美波町に日本共産党の議員が誕生!!

 今日告示された美波町の町議補欠選挙は、無投票となり、中川なおきさんが当選を果たしました。
中川さんは、参議院選挙の街頭宣伝時にご支援いただきましたが、やさしさがにじみ出るような方でした。大学時代に入党し、先輩達から「田舎に帰ったら、必ず議員になれよ。」と言われていたそうです。長年中学校の教師として勤められ、地域の様々な活動にもまじめに取り組まれて地元の信頼も厚い方です。
参議院選挙での日本共産党の躍進に続く勝利。本当に嬉しいことです。
(私も今日は御挨拶にうかがうはずでしたが、体調不良にてお休みしてしまいました。申し訳ありません。今頃選挙戦の疲れが出たようです。年齢を重ねるほどに、反応が遅くなるということでしょうか・・・。)

自民支持層でも改憲、消費税増税にはNOの声!?

 7月22,23日に実施された共同通信社の世論調査で、安倍内閣の支持率が56%に急落したとの新聞報道を見ました。経済政策に対しての失望が大きな要因のようです。
 注目すべきは、参議院選挙で改憲勢力が3分の2に達しなかった(改憲に必要な勢力に満たなかった)ことに、自民党支持層でも「よかった」と答えた人が21.1%と「よくなかった」と答えた人よりも多かったことです。維新の会、みんなの党などの改憲派の支持層でも同様の傾向があるとのこと。
 また、消費税増税では、自民支持の32,8%が5%を維持すべき(つまり増税反対)だと答え、40%が増税時期を先送りすべきと答えています。
 原発再稼働に至っては、反対が58%!!
 まさに、日本共産党の建設的対案が生きる国会になりそうです。今回の参議院選挙で、非改選と合わせ、11議席となり、単独での議案提案権と党首討論参加の権利を得、日本共産党の存在感がいっそう増します。
 安倍内閣のことを、長期安定政権になりそうだと評した政治家がいましたが、思ったよりも短命になりそうですよ。
 民主党の混迷、野党の再編も取り沙汰されていて、さらなる情勢の激変がありそうな予感です。
 何があっても揺るがずに対応できる自力をしっかりとつけておかなくては。
 やるべき課題は明確です。
 徳島では、美波町議補選を皮切りに、選挙も続きます。参議院選挙が終わり、候補者としての役割は終わりましたが、私にとっては、これからが本当の試練の始まりです。

6月26日 新町西再開発への住民投票条例案否決

 徳島市議会は、今日、「新町西再開発事業の是非を住民投票で行うための条例案」を採決。
 日本共産党市議団の5名と民主市民クラブの2名計7名の賛成、25名の反対で否決しました。
 住民投票の会は、再開発事業について「私たちの声は全く届かない事業運営になっている」と批判し、引き続き頑張る決意を述べていますが、同感です。
 この再開発事業計画については、私もあちこちで徳島市民の声をお聞きしました。
大方の方が、「あんな事業で街が活性化するはずがない。」「賛成に回る市議はちゃんと考えているのか。」「税金の無駄遣いは許せない。」と、口々に怒りの声を上げていました。
 会では、今後も反対運動を続けるとのこと。私も、ともに頑張ります。

日本のマスコミの異常

 今日は久々の休み。家事の合間で新聞やTVを見ていると、安倍首相と橋下大阪市長(日本維新の会共同代表)があちらでもこちらでも、話題になっています。この2人のマスコミへの露出度は群を抜いていますね。まあ、橋下氏は、この間は「慰安婦は必要」発言に関するものばかりでしたが。
 安倍首相は、マスコミ関係者と毎日会食、懇談をしていると赤旗でも報道されていましたが、この間のマスコミの安倍首相の持ち上げぶりは異常です。安倍内閣の高支持率はマスコミがつくり上げているといっても過言ではないように思います。
 日本共産党が、このマスコミの国民への影響力に負けずに選挙戦に打ち勝つには、党員がどれだけ活発に草の根のネットワークを有効に活かす活動に取り組むかにかかっています。
 今日はNHKで各政党のSNS対策を取りあげていましたが、安倍首相のフォロワーは30万人、橋本氏のフォロワーは、なんと100万人を超しているとか。しかし、このNHKの報道も、議席数に応じた時間配分のようで、公平なものではありませんでした。そもそも、小選挙区という問題の多い選挙制度で得た議席数で時間配分すること自体、正当とは言えないと思います。

