12月議会が閉会しました

21日、12月議会が閉会しました。

閉会日の議案の採決で、日本共産党県議団が反対した議案は以下の2点のみ。

その他の議案には賛成しました。

 

1)補正予算

従来から反対している旧吉野川流域下水道事業やマイナンバー関連の予算が含まれているからです。

達田議員が反対討論に立ちました。

 

2)消費者庁の徳島移転を求める意見書

多くの省庁にまたがる問題を扱うことが多く、テレビ会議やICT技術活用では補えない活動が求められる省庁。

地方移転によって消費者庁の機能が弱められ、消費者行政の後退に繋がる可能性があるとの消費者団体や日弁連の反対意見を踏まえ、反対しました。

山田県議が反対討論に立ちました。

続いて賛成討論に立った自民党県民会議は、唯一「地方創生」を論拠とし、テレビ会議やICT活用で対応できるといった内容で、反対討論に答える内容としては、まったく説得性に欠けるもので、拍子抜けでした。

徳島県議会 本会議を傍聴の画像(1/1)

盲導犬とともに亡くなった山橋さんの交通事故を教訓に、車両の警報装置作動を義務づける条文を含んだ「障がいのある人もない人も暮らしやすい徳島づくり条例」は、全会一致で採択されました。

この条例は、2014年に国連の条約に批准したことを受けて今年6月に制定された、国の障がい者差別撤廃条約の具体化で、中四国では初めての条例制定です。

この話題は全国ニュースで取り上げられました。

新婦人の会 県本部大会に参加

2015-12-21 08.50.16   12月20日(日)新婦人の会 第30回県本部大会に参加しました。

 

新婦人の会は、世代を問わず、自分たちの好きなことに仲間と一緒に取り組みながら、社会にも目を向けて、学習し、行動しています。

女性の平和への想いやくらしの願いを広く結集し、社会に向けて発信する、新婦人のパワーと行動力はずば抜けています。2015-12-21 08.51.46

報告も、地域での取り組みから全国母親大会、NPT会議が開催されたニューヨークでの活動報告まで、幅広いものでした。まさに、「ご近所から世界まで」新婦人の会の活動の幅の広さを示しています。

 

今年は、子育て子組を立ち上げ、毎週班会を開催している若いお母さんの報告もあり、参加者の注目を浴びていました。

会場には、布ぞうり小組、パッチワーク小組、絵手紙小組等々の作品も展示され、明るく楽しい雰囲気にあふれていました。絵手紙 パッチワークなど

新婦人の会に、あなたも、参加してみませんか?3人いれば、班がつくれますよ。20151220_102356

戦争法廃止を求めて  12.19 行動に参加

10425428_443595472512418_754675062717846214_n[1]19日、戦争法の廃止を求め、憲法共同センター主催で取り組まれている宣伝行動に参加しました。

この行動は、戦争法が強行されてから連日、お昼休み宣伝として取り組まれているものですが、19日は、「月命日」として、多くの団体、人々が参加しました。

リレートークでは、19歳の青年の飛び入り参加もあり、注目を浴びていました。

戦争法を廃止し、「集団的自衛権」行使容認の閣議決定を取り消すために、力を合わせよう と、粘り強い運動が続けられています。

12373319_443595442512421_4488512675067115861_n[1]来年の夏の参議院選挙で絶対多数を確保したら「今度は憲法改正」、と目論む安倍政権。そうはさせませんよ!! 😡

見事な書道パフォーマンス

書道パフォーマンス中の3人徳島県議会・徳島県議会芸術文化振興議員連盟が主催した書道パフォーマンスが、県庁の議会棟ホールで開催されました。

四国大学 文学部 書道文化学科の学生さんが見せてくれた見事なパフォーマンス。
今年で3回目だそうです。

芸術は、心を豊かにしてくれるものだとつくづく思いました。

「人を思いやる心は争いのない希望に満ちた世界への扉 消えることない傷跡を忘れず生きていく」
素晴らしい言葉に勇気をもらいまいた。

理系の大学ばかり偏重する今の政府に、「物申す!」・・・といいたい気分です。

書道パフォーマンス全体20151218 (1024x361)

寒さに負けずに

12360050_443170325888266_2168990471159160434_n[1]今朝の徳島駅前宣伝。宣伝カーの車上に上がると、凍えるような冷たい風が吹き荒れて、・・・。
私は、マイクを握って、戦争法廃止、消費税の軽減税率の問題など訴えましたが、途中から口元が寒さでこわばり、ろれつがうまくまわらない!
古田書記長も、山田県議も、いつもの笑顔が消えて、厳しい表情。

駅前では、機関メンバーみなさんが、寒風に負けず、27日の演説会のチケットを元気よく配っていました。

10437406_443170292554936_3457819441382064521_n[1]

戦争法廃止の2000万人署名の取り組みと合わせて、10日後の演説会成功を!と気持ちは焦るのですが、・・・。
年末の多忙な時期、課題は山積み。寒さに負けず、頑張ります!

