6月7日 海部郡に行きました


 今日は定例の徳島駅前宣伝を終えてから海部郡内を回りました。
 11時過ぎ、牟岐町の辺川で休憩中、藤元町議の携帯電話に米軍機が飛来するという連絡が入り、数分後、ゴーッと言う音が急に聞こえ、藤元町議がカメラを構えます。私もあわてて空を見上げ、カメラを構えたのですが、機体を見つけることはできませんでした。
 今度は海の近くで街宣中、もっと大きな轟音が突然聞こえました。ちょうどマイクを持って訴えていた藤元町議も私も、一瞬、唖然。あっという間に飛び去っていきました。
 昨日もこの時間帯に飛来したとのこと。このところ頻繁だそうです。操縦席が見えるほど低空で飛ぶこともあるとの話に、住民の安全を脅かす、こんな訓練は一刻も早く中止してほしい。
 国民の安全よりも米軍の訓練を優先させる日本の政府。いったい誰のための政治をしているのかと腹立たしい限りです。さっそく、街頭演説でこの想いをぶつけました。
 足を止めて演説を聴いていただいたり、すれ違いざまに手を振っていただいたり、暖かい励ましに力が湧いてきます。

 14時からは、美波町に移動し、町議補選に立候補を予定されている中川さんと一緒に街頭宣伝と団体訪問をしました。
 農協支所や漁協にも御挨拶に行きましたが、どこも人員削減され、ぎりぎりの職員で忙しそうに動かれていました。 漁協前の木陰で休憩していると、杖をついて、近寄ってこられた男性に、「安倍さんは、ちょっと調子にのりすぎとる。消費税増税と憲法改悪だけはなんとしても止めてもらわんといかん。今まともなことを言っているのは共産党だけだ。頑張って欲しい。」と激励の言葉をいただきました。
 「TPP交渉の参加には絶対反対。政府が参加を撤回するまで、みなさんとごいっしょに頑張ります。」との私の訴えに、じっと耳を傾けておられたご婦人。私の手をかたく握りしめ、「TPP交渉への参加はもう止められないとあきらめていました。まだあきらめてはいけませんね。なんとしても参加を止めてください。お願いします。」と訴えられました。

6月6日 守る会の誕生会で懇談


 徳島市の守る会(徳島生活と健康を守る会)のお誕生会に招かれ、御挨拶させていただきました。
 参加者がそれぞれに手作りの料理を持ち込み、盛大なパーティとなりました。
 今日は4月、5月、6月生まれの会員さんのお祝いで、プレゼントも贈呈されました。
 ちょうど、生活保護改悪法案が衆議院を通過し、参議院でなんとしても廃案に、と緊急署名の呼びかけもありました。
 私は、食事前に挨拶させていただいたのですが、食事をいただいているうちに、いつの間にか私との懇談会のよう になり、今日の主役の方には、ちょっと申し訳なかったような気がします。
 庶民の願いを汲んだ政策を訴えているのは日本共産党だけなのに、なぜ、みんな他党に投票するのかわからない、もっと国民が政治について自分のこととして考えなくてはいけない、政治家任せではだめ、・・・等、まじめ?な話から、 私と夫の馴れ初めについての質問や、看護師の嫁さんを紹介して欲しい、いいひといませんか?等、演説会や後援会ではなかなか出ない話も出て、楽しい会でした。
 こうした会員同士の親睦を深める楽しい活動も大事だなあ、とつくづく思いました。

 写真は、豆ご飯、鯖寿司、しいたけと破竹の煮物、新じゃがのお焼き、とうふとチーズのピカタ?、小松菜とおあげのおひたし、古漬けたくあん、さよりの刺身、等(すべて手作りで、それぞれの料理自慢も飛び交い、にぎやかでした。)
 参加者全員に自家製磯自慢のおみやげまで配られたのには、びっくり。(参加者22名全員分を用意してくださっていました。)これで今日の会費300円なんて、なんだか申し訳ないです。

