健診中、「お知らせ」の貼り紙を見て・・・

徳島健生病院で健康診断を受けました。
胃カメラを待っている間、待合室の壁に貼ってある「お知らせ」に目が行きました。

特に「無料低額診療事業のお知らせ」に注目。

徳島健生病院は、私が2013年まで勤務していた病院ですが、経済的な困難を抱えた方が病院の窓口負担を支払えずに滞納する例がよくありました。
無料低額診療は、こうした経済的な困難を抱えた方(世帯の収入が生活保護基準の140%未満)について、窓口負担を低額または無料にする制度です。ただ、自己負担分を軽減または無料にした場合の補填はどこからもなく、病院が自腹を切る形になるので、県内で実施している病院、薬局はごく少数です。
健生病院でも事業に取り組む際、職員から病院が損をする事業になぜ取り組むのかが問題になりましたが、窓口負担が払えないからと、今まで受診できなかった患者さんが受診できるようになれば、少なくとも診療報酬分(医療費の7割~9割)は新たに入ることになる、それは患者さんにとっても病院にとっても得になる話だと、相談室のメンバーが説得して回り、事業開始にこぎ着けました。
(県のHPで調べても民間の病院・薬局・歯科検索「スクエル」で調べてもなぜか徳島健生病院の名が出てきませんでしたが、徳島健生病院で実施しています。)

もう一つ、「患者の権利指針」に注目。
徳島健生病院は、医療生協の病院として早くから(1980年代からだったでしょうか)「患者の権利」について組合員さんとともに議論して決定し、当時は「患者の権利章典」として発表しました。
診療情報の開示も、1990年代、まだ紙カルテだった頃から取り組んできました。(私が勤務していた病棟では、週一回の医師の総回診の時に患者さんにカルテをわたし、自由に見ていただいていました)患者さんからは、医師の字が読めない(達筆すぎて?)、専門用語がわからないと質問されたり、看護記録を見て「私はこんなこと言っていない」と指摘されたり、中には、「私がこんなものを見ていいのかわからない」(カルテは、患者が見てはいけない秘密文書のように思っていた方)とカルテを手に取ることさえしない方もおられました。

看護協会で教育委員をしていた時に、この経験をもとに、看護師の研修テーマに「情報開示」を取り上げ、研修会を企画したことも思い出しました。

今では、患者の権利についての明記やカルテ開示も珍らしくなくなりましたが、患者さんが「医療の主体者」であり、医療従事者と「共同して」病気に立ち向かう権利があることを明記している病院は少ないのではないでしょうか。

被爆者健診、振動病やじん肺等の職業病健診と治療・リハビリ、肝臓病の腹腔鏡検査、呼吸器疾患の患者さんの在宅酸素療法(県内初でした)、まだ訪問看護の制度さえなかった時代に退院後訪問や在宅患者さんの入浴等に取り組んだ看護師チーム。ALSという神経・筋難病の呼吸器装着患者さんの在宅医療等々、昔から時代の最先端の取り組みを行ってきた健生病院で看護師として働けたことは、私の大きな財産です。

相次ぐ医療・介護の改悪で、医師不足、看護師不足も深刻、経営も大変厳しい状況ですが、「患者の立場に立つ医療・看護」を掲げる徳島健生病院の新築リニューアル事業が成功することを願っています。

ちなみに、この日の胃カメラ担当医師は、ベテランのY医師。
さすが上手で、全く苦痛なく終わりました。

日曜市宣伝 議会報告 3日行動 ・・・あっという間の1日でした

ビックリ日曜市宣伝で訴える元県議の古田美知代さんと、いつも早朝から場所取りと幟持ちをしていただいているSさん

今日は、日曜市宣伝の後、八万支部のみなさんに議会報告を行いました。12月1日の山田議員の一般質問について報じた新聞記事の切り抜きを持参したAさんをはじめ、多くの質問をいただき、予定時間をオーバーしてしまいました。Iさんいわく、「知事も安倍さんと同じこと(県政の私物化)してるってことですよね。」まさに、その通りだと、支部のみなさんと怒りを共有。
12時30分~は、徳島駅前で行われた「アベ政治を許さない!」の「3日行動」に参加しました。
『安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名』推進のための横断幕や幟、初めて見ましたが、カラフルで良いですね!