委員会審議を振り返って

12月議会の委員会審議が16日に終了しました。

文教厚生委員会の保健福祉部関係では、私は、策定中の地域医療構想について、医療難民を生み出すような国の政策の流し込みにならないよう求めました。
この分野では、自民党の委員から、介護離職問題や地域包括ケアが進まない原因、診療報酬の問題など、国の医療・介護政策への批判に通じる質問が次々と出されたことに驚きました。

6月議会で、国に対し、地域の実情を無視したベッド削減を強行しないよう意見書を出しましたが、今議会でも診療報酬の要件等の見直しを求める意見書を出すことが提案されました。

日頃、自民党の委員とは、政策をめぐって意見が対立することが多いのですが、この分野では、一致することが多々あります。国の政策が、国民の願う方向から乖離していることから来る矛盾の現れでしょうか。

しかし、教育分野では、「改正」地方教育行政に基づく「教育改革」に賛同。知事の意向に基づいた教育行政の具体化を与党として推し進めています。

18歳選挙権実施を前にした主権者教育では、教員に、たとえ生徒から「先生はどう思う?」と聞かれても、自分の考えを言ってはいけないなどと「政治的中立」の強制を強いる方針を確認する始末。

環境特別委員会では、質問のなかで、前日の伊方原発の冷却海水漏れの事故への対応について触れると、委員から「それはこの委員会の付議事項でない」とのヤジ。
私は、「伊方原発に重大事故があれば、この徳島も放射能汚染から免れない、まさに県民にとって重大な環境汚染問題。議論できない方がおかしい。」と抗議しました。
2015-12-15 11.07.22 理事者は、伊方原発の問題は立地県の愛媛県知事の判断を尊重するとの回答。今回の事故については、徳島にも四国電力から通知があったことで「よし」とするという態度です。
防災特別委員会でこの問題を取り上げた達田議員も、原発については担当する部署がないとなげいていました。

今日の県議団会議では、それぞれ所属の委員会での審議内容を報告し合い、課題を共有。21日の閉会日に議決する議案への態度と討論内容について相談しました。

明日は、閉会日に行う議案に対する討論の原稿を持ち寄り、仕上げをします。

 

 

 

夜のケンチョピア

2015-12-13 17.49.00今日で委員会が終了。明日は県議団会議で、閉会日に向けての意思統一と準備をします。議員団の議会報告 新年号の仕上げも残っています。

解決できていない相談事への対策も、27日の演説会も成功させなくては、・・・。

あれもこれもと考えを巡らせながら県庁を出ると、目に入ってくるケンチョピアの夜景が美しい。

ヨットが波に揺れるたび、帆に飾り付けられた電飾がゆらめいて、幻想的。

私の好きな風景の一つです。

 

 

明本上勝町議5期目へ 町民の期待を背負って

12360334_442446825960616_1507242783892749604_n[1]上勝町の町議選挙。

無投票となり、日本共産党の明本町議候補の5期目当選が決まりました。

告示の朝、出発式(出陣式)に参加しましたが、「町民の暮らしを守り、国の悪政にキッパリNO!と言える議席が、どうしても必要です。なんとしても、明本さんにもう一度議会に上がってもらわんと!」との応援団の訴えが心に響きました。

「明本さんの自宅の裏には、旧役場が建っている、この前には小学校、あちらには映画館もあった。私の町内は昔は200人もいたが、今ではたった7軒。」近所の方の話に、参加者からため息が漏れました。12360265_442446779293954_7830262386896702224_n[1]

「彩 いろどり」などで有名な町ですが、過疎化は深刻。国保基金の溜め込みなど、課題も色々とあります。

 

明本町議への期待は、ますます高まっています。4年間、体調に気を配りながら活躍していただきたいものです。

 

月曜は二軒屋駅前へ

12369122_442442775961021_2735288167492965920_n[1]定例の二軒屋駅前宣伝の風景です。
いつものように、へいもと市議とともに、議会報告と戦争法廃止の訴えをしました。

この日は、いつもより挨拶してくださる方が多く、温かい気持ちになりました。

委員会準備のため、寝不足でちょっとぼんやりした頭も、宣伝で訴えた後は、スッキリ!
気持ちよく県庁に向かいました。

「徳島県議会100年」の石碑

にこやかに写真撮影 213日、午後から県議団会議を開催しました。

12月議会対策に、県議団の議会報告 新年号の準備もと、慌ただしい中、

新年号に掲載する写真も撮影しました。

議会棟の前庭をバックに撮ってもらいました。

この前庭には、徳島県議会100年の歴史を記念した石碑がありますが、じっくり眺めたのは初めてです。

県議団3人で力を合わせ、この石碑に恥じない活動を、と改めて誓いました。