JAL不当解雇撤回闘争をご支援ください

 本日18:30から自治労プラザで「JAL不当解雇撤回闘争に勝利する四国キャラバン徳島集会」が開催されました。
 JALは倒産後、「空のネットワークと国益の確保」の目的で政府指導の下で再生がすすめられてきましたが、この過程で、2010年12月31日にパイロット81名、客室乗務員84名、計165名を整理解雇されました。 
 JALの更生は順調に進み、整理解雇が行われた時期にはすでに千四百億円以上の利益が出ていた上に、希望退職者数が削減目標を大きく超えていたにもかかわらず、・・・!

 解雇されたパイロットと客室乗務員が、「この不当な解雇を撤回せよ!職場にもどせ!」と解雇無効を訴えて裁判闘争を行っています。私も「支える会」の会員です。

「裁判ではいくら自分たちの正当性を証明してみせても、それだけでは勝てない。国民の世論が味方してくれるかどうかにかかっている。」と訴える原告団の方の話は胸を打つものでした。

 今、安倍内閣がすすめようとしている解雇自由の社会を許さないためにも、このたたかいを勝利させなくてはけません。
JALの不当解雇の真実を知らせ、このたたかいを支援する仲間の輪をもっともっと広げることが必要です。

 このブログを読んだみなさん、JAL不当解雇撤回裁判原告団=JAL原告団のホームページを是非のぞいてください。そして、「支える会」の会員になってください!! 
(ホームページのアドレスはこちら→ http://jalgkd146.org )

台風の最中、国内の原発稼働、1年2か月ぶりにゼロへ

 大型の台風が日本列島を縦断しているため、各地で大雨になっています。徳島も朝から激しい雨が降り続け、大雨・洪水警報や土砂災害警報が出された地域もあります。
 今日の集会や会議も相次いで延期となり、予定変更を余儀なくされましたが、仕方ありません。各地の被害状況も心配です。私の自宅の前には園瀬川が流れていますが、近くの沈下橋はとっくに濁流に隠れています。みなさんのところは、大丈夫でしょうか?

 ところで、この台風の最中、大飯原発4号機が夕方から定期検査のため停止作業に入ったとのことです。日本は、もうあと数時間で1年2か月ぶりに原発ゼロとなります。夏の電力使用ピークは過ぎており、原発稼働ゼロでも電力は足りる見込みだそうです。
 人類がいまだコントロールできない原発は即時ゼロへ!!
私たちは、原発にしがみつく政治から、原発をなくし、安全安心のエネルギー政策への転換を求めて、粘り強く運動を続けます。
 

原発即時ゼロを求める金曜日行動に参加

 夜6時から毎週金曜日に開催されている、アミコエスカレーター前の原発ゼロを求める集会に参加しました。
 今日は、全国の脱原発行動を撮っているという「脱原発デモカメラマン」が取材に来ていました。スレンダーなイケメンの若者(29歳)で、参加者一同興味津々で話しかけていました。明日は香川で取材するのだとか。映像ディレクターの仕事をしながら、土日は全国を駆け回り脱原発デモの取材をしてまわっているそうです。彼の頑張りにも頭が下がります。徳島ラーメンのファンだと聞いて、みんなの親近感も一層増したようです。
 原発事故で家族と離れて避難してきた母子が2組参加していたり、集会に興味を持って質問してくる女性がいたりと、今日はちょっと新しく嬉しい展開がありました。

 

反原発集会からの帰り道、イルミネーションがきれいだったので、思わずパチリ。まるで、この周辺だけクリスマスのような雰囲気です。
 日中はまだ蒸し暑い日が続いていますが、夜も7時になるとすっかり暗くなってしまいます。やっぱり秋ですね。

徳島駅前宣伝

 定例の金曜日の駅前宣伝です。
 私は消費税増税反対と原発の汚染水処理問題などについて発言しました。
 金曜日の夜6時は、アミコエスカレーター前で毎週開催されいている原発即時ゼロを求める集会とパレードがあること、9月15日(日)には、県内各地で消費税増税反対一斉宣伝行動が予定されていることを紹介し、ご一緒に声を上げましょうと呼びかけました。

