前川喜平さん、おおいに語る  

12日午後は、前川喜平さん(前文部科学省事務次官)の講演会へ。

13時30分~の講演会でしたが、会場の郷土文化会館4階は、12時には受付に並ぶ人々の行列ができました。
講演会が始まるまでの時間、会館前で「安倍9条改憲NO!憲法を守り生かす署名」を集めていた私たちも、当日券を求める方たちへの対応に追われました。(950人の参加で、4階も5階も立ち見状態でした)

教育、憲法について縦横に語る前川さん、まさに、「大いに語る」という言葉がぴったりの講演会でした。「加計学園問題」については時間が足らず、質問に答える形で語ってくれました。

ユーモアを交えながらわかりやすい言葉で話をすすめる語り口調には、話に人を引き込んでいく魅力があります。
いきなり「ひょっこりひょうたん島」の子どもたちとサンデー先生のやりとりの歌を披露されたのにはビックリ!それも驚くような美声でした。
こどもたちが、勉強はいやだ、出世なんかしたくないと訴えると、サンデー先生が「人間らしい人間になるために勉強するのよ」と語りかけるくだりを紹介、解説しながら教育基本法、教育の目的を語る― こんな調子で紹介していたらきりがないですが、ともかく、聞く人に、憲法や教育を身近な問題として考えさせてくれる話でした。
特に、貧困と格差が広がる日本で、一人一人に教育=学ぶ場を保障するために行政が何をすべきなのか、誰のための「義務教育」なのか、様々なことを考えさせられました。
前川さんが夜間中学の問題に熱心にかかわっている理由もよくわかりました。

第二会場に移動して質問に答える前川さん

前川さんは、「みなさん、勉強しましょう。勉強しないと大変な目に遭います。」と、この日本で、世界で何が起こっているのか、どんな政治が行われているのか、主権者として知ること、学ぶことの大切さを強調されました。
私は、日本の官僚にも、こんなに憲法を愛し、熱意をもって教育行政を担ってきた魅力的な人がいるということに、なんだかほっとするというか、嬉しいというか、とても幸せな気持ちになれました。官僚のみなさん(公務員のみなさんも)が、本来持っている良心と熱意が本当に生かされる政治に変われば
、日本の未来も大いに希望が持てると思えたからです。

今は、自主夜間中学のスタッフとして活動されているそうですが、参加者から「ぜひ、政治家になってほしい」との要望に、「政治家にはなりなたくない」ときっぱり!そうですよねえ。「政治家」に翻弄され、大変な目にあってきた、政治の世界の酷さをずっと見てきたのですから。
でも、私にとっては、日本の変革を目指す党の地方議員としての責任の重さとやりがいも思い起こしてくれた講演会でした。

多忙ななかで、要望に応えて徳島まで足を運んで下さった前川さん、この講演会を企画し、運営していただいた関係者のみなさんに感謝、感謝です!

会場で購入した前川さんと寺脇さんの対談集「これからの日本、これからの教育」を一気に読んでしまい、また講演を思い出して余韻に浸って夜中になってしまいました・・・。

女性後援会で佐那河内村へ

11日、空港周辺で昼食を済ませ、午後は、女性後援会のみなさんと、私の地元、佐那河内村で街頭宣伝を行いました。

新緑の景色を見ながら村内をぐるっと回り10カ所で演説しました。

あちこちで手を振っていただき、地元のみなさんの温かさを実感しながらの宣伝行動でした。

「優生保護法下での強制不妊手術問題について考える議員連盟」の勉強会に参加

10日夜、衆議院会館で開催された「優生保護法下における強制不妊手術問題について考える議員連盟」主催の第5回勉強会に参加しました。

全国各地から参加した約200名の地方議員や関係者のみなさんで会場はほぼ満席でした。

人権尊重をうたった日本国憲法がありながら、1948年~1995年まで存在した優生保護法の下で「不良な子孫の出生を防止する」などを目的として、精神障がいや知的障がいなどがある人に対して、本人の同意なしで不妊手術が強制されてきました。その被害者は約16,000人、徳島県にも391人いると言われています。

私は、長年、看護師として医療現場で働いてきましたが、20年もの間、被害者としてこの問題について訴えてきた方がおられ、国連人権委員会が日本政府に対して救済の勧告が出されていたことを知らなかったことに愕然とした思いです。

昨年、日弁連が動き出し、今年1月に、宮城県の女性が初めて国賠訴訟を起こしたことで、国会でも超党派の議員連盟が結成され、厚生労働省が全国調査に取り組みはじめています。勉強会では、国賠訴訟の弁護団からの報告や各地の取り組み状況の交流、厚生労働省の担当者からの報告などがあり、大変勉強になりました。

徳島県も相談窓口を設置しましたが、県内での実態も明らかにし、被害者への謝罪と救済が一刻も早く行われるように取り組まなければと、思いを強くしました。

勉強会が終わって、衆議院会館を出たとたん、大勢の人々が歩道にずらりと並び、「安倍内閣は総辞職」「安倍9条改憲NO!」と、抗議の声を上げていました。

どこまで続いているのかわからないほど、ぐるっと国会周辺を取り囲むように様々な団体の幟旗やプラカードが並んでいて、市民連合を名乗る青年が壇上に上がって「政治を変えるのは私たち一人一人の声です!」と訴えているところでした。お経を唱えながら太鼓をたたいているお坊さんの集団には驚きましたが、やっぱり都会は規模が違うなあと思うと同時に、こちらまで元気をもらった気分になったひとときでした。