6月5日 美馬市に行きました

美馬市の脇町では、花しょうぶ祭りの準備中でした。しょうぶの花が咲き始めていて、緑のなかに紫が映えていました。満開になると、いっそうきれいでしょうね。
花しょうぶの旗が風にはためいて、涼しげです。
宇民支部長の案内で、脇町商店街とうだつの町並みを歩き、御挨拶させていただきました。50枚用意していた名刺はすべて使い切ってしまいました。
 商店街では、「消費税増税はなんとかストップさせて!!」「アベノミクスは、我々のところにはまったく恩恵がない。庶民のふところをあたためるという共産党の政策を是非、実現させてほしい。応援します。」と、次々と熱く訴えられました。今では廃業してしまったお店があちこち目立ちますが、昔のにぎわいがうかがえる町並みでした。
 街頭宣伝は5カ所でしました。今日は一日曇りでわりと涼しく、気持ちよく訴えができました。
 途中で、市民の間から批判の多い産廃施設の建設地も見学。古墳の発掘調査もほぼ終わり、工事が始まろうとしているようでした。ここでも、手押し車を押していたご婦人から、「共産党さんに頑張ってもらわんと。年金をなんとかしてほしい。」と声をかけられ、しばし対話。宇民さんの人望の厚さもうかがえた一日でした。

6月4日 我が家も田植え


 やっと我が家も田植えが終わりました。(といっても、田植えをしたのは、私ではなく、夫の両親です)
 我が家は四方を田んぼに囲まれているので、田植えの時期からは、夜の風はとても涼しいのです。
かえるの大合唱が夜中になっても止みません。この家に住みだした頃は、耳について、なかなか寝付けないこともあったのですが、今ではすっかり慣れてしまいました。
 私がはじめて佐那河内に来たときに、夜空の星があまりにも大きく明るく見えて、まるで頭上に星が降ってくるような感覚に陥ったことを思い出します。
 そうそう、網戸に蛍がとまっていたことも、・・・。
 こんなすばらしい環境で寝起きできることに感謝すると同時に、いつまでこういう風景が残せるのかなあと考えてしまいます。ぜひとも残せるようにしたいものです。
 
 しかし、それにつけても、オスプレイの訓練を大阪の八尾空港で受け入れると表明した橋下大阪市長、何を考えているの!?沖縄で、米軍に風俗業の活用をすすめた失態を挽回するつもり?沖縄の負担軽減のためと言っているが、こんなこと、沖縄の人も望んでいないでしょう!
 あまりにも傲慢としか言いようがない。即刻、公人の座を降りていただきたい!!

6月3日 昭和町でつどい開催


 19時から昭和町でつどいが開催され、中野市議、古田県議とともにお話しをさせていただきました。
 中野市議は、新町西再開発の住民投票署名の結果と今後の見通しについて報告。
 古田県議は、日本共産党の参議院比例代表予定候補となっている仁比そうへい氏の参議院議員時代の活躍ぶりを紹介し、この夏の参議院選挙でぜひとも当選してもらい、もう一度、四国の住民のために働いて欲しい、是非、みなさんの力を貸して欲しいと訴えました。
 私は、自分の生い立ちから、看護師として医療・介護の現場で働いてきて感じていたこと、立候補の経緯をお話したあと、くらしと経済・社会保障制度の問題を中心に、日本共産党の政策をお話ししました。
 懇談のなかで、「アベノミクスで経済がどうなるかが国民の最大の関心事だと思う。5月30日の駅前宣伝で、仁比さんが話していた『ユニクロの会長一家が、株で半年間で1兆円も稼いだ、1日で55億円、1時間で2億3000万円』という話はとても具体的でよくわかった。あんな話をもっと聞きたい。」等、感想や注文が出されました。
 新町西再開発事業にお金をつぎこむくらいなら、防災事業にもっと力を入れてほしい。古い校舎を建て替えて、もっと子どもが勉強しやすい環境を整えてほしい等、市政への要望、意見も出されました。
 SNSの利用についても話が及び、古田県議や私のブログも毎日見ていただいていることがわかり、情報発信を正確に、こまめにすることの大切さを実感しました。

NO NUKES 徳島集会に参加


ピースランナーが阿南からゴール。平和と原発ゼロへの想いをアピールしました。

政党からもアピール。私は、日本共産党が政府に対し、①原発事故の収束宣言の撤回 ②原発再稼働は論外。原発輸出政策の中止。 ③即時原発ゼロの政治決断 の3つの提言をしていることを報告。この3つの提言を実現させるため、夏の参議院選挙での日本共産党の躍進に全力をあげています。」とアピールしました。