橋下氏の「従軍慰安婦」発言に唖然

 昨日の橋下維新の会共同代表の、戦前の従軍慰安婦問題での発言をニュースで聞いていて耳を疑いました。軍隊には必要なもので、米軍にも「風俗」の活用を進言したという話にさらにびっくり、怒りが湧いてきました。こんな人権感覚の人が市長であり、公党の代表をしていること自体恥ずべきものだと思います。「丁寧な説明」などで、ことの本質がごまかせるはずはありません。即刻やめていただきたい。でないと世界中の人々から日本人の人権感覚さえ疑われることになりかねません。こんな政治家が教育問題や憲法改正について論じるなど、言語道断ではないですか!!
 
 今朝、 長らくご無沙汰していた大学時代の恩師から、電話がありました。
昨日の日本維新の会の橋本共同代表の、「慰安婦は必要」との発言に、「女性蔑視もはなはだしい。怒りを声に出さずにいられなかった。ちょうど、あなたが、選挙に出たことを知り、思わず電話しました。是非、女性の候補のあなたに頑張ってほしい。」との激励の言葉。
先生は「昭和24年生まれで小学校1年生の時に終戦を迎えた。私たちの世代は日本国憲法についてなまはんかな気持ちで向き合ってはいない。あの女性蔑視の発言は本音が出たもの。ああいう政治家が憲法改正を語る、その真意が見える。」と語気を強めて語られ、現在の憲法改正論議にも危惧を表明されました。
先生の言葉に、 日本共産党の候補者として、また、女性の候補者として、大いに励まされました。

今日は憲法記念日

 今日は、5月3日、憲法記念日です。新聞でもテレビでも、憲法問題が取り上げられています。(記念日ですので、当然ですよね。)
 
 今の憲法が制定されて66年。一度も改正されていないことだけで異常なことのように言っている方もおられますが、それは多くの国民が、改正を望まなかったからではないでしょうか。現憲法ができてから何度も憲法を変えようという動きがあり、その都度、憲法を守ろうとする人々の運動で、それを阻止してきた歴史があるわけで、日本国憲法は、「積極的に守られてきた」とも言えると思います。

 マスコミでは、護憲派の意見と改憲派の意見の両論を並立して取り上げていますが、そもそも今の憲法がどのような経過(歴史)を経て制定されたのかについて正確に取り上げているところは少ないように思います。この経過をきちんと知っていれば、少なくとも、現憲法が「占領軍におしつけられた」という認識は出てこないように思います。(改憲派のなかには、知っていてわざとそう言っている人たちもいるようですが)
 今日の徳島新聞の社説はとても良かったです。
 憲法というのは、そもそも国民が時の権力を縛るものです。しかし、自民党の憲法改正草案をみていると、「国」=時の権力者?が国民を縛る、逆立ちした内容になっています。
憲法改正派のねらいは究極のところ、憲法9条(平和条項)の削除または変質ですが、これに伴って国民の基本的人権を制限する内容があちこちに盛り込まれています。
 この夏の参議院選挙は憲法論争が中心になりそうな雰囲気です。大いに憲法について学び、語り合い、憲法を守る世論を大きく盛り上げていきたいと思います。
 
 ところで、日本共産党の比例候補の仁比そうへいさんは、弁護士さんです。国会に行けば、この憲法問題でもきっとすばらしい力を発揮してくれると思います。(前参議院議員ですので、すでに証明済みですが)
4月25日の政府交渉で撮影した、仁比そうへいさんとのツーショットを披露します。みなさん、応援よろしくお願いします。

「0贈5減」採決強行に怒り!

19日、自民・公明両党が小選挙区の「「0贈5減」に伴う区割り改訂法案の採決を強行しました。民主主義の土台である選挙制度を決める法案を与党だけで委員会に付託し、審議入りを強行したあげくの暴挙に怒り心頭です!! だいたい、小選挙区制自体が民意を大きくゆがめる根本的欠陥のある選挙制度なのに、まともな審議もせず、「一票の格差」についてもまったく是正できない、こんな姑息なやり方、許せない!!国民の選挙権をなんと思っているのか!!! 思わず叫んだ私でした。