11日、帰りの飛行機から雲一つかかっていない富士山を見ることができました。

日本共産党の地方議員のみなさんと 真ん中は、高橋千鶴子衆議院議員。(高橋議員の投稿からいただきました)

 

帰りの飛行機から見た富士山

松山の実家に帰省

4日は、私の実家、松山市に久しぶりに帰省しました。
松山は、私が9歳から18歳まで過ごした故郷ですが、景色は随分と変わりました。実家の周りも、見渡す限りの田畑だったところが、今ではショッピングモールへ。
今年は、伊予鉄電車の薄いオレンジ色の車体もこんな鮮やかな濃いオレンジ色へ。バスまで!
最後の写真は、石手川ぞいの風景。

実家では、93歳の母と妹夫婦に私の4人で夕食を囲み、ゆっくり語り合いました。
母の体調も心配していたほどではなく、まずまずひと安心です。

5日の朝、実家を出て、午後からは、会議に出席。6日からは朝宣伝、会議と、日常活動再開です。

 画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外  画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外 

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然、水

アベ9条改憲NO! 市民アクション主催の「憲法まつり」 

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、屋外3日14時から鷲の門広場で市民アクション主催の「憲法まつり」が開催されました。

劇団「阿波っ子」と上地弁護士のコラボによる寸劇は大ウケでした。
自民党が狙う9条に自衛隊を書き込むという改憲が実現したら私たちの暮らしがどう変わるのか、ユーモアの中にリアリティを感じさせる秀逸な劇でした。
憲法9条に自衛隊が書き込まれて『あるとき』、『ないとき』」の対比はよく考えられた内容で、しかもわかりやすい!
上地弁護士の解説付きで、9条に自衛隊を書き込む改憲の危険性がよくわかる中身に仕上がっていました。
安倍首相に扮したFさんの姿も衝撃(?)でした!

主催団体代表の挨拶、アピール採択の後、パレードに出発。500人が黄色いプラカードを掲げて行進する様は、街行く人々の目を引きます。
歩道橋の上でプラカードを掲げていると、下を通る車の中から手を振ってくれる人もいました。

午前は憲法街角トーク、お昼は「アベ政治を許さない!」の3日行動、午後の「憲法まつり」と、朝から夕まで、憲法三昧の一日でした。

「アベ政治を許さない!」3日行動

5月3日の憲法記念日。12時30分〜13時は、定例の3日行動、「アベ政治を許さない!」のスタンディングに参加し、「憲法を守らない政権が憲法を変えると言う。こんな政権は、一刻も早く政治の舞台から一掃を!市民と野党の共闘で、憲法を守る当たり前の政治を取り戻そう!」と訴えました。

 通りがかりの男性が声をかけてきて、「わしは、改憲派だけど、安倍さんの言う、政権に都合のいい改憲は反対や」と言われたことが印象的でした。

憲法街角トークに参加

3日の憲法記念日。
前日の雨も上がり、暑くもなく、寒くもない、ちょうど良い気候でした。

午前中は憲法街角トークに参加しました。
「9条の会 徳島」を始め、憲法を守ろうと主張している団体がリレートークし、安倍政権が執念を燃やしている憲法改悪反対!憲法を守り生かす政治に変えようーと、思い思いに訴えました。
私も、憲法懇の一員としてマイクを握りました。          

明日は憲法記念日 行事が目白押し ご参加くださ~い!

明日は、憲法記念日。朝から行事が目白押しです!

○午前10時〜12時は、そごうエスカレーター前で憲法街角トーク

○12時30分〜13時は、そごうエスカレーター前で「アベ政治を許さない」全国いっせ い行動

○14時〜16時は、鷲の門広場(徳島中央公園)で、憲法まつり

みなさん、ぜひ、ご参加くださ〜い ٩( ᐛ )

自動代替テキストはありません。

記念オケ事業に関する疑惑について 市民オンブズマンが告発

2日、県の「とくしま記念オーケストラ事業」を請け負っていた音楽プロダクション(アンサンブルセシリア)の元代表が事業で得た所得を申告せず脱税した事件について、「市民オンブズマンとくしま」が、徳島地方検察庁に告発状を提出しました。

徳島県文化振興財団は平成25年度からの4年間、とくしま記念オーケストラ事業を請け負っていた音楽プロダクションの元代表の女性に対し、コンサートの委託費とは別に、ハイヤーの代金、760万円余りを支払っていたことについて、「ハイヤーの代金を支出するのは二重の支払いにな」り、背任の疑いがあるとして財団の当時の理事長や音楽プロダクションの元代表など5人を告発したものです。

 

 

市民オンブズマンの代表は、「なぜこういう支出をしたのか不可解としか言いようがない。検察にしっかり捜査してほしい。」と語っていました。県文化振興財団は、「告発状の内容を把握していないので、コメントは差し控えたい」としているそうですが、このままでは済まないということです。

次々と出てくる疑惑。知事はこのまま幕終いをはかろうとしていますが、思惑通りにはさせません。私たち県議団は、県政の根幹に関わる問題として、疑惑の真相を明らかにするべく、県民のみなさんとも力を合わせ頑張ります。