  

原発再稼働反対!金曜行動に参加

1日、「原発再稼働反対!徳島有志の会」の金曜日行動に参加しました。
福島第一原発事故から6年8ヶ月。
金曜日行動は、雨の日も風の日も、正月も盆も休まず、徳島駅前で「原発再稼働反対・原発はゼロへ!」と訴え続け、今日で282回目。

デモ行進中、すれ違ったグループの後列を歩いていた女性が私たちのコールに合わせて手を振ってくれました。

街はすっかりクリスマスムード。プラカードもやさしい色合いの電飾が施され、夜の街でアピール度満点です。

質問準備中

17日は、朝から県庁の会派控え室にこもって質問準備に没頭しました。

午後からは、山田議員、達田議員、他2名の知恵者も加わり、議論を重ねながら質問ポイント整理。気づくと、もう18時を回っていました。
帰宅途中、相談の電話が入り、停車。夕焼け空が目に入りました。
質問日が目前ですが、仕上がりまでにはまだまだ時間がかかりそうです┐(‘~`;)┌

19260765_647304482141515_5772176433571572445_n[2]

 

原発いらん! 255回目の徳島金曜行動

原発いらん!徳島金曜行動は、26日、255回目を迎えました。
私も久しぶりにちょこっと参加しましたが、スケジュールの関係で、デモ行進には同行できませんでした。
この行動を主催している手塚さんの頑張りと、毎回欠かさず参加されているみなさんの粘り強さは脱帽ものです。

久しぶりのコンサートへ  とくしま記念オーケストラの響き

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)、座ってる(複数の人)、演奏(複数の人)

10日夜、雪が舞うなか、帰りを心配しながらも、久々のクラシックコンサートへ。「とくしま記念オーケストラ」の雄壮な演奏を心行くまで堪能しました。

ニュルンベルクのマイスタージンガー(ワーグナー)、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、ドボルザークの交響曲第9番「新世界より」と、どの楽曲もポピュラーな曲。アンコール2曲目のラデッキー行進曲では、指揮者の秋山さんが満席の観客席に向かって指揮棒をふるい、観客も拍手で演奏に参加させてもらうというサービスぶり!オーケストラと観客が一体となって大いに盛り上がり、幸せな気分で帰宅しました。
やっぱり音楽は良い!議会中だけど、19日の市民コンサートも絶対行こう!と、心に決めました。
写真は、パンフレットの写真の一部です。

政府の年金制度改悪案に怒り沸騰!

「アベ政権が狙う、新たな年金制度改悪。物価が上昇しても労働者の賃金が下がれば、年金給付が引き下げられるというもの。今でもマクロ経済スライドというしくみで、年金が削られているのに、とんでもありません。
巨額の年金積み立て金を、株価つり上げのために注ぎ込むような政治こそやめるべきです。
税金は、国民の安心を支える社会保障充実のためにこそ使わせましょう。」

びっくり日曜市での定例宣伝で、こう訴えていると、立ち止まって、うなずきながら真剣な表情で聞き入って下さる方や、「共産党、しっかり頼むで!」と、エールを送って下さる方と、年金問題に大きな関心が集まっていることを実感しました。

写真は、いつも一緒に日曜市宣伝で訴えている元県議の古田美知代さんと、幟持ちの佐藤さんです。

50年党員の言葉

つどいのイラスト地域支部の集まりで、50年党員の表彰を受けたIさんが、入党のきっかけと今までの活動を振り返って語りました。

「私は、党に入ると世間が狭くなるのがいやだと思っていたけれど、逆でした。党に入ったことを後悔したことは今まで一度もありません。」胸を張ってこう語るIさんに、参加者から共感と賞賛の拍手が起こりました。