日本共産党創立91周年記念講演会のダイジェスト版のお知らせ

 一昨日から毎日会議続きで、少々食傷気味?です。それぞれ大事な会議なのですが、現場で動きまわっていないとなんとなく落ち着かないのは、長年看護師として現場で働いてきた習性が身についているからでしょうか。
 今日、会議の合間にDVDで日本共産党創立91周年記念講演会のダイジェスト版を視聴しました。党中央委員会のホームページにも掲載されています。100分ほどのものが、36分に集約されていますが、最近の画像も掲載されていて、当日オンデマンドで視聴した人でも見応えがあると思います。
中央委員会のホームページを探すのがめんどうな方は、下記のアドレスからでも入れます。
                            
 http://youtu.be/5WGy6XXhzlQ

9月8日 全県女性党員会議開催

 「女性の力を発揮して 安倍内閣の暴走とたちむかい、党躍進の道をきりひらこう」をテーマに全県女性党員会議が開催されました。討論では、明るくパワーあふれる発言が相次ぎました。
  
ソフトな口調で党の方針を語る講師の平兼さん
 

私も、参議院選挙区候補として御挨拶しました。

素敵な笑顔で活動報告をする古田県議 

9月8日 日曜市で宣伝

 8時~徳島市の繊維団地で開催されている日曜市で、定例の宣伝をしました。
 宣伝前には、選挙中に私の「追っかけ」をしていましたと、TV局の方から声をかけられてびっくり。
 演説中には、たくさんの方から声援をいただき、終了時には拍手まで。まるで選挙中のような宣伝でした。

9月7日 県医労連 「いのち守るキャラバン宣伝」 で挨拶

 徳島県下で働く医療・介護労働者の労働組合が加盟する徳島県医療労働組合連合会=徳島県医労連 が、「いのちを守るキャラバン宣伝」をJR徳島駅前で行いました。
 私も日本共産党徳島県委員会を代表して、連帯と激励の挨拶をさせていただきました。
あいにくの土砂降りの雨で、人通りも少なく、医師・看護師・介護士増員、夜勤改善をめざす署名活動はできませんでしたが、傘をさして宣伝している組合員に近寄ってきて「署名しましょうか?」と声をかけてくださる方もおられました。
 日頃、患者さんのために献身的に働く医療労働者への信頼と共感を実感させられる光景でした。

雨上がりの風景

 大雨の後の快晴。空気もさわやかです。なんだか緑の色が一段と濃いように見えるのは気のせいでしょうか?
 今日は県医労連の第41回定期大会で挨拶しました。医師・看護師・介護職員などの増員や夜勤改善など、医療・介護の現場で働く労働者の労働条件改善と国民の求める安全安心の医療・介護への改善、負担軽減を目指す運動を車の両輪としてすすめている医労連にエールを送り、ともに頑張る想いを込めました。

雲はすっかり秋の様相です。
 明日は、県医労連が徳島駅前でナースウエーブ(夜勤改善と増員を要求する署名活動)に取り組みます。こちらにも参加し、挨拶する予定です。

秋の夜の独り言

今、テレビで、福島第一原発の汚染水問題が話題になっていました。
 安倍首相は、国が一丸となって対策をとると宣言。470億円を投入するそうです。遅きに失した感が否めません。しかも、その対策は周囲を凍土で囲って防御するという未知数のもの。
この対策が仮にうまくいったとしても、溶解した核燃料を冷やし続ける限り汚染水は増えるわけで、根本的な対策にはなりません。  
 今後は、増え続ける汚染水を放射能除去処理をした上で海洋投棄する方針だとのこと。現在の技術では放射能を完全には除去できないわけですから、海洋投棄は地球規模で放射能汚染を広げることを意味します。現在も漏れ出ているのだから仕方ない、そう思わせるようにしてきたのではないかと思うのは勘ぐりすぎでしょうか?試験操業をも中止せざるを得なかった漁業者の苦しみと怒りは、はかり知れません。海の幸を安心して食せないような事態は私たちにとっても重大です。
 政府は一刻も早く原発事故の収束宣言を撤回し、世界の知恵を結集して対策にあたるべきでしょう。
こんな時に、原発の再稼働、輸出など、とんでもない。
「原発にしがみつく政治から、原発は即時ゼロへ、自然エネルギーなど、安心安全のエネルギー政策への転換をはかる政治へ」参議院選挙で訴えた政策の実現に向け、多くの人と繋がって、声を上げていこう、行動していこう。虫の音を聞きながら、一人想いをめぐらしました