1月5日 日曜市宣伝

 年明け初めての日曜市宣伝をしました。
 新年早々だったせいか、いつもより人出は少なかったのですが、「応援しています」「頑張ってよ」と何人もの方から声援をいただき、「期待に応えられるよう、頑張ろう」と、心新たにした一日でした。
 この後、県党会議に直行。県内各地での取り組みを交流し、党大会成功に向け、さらに頑張ろうと話し合うなど、有意義な一日を過ごしました。

ももいちご

 佐那河内村特産のももいちご。
 村内で二十五戸のイチゴ農家が手間暇かけてつくっています。
 採れたイチゴはすべて大阪に出荷されてしまうので、私たちもめったに口にできませんが、義父母が親しくしているイチゴ農家の方が出荷できないものをくださいました。
 桃のようなきれいな丸い形のいちごが商品価値が高いそうです。写真のももいちごは横に大きいので、規格外だそうですが、とっても甘くてジューシーで、おいしさは変わりません。
 

明けましておめでとうございます

 いよいよ、2014年を迎えました。
 消費税増税を決める一方で、社会保障切り捨て、原発再稼働・輸出、TPP推進、集団的自衛権行使のための一連の行動、秘密保護法、沖縄・辺野古への基地移設強行・・・。安倍自公政権の暴走はとどまるところを知らないように見えますが、歴史と民意に逆らう勢力に未来はありません。
 今年は4年ぶりの党大会の年です。私も、憲法を守り生かす政治への転換めざす勢力の一員として、さらに頑張ります。
 本年も、どうかよろしくお願いします。

元旦は、暖かで穏やかな一日でした。
 来客もなかったので、昼食を済ませた後、夫と息子と一緒に、村内の神社めぐりをしました。
 一時間半ほど歩き、五つの神社へお参りしました。坂道が多く、普段の運動不足を痛感しました。
 最初にお参りした大宮神社で引いたおみくじは「中吉」でした。
 写真は、大宮神社にあるご神木、梛(なぎ)の木です。樹齢約200年だそうです。(そばにあるのは日露戦争のときの砲弾だそうです) 

お煮染めができました

 我が家では、大晦日は、家中の御神さんのおまつりを済ませた後、うどんとそば(「運の側」で縁起がいい?)を食べます。
 その後は、姑と私でお煮染めをたくさんつくるのが定番です。
 今年は、忙しくて大掃除もほとんどできませんでしたが、お煮染めは台所で「紅白」をみながら、いつもどおりつくりました。
 しいたけ、大根、にんじん、こうや、里芋、こんにゃく、と、種類ごとに煮付けます。
 卵焼きは省略し、ゆで卵にしました。
 

我が家の餅つき


 今日は我が家の餅つきの日です。
 移動式のかまどを庭に出し、餅米を蒸します。我が家では二斗(二十升)つくので、餅つき器も大きめです。

 餅つき器で餅をついて、たらいのような大きさのはんぼう(飯切)に取ります。
 一回に二升の餅をつくので、はんぼうに取るのも、かなり熟練の技が必要です。
 私はまだ未熟者なので、もっぱら姑にしてもらっています。

 鏡餅です。御神さんが多いので、大中小と何組もまるめます。

 
 
よもぎ餅もたくさんつくります。我が家では白餅よりもよもぎ餅の方が人気です。あん入りとあんを入れないもの、両方つくります。 

12月27日 駅前宣伝

 朝、駅前で秘密保護法廃案を訴えるチラシを配布しました。
 寒さに負けず、元気よく声をかけながら配布していると、ポケットに突っこんでいた手を出して受け取ってくれ、「頑張ってよ」と声をかけてくれる方もいて、励まされます。

 秘密保護法のチラシ配布の後は、8時からの定例の宣伝へ。
 古田元則書記長は、26日に安倍首相が靖国神社参拝したことを批判。
 私は、秘密保護法を強行し、消費税増税や社会保障改悪など、暮らしを犠牲にして戦争する国へひた走る安倍自公政権の暴走をストップさせよう!と訴えました。

秘密保護法の歌(強行採決される前の歌)

 ひみつ ひみつ ひみつは中身もひみつなの
 にこにこにっこり ネ 晋ちゃん
 みんなが知ったら困るから 
 法律つくって隠すのよ
 

 ひみつ ひみつ ひみつ法案は急ぐのよ
 早く決めないと ネ 晋ちゃん
 ホントの狙いがバレるから 
 強行採決しちゃうのよ
 
 
 
 

 ひみつ ひみつ ひみつの話はじいちゃんも
 大好きだったよ ネ 晋ちゃん
 アンポに 沖縄 核兵器 
 日米密約 ワンサカサッサのサ
(右の歌詞が元歌です)

※替え歌をつくったのは、八万町の佐藤さん。この方は八万地域で赤旗日曜版の読者ニュースを毎週つくっている方ですが、12月15日号の読者ニュースに載せた替え歌が大変好評なんです。

秘密保護法廃止へ!新婦人アミコ前宣伝

12月25日(水) 12:40~13:30 新婦人が秘密保護法廃止を求め、徳島駅前(アミコエスカレーター前)で宣伝、署名活動を行いました。
 穏やかな暖かい日で、年末の買い物客も多かったせいか、 秘密保護法の廃止を求める署名にも次々と応じてもらえました。
 クリスマスにちなんで、サンタクロースに扮装した人、サンタの赤い帽子を被った人、なかには黄金色のマントをまとった人もいて、結構目立っていました。(写真はサンタに扮した新婦人メンバーの横で訴える私)
 宣伝の最後に、「秘密保護法」の狙いをわかりやすく歌った替え歌(次のコーナーで紹介しています)の合唱も披露しました。

 

秘密保護法廃止へ! 行動します!ご参加ください

 明日、12月25日(水)12:40~ 徳島駅前(アミコエスカレーター前)で、新婦人が秘密保護法廃止を求める宣伝を行います。(署名も取ります) 都合のつく方は是非、ご参加ください。

 12月27日(金)7:30~徳島駅前で、日本共産党徳島地区委員会が「秘密保護法廃止を!」のチラシ配布を行います。8:00~は定例の駅前宣伝(演説)も行います。こちらも、飛び入り参加歓迎です。
 (左のイラストは、日本共産党中央委員会作成のプラスターの図案です)

今日はクリスマスイブ

 私が子供の頃、クリスマスイブは特別な日でした。
 両親がクリスチャンだったので、クリスマスイブには、決まってよそ行きの服を着せてもらい、スエーデン人宣教師の家で開かれるミサに連れて行ってもらいました。
 讃美歌を歌い、プレゼント交換をするささやかな集いでしたが、当時はまだ珍しかったクリスマスツリーやほの暗い室内にきらめくキャンドルを囲んで食べる手料理など、子供心にもわくわくする楽しい夜でした。
 自分の子供たちが成人した今は、クリスマスイブも「普通の日」になってしまいましたが、街の飾りつけやラジオから流れるクリスマスソングを耳にして、ふと、遠い昔の思い出がよみがえりました。