党派超えた抜本的な防災対応を  志位委員長が声明

6日早朝に起こった北海道地震では、亡くなられた方が30人を超えました。
3日経った今でも1895戸で停電が続いているとのこと。
亡くなられた方、ご遺族の方に心からお悔やみ申し上げます。被災されたみなさんに心からお見舞い申し上げます。

徳島では、また大雨が降るとの予報。先の西日本豪雨で甚大な土砂災害が起こった三好市山城町に、再び土砂災害の警告も出ています。これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。

9月6日、日本共産党の志位委員長が、各地で相次いで起こっている大規模災害について、党派を超えた抜本的な対応が必要だと声明を発表しました。以下、朝日新聞ニュースの記事を紹介します。

共産・志位委員長「抜本的な防災対応、党派超え必要」

2018年9月6日22時38分 朝日新聞ニュースより

 写真・図版志位和夫・共産党委員長

共産党志位和夫委員長(発言録)

 日本が防災面で抜本的な対応をやらなければいけない非常に重大な時期に来ている。一つは異常気象。今年は豪雨災害、台風災害が相次ぎ、非常に深刻な被害が出た。災害級と言われた猛暑の問題もいろんな被害が出ている。

明らかに地球環境の異変、気候変動が根っこに働き、一連の災害が起きている。これまでの延長線上ではない、一連の対策が求められると強く感じている。

地震という点でも日本列島が非常に不安定な状況に入りつつある。気候変動、地震の両面で、政治が知恵と力を尽くしていくことが、党派の違いを超えて必要な時期に来ている。(6日、記者会見で)

佐那河内小中学校の「清流祭」を見学

 

 

オープニングは、生徒会のダンス  テンポ良く、面白い動作が会場の笑いを誘ってなごやかな雰囲気に。
中学1年生の劇「初心者探偵カツオ」            アニメの「さざえさん」一家を舞台に、「トトロ」や「ネコバス」も登場して楽しませてくれました。

  

 

 

 

 

 

9月8日、佐那河内小中学校の清流祭(文化祭)に行って来ました。
ダンスや歌、演劇など、ステージは、時間の都合で全部は見られませんでしたが、楽しませてもらいました。
体育館での展示の方は、少し時間をかけて見て回りました。夏休みの作品、自由研究、修学旅行の記録、職場体験報告等々、小学1年生から中学3年生まで、どれもすばらしい内容でした。

10年以上前の息子、娘の時代の「清流祭」を思い起こしながら、しばらく見とれていました。

修学旅行(沖縄)の記録は見応えがありました。沖縄の自然、見所、名物、歴史など、各分野を分担して書かれていました。

  

 

 

職場体験の報告も力作でした。 ステージでも発表がありました。
名画をちぎり絵で表現

7日、事前委員会で質問  障がい者雇用水増し問題に質疑が集中

7日の文教厚生委員会(事前委員会)では、教育委員会の障がい者雇用水増し問題に質問が集中しました。
調査の結果、ガイドラインが策定された最初の年である平成18年度から、実に10年にわたって、ガイドラインに基づかない算定がされていたことが判明したという報告にまず驚きました。(各年度、少ない年で1人。最多の年度は14人。)
「ガイドラインの理解が不十分であったことが原因」との報告でしたが、委員からは、「これだけ全国で(水増しが)多発しているのは、思い違いだけでなく、意図的なものがあるのではと考えざるを得ない」という声が出るのは当然だと思いました。
しかも、ガイドライン基づいて算定し直すと、求められる法定雇用率に達していたのは平成25年度だけだったとのこと。

教育委員会関係の雇用で大きな比率を占めるのは教員で、採用試験を受ける障がい者が他部局に比べて大変少ないとのこと。免許職種ということが大きなネックとなっているのではないかとの話も出ましたが、「介助者なしでの通勤が可能」という採用条件自体、障がい者にとっては高いハードルだと思いました。

私は、知事が8月20日の定例記者会見で、「県内には不適切事例はない」と言っていたのに、23日になって、教育委員会で「不適切事例」があったことが発表された経緯について事実関係を質しました。
理事者は、20日の知事の記者会見後に教育委員会で確認を行い、問題があったことがわかったと答えましたが、すっきりしません。
27日の記者会見でこの点を突かれた知事は、教育委員会は「知事部局」でないことを理由に挙げ、マスコミのとらえ方の問題のような話を長々としていましたが、そうでしょうか。「知事部局」に限って「不適切事例はない」と言ったと受け止めよという方が無理があります。「部局知事」であるかないかにこだわるのなら、最初から「『知事部局』には不適切事例はありませんが、教育委員会関係は、私の管轄でないので、把握していません。」または、「『知事部局』にはないことを確認しましたが、教育委員会については、まだ確認できていません。」と言うべきではなかったでしょうか。
ちなみに、栃木県知事は、教育委員会関係についても行政のトップとしての自らの責任と認め、謝罪しています。

この他、420万円の補正予算が付いた勝浦町の恐竜化石含有層(ボーン・ベッド)の緊急発掘調査事業についても質問しました。今後の発掘調査で、さらに恐竜化石等の発見の可能性があること、現在、準備が進められている県立博物館の常設展示リニューアルの大きな目玉となりうるということで、今後が楽しみです。

自動代替テキストはありません。
9月補正予算案説明資料より

丈六でおはよう宣伝

木曜の朝8時からは、丈六でのおはよう宣伝です。

 

渡邊市議、古田美知代元県議と共に街頭に立ち、交代で訴えました。

私は、平和やくらしを守る政治に切り変えること、県議会9月議会の焦点についてなどお話しましたが、何人もの方が手を振って声援を送ってくださり、一日のエネルギーをいただいた気分です。

