ひまわりの花


 昨日の大演説会の後、徳島市議の見田さんからいただいたひまわりの花です。大輪のひまわりの花束は見事でした。黄色は私の好きな色です。気持ちがパアーッと明るくなります。見田さん、ありがとうございました。
 それにしても、東京都議選、日本共産党は、なんと17議席と倍増です。やっと光が見えてきた思いですが、参議院選挙でもこうなるとは限りません。気を引き締めて、やるべきことをやっていくのみです。
 
 明日は政見放送のリハーサル。今日は一日費やして練習していますが、なかなかうまくいきません。
 ちょっと疲れたので、気分転換にブログを書くことにしました。
 今週は、政策主張のTVの収録もあるし、公開討論の準備もしなくてはいけません。公示までもうあとわずか。ちょっとあせっていますが、まあ、ひとつひとつ取り組んでいくしかありませんね。

6月4日 我が家も田植え


 やっと我が家も田植えが終わりました。(といっても、田植えをしたのは、私ではなく、夫の両親です)
 我が家は四方を田んぼに囲まれているので、田植えの時期からは、夜の風はとても涼しいのです。
かえるの大合唱が夜中になっても止みません。この家に住みだした頃は、耳について、なかなか寝付けないこともあったのですが、今ではすっかり慣れてしまいました。
 私がはじめて佐那河内に来たときに、夜空の星があまりにも大きく明るく見えて、まるで頭上に星が降ってくるような感覚に陥ったことを思い出します。
 そうそう、網戸に蛍がとまっていたことも、・・・。
 こんなすばらしい環境で寝起きできることに感謝すると同時に、いつまでこういう風景が残せるのかなあと考えてしまいます。ぜひとも残せるようにしたいものです。
 
 しかし、それにつけても、オスプレイの訓練を大阪の八尾空港で受け入れると表明した橋下大阪市長、何を考えているの!?沖縄で、米軍に風俗業の活用をすすめた失態を挽回するつもり?沖縄の負担軽減のためと言っているが、こんなこと、沖縄の人も望んでいないでしょう!
 あまりにも傲慢としか言いようがない。即刻、公人の座を降りていただきたい!!

田植えの時期です


 地元の田園風景です。
 佐那河内は、市内よりも田植えの時期が少し遅く、今が最盛期。我が家も義理父母が田植えの準備中ですが、このところ晴天続きで、田の土がすっかり乾燥しているとのこと。このままでは困る、と雨を待っています。
 今日から梅雨入りと報道されていましたが、夜になって雨が降り出したと思ったら、やんでしまいましたね。
 
 しかし、こういった日本の風景、いつまで見られるのでしょうか。
 日本の農業に従事している方は、その多くが高齢者で、細々と続けておられる方です。TPP交渉への参加で、ただでさえ少ない農業後継者は確実に減ります。TPP交渉参加は百害あって一利無し。撤退するしかありません!!