関西SEALDS来る! 徳島でトークセッション

12631550_414716562069047_3367982723088483254_n[1]20160124_152950-1

24日、「SEALDSと語る日本の未来ー安倍政治にブレーキを」と題してトークセッションが開催されました。

関西SEALDS(シールズ)と徳島大学の学生さん、とくしまママの会の大西さん、日本共産党の三ヶ尻りょう子さんが、安保法制廃止の運動をめぐって語り合いました。
(参加予定だった大西そう弁護士は、高知県に行っていて、雪のために帰って来られず、欠席)

 私は、別の会議に出ていたため、後半の途中からしか話が聞けませんでしたが、まずは会場が満杯で立ち見がでるほどの盛況だったこと、若い方の姿が多く見られたことに驚きました。

市民のこの問題に対する関心の高さが現れていると思いました。

司会者から、「戦争に行きたくない」というのは、利己主義ではないか?、デモや集会では政治は変えられないという意見についてどう思うか?と問われた時のシールズの2人の発言が印象的でした。

「誰も戦争に行って誰かを殺したり、自分が殺されたりしても良いと思っている人はいないと思う。生きたい、幸せに暮らしたいと思うことは当たり前の権利。利己主義ではない。」

「私たちは、誰も戦争に行かなくてよい日本でいてほしいと思っている。」

「デモや集会をしても法案を止めることはできなかったが、7月に通るといわれていた法案が9月までずれ込んだのは、国会の中のたたかいだけではない。私たちの運動が国会の中のたたかいに大きな影響を与えたことは確か。そういう意味では、政治を変える力になっていると思う。」

「選挙ですべての民意が示されるとは思わない。民意が反映されていないと思うことは、私たちが声を上げていく。政治家は選挙で選ばれる。私たちの声を聞かなければ、選んでもらえないと思わせなくてはいけない。」

一つ一つの発言が新鮮に心に響いてきて、うんうんとうなずきながら聞きました。

三ヶ尻さんが、安保法制や立憲主義などの問題について、しっかりと語り、立ち位置を明確に示したことは言うまでもありません。

今年2度目の雪です

12512561_453228241549141_3042144626038312933_n[1]

23日から降り出した雪は、24日午後から、いっそう勢いを増しました。

朝、定例の日曜市宣伝に出る頃は、村内は吹雪。繊維団地は、さすがに雪は降っていませんでしたが、お店はほとんどお休みで、お客さんもちらほら程度。

せっかく来たのだからと、マイクを手に短めに訴えました。それでも、何人かの方が手を振って声援を送ってくださり、体は冷えても心は温まりました。

写真は、17時頃の徳島市内中心部。

会議を終えて、帰宅するまで、これ以上降らないで、と願いながら、車を走らせました。

徳島駅前で朝夕宣伝

12508932_452621458276486_5273539804175124488_n[1] 23日(金)の朝は、「消費税の廃止を求める各界連絡会」のみなさんが毎月行っている宣伝行動日でした。 私も、定例の徳島駅前宣伝の前に、一緒に消費税10%への大増税ストップを訴え、チラシ配布も手伝いました。

 

12494819_452621484943150_2206945494591360652_n[1]定例宣伝では、古田県書記長、山田豊県議団長とともに、戦争法の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定取り消し、消費税の軽減税率のまやかし、TPP問題などの国政問題での訴えと合わせて、県議団の取り組みなども報告しました。

10時からの県議団会議の前に、行きつけの喫茶店で休憩を。テーブルの上の花が、目を楽しませてくれます。12592309_452621511609814_1138005312315202073_n[1]

夜は久しぶりに原発反対の金曜日行動へ。 金曜日行動は、今夜で185回目でした。 12540542_452621528276479_7002298067599165947_n[1]

ごみ処理問題を考える会の準備会開催

23日(土)、19時30分~、「佐那河内のごみ処理のあり方を考える村民の会(仮称)」の準備会がありました。
大型ごみ処理施設建設計画の白紙撤回は実現しましたが、これで一件落着と、終わりにするのではなく、村のごみ処理を今後どうしていくのか、住民自身が考え、行政にも提案していくことができるようにしていこうというものです。
ごみ処理は、住民と行政が力を合わせなければ、うまくいきません。illust3300thumb[1]
新村長が選出され、新たな船出をした村です。今までの運動の蓄積を今後の会に繋げて、村にも提言できるような取り組みにしなければと、あらためて思いました。

全県議員会議開催

12376368_452611471610818_6284103776746723656_n[1] 21日、全県議員会議が開催されました。

9月に開催後、今年度2回目です。

午前中は、県委員長報告の後、その後はそれぞれの自治体の状況と活動を報告し、交流しました。

他会派の議員とも一致できる課題で共同して行政を動かしている経験も出されるなど、複数の議員がいる市町、一人しかいない市町、それぞれ状況は違っても、議会のなかで、掛けがえのない役割を担っていることは共通していると、あらためて実感しました。

