終戦記念日宣伝

 今日は8月15日、68回目の終戦記念日です。11時からアミコ前で治安維持法国家賠償請求同盟の宣伝に参加しました。
 戦前、治安維持法のもとで、「主権在民」「戦争反対」を訴えた人々が拷問されたり虐殺されるなど、激しい弾圧が行われた歴史を知って欲しい、平和憲法改悪を許さない、との訴えに、前を通る多くの方がチラシを受け取ってくださいました。私もリレートークに参加。父母や義理父から聞いた戦争体験を語り、平和憲法を守り抜く決意を語りました。
 治安維持法は戦後廃止されましたが、日本政府はいまだに犠牲者への謝罪や賠償を行っていません。治安維持法国家賠償請求同盟は、弾圧の事実を国民に知らせ、日本政府に対し、犠牲者への謝罪と賠償をさせる運動を粘り強く続けています。(終了時間近くに右翼の宣伝カーが2台、「君が代」を流しながら駅前を2周していきましたが、私たちの宣伝への直接の攻撃はなく、混乱はありませんでした。)
 

 12時からは、バスターミナル前で日本共産党県委員会として終戦記念日を迎えての訴え。
 国内で310万人、アジアで2000万人を超える犠牲者を出した日本の侵略戦争と植民地支配。
 日本国憲法は、このことを深く反省し、二度と戦争はしない、そのための軍隊も持たないと世界に宣言した戦後日本の政治の原点です。憲法9条を生かした平和外交に徹することこそ、日本が世界に貢献する道でもあり、日本を守る道です。
 私は、安倍内閣が狙っている解釈改憲による集団的自衛権の行使は、日本を否応なしに戦争に巻き込む危険な道であり、アメリカいいなり政治の行き着く先であることを訴えました。
 日本共産党は、参議院選挙で躍進した議席を生かし、平和憲法を守りたいと願う多くの国民と手を取り合って憲法改悪のたくらみ打ち破るたたかいを前進させることを誓い、平和憲法を守る運度に、みなさんもご一緒に取り組みましょうと呼びかけました。(訴えの詳細は日本共産党徳島県委員会のホームページをご参照ください。)

ご神木:樹齢200年以上(?)の椿

昨日は、私の実家の松山へ行き、父の墓参りをしてきましたが、今日は、上村家の旧宅へお墓参りに行ってきました。 
 上村家の旧宅近くには「山の神さん」(写真左)が奉られています。大山祇神社の碑(写真右)にあるように、「1797年に井関伊勢行者により遷宮」の記載があります。この横に椿(写真下)があります。樹齢200年以上と推定されていて、いわば御神木のような存在だそうです。道路拡張工事の影響か、以前より葉の茂り方が悪くなっているのが気になりますが、周囲の樹木を圧倒する存在感はさすがです。
 上村家は江戸時代以前から続く土着農民とのことで、お墓参りなどで旧宅に行く度に悠久の時の流れを感じます。
 

お盆の準備

 今日はお盆を迎える準備で、朝から大忙しです。家の掃除をし、床の間の掛け軸を「十三仏」を描いたものに掛け替え、盆棚をしつらえて、飾り付け、供え物など、結構手間がかかります。
 私は、掃除と掛け軸の掛け替え、盆棚のしつらえ、お供えのお団子づくりを担当。義父がお墓の掃除、義母が、飾り付けと供え物の準備、というように、いつのまにか役割分担ができあがっています。
 13日~15日は、お灯明とお膳のお祀りも加わります。
 我が家は本家なので、子ども達が中学生くらいの頃までは、この時期は来客が多く、大変にぎやかでした。でも、今は、親戚のほとんどが高齢になって、すっかりお客さんも減ってしまいました。
 ちょっと寂しい気もするのですが、家族水入らずでゆっくりするお盆もいいものです。
 (夫が家の外回りを掃除していて、軒下にスズメバチの巣があるのを見つけました。夜になったら退治すると言っていたのですが、くたびれたのか、もう寝てしまいました。)

日本共産党創立91周年記念講演会


 日本共産党創立91周年記念講演会のライブ中継に参加してきました。
 今回の選挙戦で当選した東京都議17名、参議院議員8名の紹介、挨拶の後、志位委員長の講演がありました。
 15年ぶりの躍進で当選した議員が並び、圧巻でした。ベテランから若手まで、層の厚い議員がそろい、党のなかの新しい風も感じることができました。
 志位委員長の講演も、これまでの十数年の不屈のたたかいが実った勝利であることをしっかりと味わい、今後のたたかいと将来の展望まで縦横に語られ、歴史的な勝利をおさめた年にふさわしいスケールの大きな内容でした。
 この歴史に残る選挙戦で、選挙区候補として躍進の一翼を担えたことは、私の人生の宝です。この喜びをエネルギーとして、今後のたたかいに全力で取り組むことを誓いました。
 それにしても、仁比さんの、心を揺さぶられるような迫力ある挨拶は素晴らしかった!!(まるで選挙中の演説のようでした)徳島で開催される、仁比さんを招いての8月19日の勝利&国会報告会が楽しみです。