徳島県敬老県民のつどいに出席

台風一過。
昨日の風雨がうそのような青空が広がる下、第49回徳島県敬老県民のつどいに県議団3人揃って出席しました。

徳島県は、全国5番目の高齢化率先進県。
100歳以上の長寿者が567人(昨年度)もおられるそうです。
2020年には、3人に1人が65歳以上となるとの予想です。
県民誰もが長生きして良かったと思える徳島にするため、私たちもさらに頑張らなくてはと、あらためて思いを強くしています。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、上村 恭子さん、福沢 美由紀さんなど、、スマイル、立ってる(複数の人)

アベ政治を許さない! 「3日行動」に参加

画像に含まれている可能性があるもの:3人、上村 恭子さんを含む、立ってる(複数の人)、屋外今日は、全国各地で毎月3の日に取り組む「アベ政治を許さない!」の「3の日行動」の日でした。

2015年11月3日、あまりにひどい政治に怒った作家の澤地久枝さんが全国に呼びかけて始まったこの行動。徳島でも毎月3日のお昼休みに続けられています。

徳島駅前で、各団体の皆さんと共に、「アベ政治を許さない!」のプラカードを掲げ、アピールしました。リレートークでは、県議団を代表して山田豊議員が訴えました。

この後は、県庁へもどって財務課から議案についてレクチャーを受け、議員連盟の学習会にも参加しました。

今夜は、25年ぶりと言われる強力な台風21号が接近中。

八万の私の事務所でもシャッターを閉めるなど、台風に備えました。被害が出ないことを祈るばかりです。

涼しい朝 びっくり日曜市で訴えました

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外9月2日の日曜日。朝のうちは、いつになく涼しくて、定例のビックリ日曜市宣伝もさわやかな気分で行うことができました。

八万後援会の佐古さんもマイクを握り、「辺野古への新基地建設NO! 沖縄県知事選挙で故翁長知事の遺志を継ぐ玉城デニー氏の勝利のため、僕も沖縄に支援に行ってきます!」と訴えて注目を集めていました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、上村 恭子さんを含む、屋外

まだまだ続くよ 3000万人署名! 徳島・市民アクション駅前行動に参加

9月1日、「まだまだ続くよ3,000万人署名」と銘打ってた徳島・市民アクションの徳島駅前行動に参加しました。
戦争させない1000人委員会や憲法共同センターなど、各団体の代表が、安倍首相が狙う憲法9条に自衛隊を書きこむ改憲の危険性を暴露し、憲法を守り生かす3,000万人署名をさらに広げることで、憲法改悪、戦争する国づくりを止めよう!と訴え、チラシ配布、署名集めを行いました。

私は、訴えに耳を傾けてくれているバス待ちのお客さんに署名への協力を訴えて回り、30分で5筆集めることができ、激励の言葉もいただきました。

中には、「私は、自民党ですが、安倍さんの改憲案には反対です。」と言う方もおられました。

市民アクションでは、県内各地で1日〜9日まで集中して署名に取り組みます。

佐賀空港にオスプレイ配備を容認!? 佐賀県知事の受け入れ発言に怒りの声

佐賀県知事が、佐賀空港へのオスプレイ配備の受け入れを表明したことが大きな波紋を呼んでいます。
25日~26日に高知で開催された日本母親大会の分科会「日本の空はだれのもの―オスプレイ 低空飛行 自衛隊」でも、佐賀県から参加した女性たちから、怒りの報告がありました!
知事にとっては、空港着陸料(年間5億円、20年間で100億円)と住民のいのち、暮らしとを天秤にかけたら、「お金の方が重かった」ということなのでしょうか( `ー´)ノ

佐賀知事 オスプレイ配備合意

空港着陸料100億円

日米共同訓練で使用されたオスプレイ=梅村直承撮影

 陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機オスプレイの佐賀空港(佐賀市)配備計画を巡り、小野寺五典防衛相は24日、佐賀県庁で山口祥義(よしのり)知事と会談し、自衛隊の空港使用の着陸料として、防衛省が佐賀県に20年間で計100億円を支払うことなどで合意した。事実上、国と県が配備で合意したこととなり、今後は計画地の地権者である漁業者の同意が得られるかが焦点となる。

 

 防衛省と県の合意は3項目で一つは、民間空港を自衛隊機が使用する応分の負担として、国が県に年間5億円の着陸料を20年間支払うとした。20年後以降は、防衛省と佐賀県で使用状況を踏まえて改めて協議する。その収入に基づき、空港が面する有明海の漁協振興基金を県が創設する。環境への影響や事故による補償が必要となった場合、必要な費用を無利子で貸し付けができるようにする補償基金も設ける。

 二つ目は、環境保全と補償に関する協議会を、防衛省、県、県有明海漁協で設置する。三つ目に事故の際、県と防衛省が連絡を取り合う情報共有のルール化を挙げた。

 山口知事は配備受け入れの要件として、機体の安全性の確認と、補償の2点を挙げていた。安全性については今月8日、防衛省の説明を「不合理な点はないと確認した」として了承していた。一方、計画への漁業者の反対を受けて、漁業者の理解を得られる補償の枠組みを求めていたが、今回の合意により最終判断の前提が整った。小野寺防衛相は「知事から理解いただけることを期待している」と記者団に述べた。

 防衛省は2021年度までにオスプレイ17機を佐賀空港に配備する計画。県は一旦受け入れに前向きな姿勢を示していたが、米軍機のトラブルが相次ぎ、今年2月には佐賀県神埼市で陸自ヘリの墜落事故が発生し、判断を保留していた。防衛省は千葉県の陸自木更津駐屯地への暫定配備を検討している。【関東晋慈】