今、日本共産党の議員は県下に27名いますが、空白の自治体もまだ多く残っています。この克服も急がれます。

 

 午後からは、議員相談室の山口室長を招いて、各省庁の方針や新年度予算をどう見るか、国会での論戦の到達などを学習し、質疑で深めました。

現場で即役に立つ資料もたくさん用意していただいたので、しっかり自己学習し、活用していきたいと思います。

ゴミ問題を考えよう! ゴミ問題学習会(講演会)のご案内

20日、佐那河内の「ごみ処理場建設計画の白紙撤回を求める村民の会」世話人会が開かれました。

ごみ処理場建設の白紙を訴えた新村長の誕生で、白紙撤回の目的は果たしたのですが、今後もごみ処理の問題について村民が自主的に考え、行動する運動は続けようと、話し合いを重ねてきました。

1月30日に、白紙撤回の会の総会と、ごみ処理問題の専門家を招いての学習会を開催。その後に「ごみ処理を考える会(仮称)」の結成をよびかけることとなりました。12400625_452145091657456_1708756707332186557_n[1]

 学習会は、誰でも参加OKです。もちろん、村外の方の参加も歓迎します。

1月30日(土)18時30分~村農業振興センター(役場のとなりの建物)1階 第会議室
講師は、ごみ問題の専門家、岩佐恵美さんです。

みなさんのご参加をお待ちしています!

憲法守る政治を!戦争法廃止求めて「19日行動」

20160119_124924 (1280x720)昨日、19日は、全国一斉の「19日行動」に呼応して、徳島駅前宣伝も27名参加で、いつもより賑やかに。

憲法共同センター所属の各団体のリレートークと安保法制(戦争法)廃止の署名を訴えました。

私の地元、佐那河内村の方が署名に協力してくださったのですが、赤旗記者に、父親が3回も招集された経験を語ったと後から聞きました。
「戦争させないための署名なら協力します」と言って署名してくださった方もいます。

 憲法を踏みにじって「戦争する国」にしようとしている安倍自公政権を国民は許さない!この思いを目に見える形にするこの署名、もっともっと広げていく取り組みが求められています。

最後に、参加者全員で、「憲法守れ!」「戦争するな!」とコールし、行動を終わりました。
20160120_135959-1 - コピー (1198x1280)

この日の行動は、今日の、しんぶん赤旗 西日本のページに、掲載されました。(左の写真)

 

 

初雪降る

12507239_451388838399748_6607974665550796550_n[1]19日、徳島も初雪に見舞われました。

写真は、今朝の7時過ぎの我が家の庭先です。
深夜から雪が降りだし、今朝は一面の銀世界。
しかし、例年に比べたら、ずいぶん遅い初雪です。

北海道や東北では、激しい風雪による被害が次々と報道されています。

徳島もまだこれから降り積もるとの予報。

昨年のような被害が出ないことを祈っています。

安倍首相&麻生財務大臣に「宿題」  小池晃副委員長の消費税増税、貧困問題質疑

18日、参議院予算委員会で、日本共産党の小池晃副委員長が消費税増税、貧困問題をテーマに、質疑を行いました。

軽減税率の見積もりの矛盾を突かれて、安倍首相も麻生財務大臣も答弁に窮し、「宿題」とするなど、政府のいいかげんさが露呈。

貧困問題でも、安倍首相のいい加減な答弁を一刀両断。

さすが、小池さん、とてもわかりやすい、小気味よい質疑でした。

(日本共産党中央委員会のHPから録画をシェアしました。)

新春のつどいに参加 

12376189_412708815603155_304441281948596651_n[1]1月17日(日)、日本共産党徳島市後援会の新春のつどいに参加しました。

参議院徳島・高知合区予定候補のみかじり亮子さんも駆けつけ、議員団と一緒に、あいさつしました。

この日、都合で来られなかった春名なおあき参議院比例予定候補は、ビデオメッセージでご挨拶。

12512821_412708925603144_6735247926376944973_n[1]「なでしこ」さんの歌声、和太鼓演奏などの催しものと後援会のみなさんが持ち寄った手作り料理を堪能しながら歓談し、楽しいひとときを過ごしました。

 

この後、生活と健康を守る会(全生連)の新春のつどいにも参加しました。

ここでは、みかじりさん、わたなべ市議、私の3人が勝浦軍団に引っ張られ、ドレスを着て舞台へ。「笑いヨガ」で、参加者のみなさんとともに思い切り笑いました。12508803_482082608641816_755196371278124753_n[1]

目前の市長選挙で市民の声を聞く市政への転換を果たし、7月の参議院選挙で戦争法廃止、消費税再増税ストップの声を届ける議席を得るため、この1月からダッシュを!

楽しい行事のなかにも、新しい政治を求めるみなさんのエネルギーを感じたつどいでした。