反原発集会で通行人が発言

 定例の金曜日18:00からの徳島駅前での反原発集会は、今日で57回目を迎えました。
 参加者18名で、いつものようにリレートークしていると自転車で通りがかった女性が立ち止まり、飛び入り発言してくれました。
 原発をなくしてほしいと思いながらもなかなか行動に参加するまでには至らなかったそうです。「私の思いも代弁してくれている、どうか今後もよろしくお願いします。」と言われていました。
多数の通行人を前にしての発言は、なかなか勇気のいることです。きっと同じ想いでいながら、声をあげることをためらっている方がたくさんいることでしょう。集会後のパレードでは、若い男性が「原発反対!」の声にリズムを合わせてうなずいてくれていました。あきらめずに声を上げ続けることは大切です。
 福島原発事故で増え続けている放射能汚染水。これが海に漏れ出ていることを東京電力は参議院選挙後まで隠していました。事故は収束するどころか、海洋汚染まで引き起こすという最悪の事態。しかも、まだ事故の真相も明らかになっていません。原発再稼働や輸出など、どんな理由をつけても許せません。

(写真は、集会参加後に撮影した新町川の風景です。)

健生西部診療所前で「九条の会」の朝宣伝に参加

 今日は、三好市井川町にある健生西部診療所に選挙後のご挨拶に伺いました。
 ちょっと早くに到着したので、「九条の会」の朝宣伝にも参加しました。
 職員のみなさんや地域の九条の会の方が、診療所前の国道沿いに並んで、「憲法九条を守ろう」とプラスターを掲げてアピールしています。(一番右端に、地域の九条の会の方がつくった手書きの看板も見えます)

夏の花々

 佐那河内の国道沿い。猛暑にも負けず、あんまり鮮やかに咲いているのでちょっと車を止めてパチリ!。
 それにしても連日の猛暑。近年まで雨量豊かで渇水などほとんど経験しなかった徳島も、今年は渇水の心配があるとのこと。一方で関東や山陰では異常な大雨。人間の文明に自然が逆襲しているかのようです。
 選挙中は暑さもわりと平気だったのですが、選挙が終わり、日常がもどってくるに従い、「暑い、暑い」とフーフー言っている自分に気付き、思わず苦笑いが出ます。

党創立91周年記念講演会 ネット中継にご参加ください

日本共産党は7月15日に創立91周年を迎えました。
 戦前から侵略戦争に命がけで反対し、激しい弾圧のなかでも不屈に活動の灯を守り通した日本共産党。
 今回の東京都議選、参議院選挙での躍進の意義、今後の党の活動方向など、志位和夫委員長がお話しします。東京都議や参議院議員のみなさんもお目見えします。東京の記念講演に実際に参加しているような臨場感あふれるネット中継です。東京に行きたくても行けないみなさん、ぜひご参加ください!!
(8月10日、13:30会場 14:00から開始 アスティとくしま2F 第4会議室) 

地元の声

地元、佐那河内で御挨拶にうかがった方に選挙結果報告をさせていただいています。団体への挨拶まわりなどや会議でなかなかまとまった時間が取れませんが、半日単位でぼちぼち回っています。
 「ようけもえて(票が増えて)よかったね。」と善戦・健闘を喜んでいただいたり、「これからが本番やね。頑張ってよ。」と公約実現に向けての期待を表明されたりすることがほとんどです。
 日本共産党の議席の真価が問われる新たなステージの幕開けです。
 消費税増税と社会保障改悪ストップ、TPP交渉からの撤退、原発再稼働を止め、エネルギー政策の転換を求めるたたかい、憲法を守り、平和を守るたたかい等、どの課題も待ったなしです。
 この国政の大きな問題を国民の立場に立って解決していくたたかいに全力で取り組みます。
同時に、第三の躍進の波のはじまりを次の飛躍につなげるために、党の自力をつけていく活動にも一歩一歩取り組んで行きます。
 国道沿いの朝顔の群生。濃い緑色に散らばる紫。夏の日差しのなかで、「一服の涼」ですね。 

レストラン、クイーンベリー

 しらさぎ台のレストラン、クイーンベリーで、ランチを食べました。
 佐那河内に住みだしてから何度か立ち寄ったことがあり、落ち着いた雰囲気のなかでゆったりできるので、気に入っていたお店です。
 選挙中にも上八万支部の方とランチを食べたり、宣伝カーで休憩に立ち寄ったりさせていただきました。 お店を出して30年以上になるそうです。
 2人組のお客さんが、「この店は昔から変わらないね。味も変わらないし、(料理が出るまでに)時間がかかるのも変わらない。」と話ししていました。(写真は、テーブルの上の季節の草花とランチについていたデザートです。)