門市に移動し、鳴門支部の方々と組をつくって地域訪問。多くの方とお話しでき、「頑張ってよ」との声もあちこちでいただきました。充実した一日でした。

  それにしても、一昨日までのちょっと肌寒い気候から一転し、初夏のような暑さ。一片の雲もない、晴れ渡ったまぶしいくらいの青さの空。あちこちで花々が咲き乱れ、目を楽しませてくれました。

雷が落ちた!!

 5月4日、今日は徳島市内で日曜版を配達した後、地元(佐那河内村)でのあいさつ回り。午後2時前?だったでしょうか。ろくろ山のあたりに一面暗雲たちこめ、ひと雨きそうと思ったとたん、いきなり ドドーン!! と大きな落雷の音。近くに落ちたようでしたが、場所はわかりませんでした。車中なら大丈夫とは思いましたが、ちょっとドキドキしました。

 最近は女性の方とお話していると、憲法問題が話題になることが多く、今日も、「安倍さん、怖いですね。憲法はやっぱり変えてほしくない。」「9条は変えたらだめだと思います。」との声をあちこちでお聞きしました。頑張ります!!
「ずっと前から共産党を応援していますよ。」と言ってくださる方もいて、本当に励まされます。

 しかし、村内は国道からちょっと奥に入ると、狭くて急な坂道、しかも曲がりくねっている道が多く、車の運転があまり得意でない私は、「この坂上がれるかなあ。帰りに切り返しができなかったらどうしよう。」などと、不安になって、ついつい車を降りて、えっちらおっちら歩くことが多くなります。足腰が鍛えられていいのですが、おかげで、まだ村内一巡できていません。ちょっとあせりを感じているこの頃です。

今日は憲法記念日

 今日は、5月3日、憲法記念日です。新聞でもテレビでも、憲法問題が取り上げられています。(記念日ですので、当然ですよね。)
 
 今の憲法が制定されて66年。一度も改正されていないことだけで異常なことのように言っている方もおられますが、それは多くの国民が、改正を望まなかったからではないでしょうか。現憲法ができてから何度も憲法を変えようという動きがあり、その都度、憲法を守ろうとする人々の運動で、それを阻止してきた歴史があるわけで、日本国憲法は、「積極的に守られてきた」とも言えると思います。

 マスコミでは、護憲派の意見と改憲派の意見の両論を並立して取り上げていますが、そもそも今の憲法がどのような経過(歴史)を経て制定されたのかについて正確に取り上げているところは少ないように思います。この経過をきちんと知っていれば、少なくとも、現憲法が「占領軍におしつけられた」という認識は出てこないように思います。(改憲派のなかには、知っていてわざとそう言っている人たちもいるようですが)
 今日の徳島新聞の社説はとても良かったです。
 憲法というのは、そもそも国民が時の権力を縛るものです。しかし、自民党の憲法改正草案をみていると、「国」=時の権力者?が国民を縛る、逆立ちした内容になっています。
憲法改正派のねらいは究極のところ、憲法9条(平和条項)の削除または変質ですが、これに伴って国民の基本的人権を制限する内容があちこちに盛り込まれています。
 この夏の参議院選挙は憲法論争が中心になりそうな雰囲気です。大いに憲法について学び、語り合い、憲法を守る世論を大きく盛り上げていきたいと思います。
 
 ところで、日本共産党の比例候補の仁比そうへいさんは、弁護士さんです。国会に行けば、この憲法問題でもきっとすばらしい力を発揮してくれると思います。(前参議院議員ですので、すでに証明済みですが)
4月25日の政府交渉で撮影した、仁比そうへいさんとのツーショットを披露します。みなさん、応援よろしくお願いします。

第84回メーデー集会(徳島県中央メーデー集会)での私の挨拶

 集会参加者のみなさん、おはようございます。
 第84回メーデー集会の開催、おめでとうございます。
 私は、日本共産党徳島県委員会、医療・福祉対策部長の上村きょう子です。この7月に行われる参議院選挙で、徳島選挙区に立候補を予定しています。
 今日は、日本共産党徳島県委員会を代表して連帯のごあいさつをさせていただきます。どうかよろしくお願いします。

 安倍政権の経済政策は、どれも大企業応援の政策で、この政策が招いた急激な円安・物価高は国民生活に深刻な影響を与えています。さらに、医療・介護、年金、福祉など社会保障制度のすべての分野にわたる改悪と、来年予定されている消費税増税。多くの国民にとって、最悪の政策しかない、これが安倍政権の実態ではないでしょうか。

 日本共産党は、まず働くものの所得を増やす、国民の懐をあたためることで、経済を活性化させる、大企業や大金持ちの優遇税制を改めるなどで財政を立て直し、消費税に頼らない社会保障制度の維持、再生、さらに拡充をと提言しています。「今こそ大企業の260兆円もの内部留保をこのために役立てるべきだ」、この日本共産党の提案に、政府も財界に賃上げ要請に行くなど、動かざるをえない状況をつくりました。

 JAをはじめ、医療団体など広範な市民団体、保守層の方々とも共同し、「農業と食の安全、医療、雇用など国のかたちをこわす」TPP交渉への参加阻止のため正面から闘ってきました。

 安倍政権は、福島の原発事故を経験するなかで、国民の多くが望んだ、原発「ゼロ」安心安全のエネルギー政策への転換の願いを裏切り、原発再稼働、推進の立場にたっています。さらに、唯一の被爆国でありながら、国連の核兵器の不使用を主張した共同声明への署名に背を向けるひどい政府です。

 国民の安全を脅かす、オスプレイなど米軍の危険な低空飛行訓練に対し、抗議するどころか、日米安保条約にもとづく軍事機密だからと、国民に最低限の情報さえも知らせない。その上、アメリカのおこす戦争に参加できるように憲法を改悪する、そのハードルを引き下げるための憲法96条の改定をこの夏の参議院選挙の争点にしようともくろんでいます。

 日本共産党は、こうした、くらし、平和・民主主義をこわす逆流に正面から立ちはだかり、みなさんの運動と連帯してたたかいます。「大企業中心」「アメリカいいなり」の政治から、働くものの願いを実現する政治に転換させるために頑張ります。
このことを決意し、連帯のごあいさつとさせていただきます。ともにがんばりましょう。