集会の後、参加者が街頭を行進してアピール。歌を歌ったり、楽器を鳴らしたり、楽しくパレードしました。

四国電力前では、「原発いらない!!」「再稼働反対!!」と一斉コール。この声届いたでしょうか。

徳島建労定期大会での私の挨拶(全文)

みなさんおはようございます。ご紹介いただきました日本共産党の上村きょう子です。第48回定期大会の開催おめでとうございます。また、日頃からのご支援やご協力に心よりお礼を申し上げます。日本共産党県委員会を代表して、激励と連帯のごあいさつを申し上げます。
建設労働組合のみなさんが、仕事づくりの運動や建設職人の命綱、建設国保をまもる運動、さらには税と社会保障の一体改革に反対し、平和や環境を守る運動にも奮闘されていることに心から敬意を申しあげます。

 さて、安倍政権は消費税増税と社会保障の切りすてを「税と社会保障の一体改革」といってすすめようとしています。見せかけの景気回復で消費税増税を強行しようとしています。さらに社会保障の改悪もすすめ、建設国保への補助を削減しようとしています。
 若者は派遣で、安い賃金ではたらかされ、結婚しても家をたてられない。大資産家はうるおうが庶民には負担増ばかり。こんな状況で消費税を増税したら、景気はどん底に突き落とされてしまいます。建設労働者のみなさんには2重、3重の苦しみが押しつけられることになります。こんな悪政を許してはなりません。消費税増税を中止させ、医療、介護、年金など社会保障の大改悪をストップさせるために、私たち日本共産党はみなさんとごいっしょに全力を尽くす決意です。建設国保への補助金削減を許さないためにも、ごいっしょに力を尽くす決意です。

 住宅建設が低迷するなかで、建設職人の「仕事を増やしてほしい」という要求は切実だと思います。みなさんが仕事づくりの中心課題としてとりくんでいる、リフォーム助成制度は県下10市町村にひろがり、施主からも建設職人からも喜ばれています。
 リフォーム助成制度は、自治体が出した助成金の10倍から20倍の経済効果があるといわれ、地域にお金がまわるようになり地域経済を潤します。私たち日本共産党は、リフォーム助成制度を、県下全自治体で実施させるとともに、県の制度、国の制度にするためにみなさんと力をあわせてがんばります。
 建設職人の賃金の切り下げを許さないよう公契約法をつくらせます。また、原発ではなくて、太陽光発電など自然エネルギーへの転換で地域の仕事を増やすためにも全力を尽くしていきたいと思います。

 最後になりますが、建設職人の要求を実現するためには、国や自治体に事実と道理をもってせまる運動をひろげることと、その力のおおもとにある建設労働組合がうんと大きくなることが何より大切だと思います。今日の大会を力に、資格確認調査と不況を苦労して乗り越えてきたことを土台に、7000の徳島建労へと大きく発展していくことを心から祈念し、ごあいさつとさせていただきます。ともにがんばりましょう。
 

6月2日 徳島建設労働組合第48回大会で御挨拶


 政党では日本共産党(私)と民主党(中谷参議院議員)だけが来賓として出席し、挨拶しました。
 普段は職人さんとして気さくで親しみやすい方たちですが、今日は大会ということで、ビシッとスーツで決めておられ、気迫を感じました。
(私の挨拶文全文は別に掲載しています。)

6月1日 板野町で街宣


板野町内5カ所で街頭演説をしました。あちこちで手を振ってくれたり、家から出てきて話を聞いてくれたりと、わりと反応が良いのに少しびっくりしました。「消費税増税はなんとか止めて欲しい」「憲法は変えたらいかん。共産党に頑張ってもらいたい。」と激励されました。

6月1日 夜、南後援会の集いへ

 勝浦の守る会の大会で御挨拶した後、徳島市の三軒屋町に移動。中野市議の事務所で開催された、南後援会の集いで御挨拶と訴えをさせていただきました。
 中野市議が新町西再開発の住民投票を求める署名の提出後の動きについての報告、古田県議からは県政報告と、盛りだくさんの内容でした。
 懇談のなかで、「日の丸」「君が代」をめぐって議論が沸騰。
「日の丸」「君が代」については、戦争を知っている世代でも、随分と想いが違うということがよくわかりました。