社会保障はどうなる?どうする?

県社会保障推進協議会の記念講演会に行ってきました。

記念講演では、長友薫輝氏(三重短期大学 生活学科教授)が「社会保障はどうなる?どうする?」と題し、社会保障とは何か、介護・医療等をめぐる政府の政策動向とはどういうものかという話から、今後のたたかいの展望(介護保障・医療保障を地域からつくる)まで語りました。

政府は、社会保障を「自己責任と助け合い、それでも足りない部分は共助」という考え方を浸透させようとしているが、社会保障は「公助」だということをしっかり念頭に置いて考えること。
社会保障が経済発展を阻害するという考え方も誤り。「平成20年版厚生労働白書」には、社会保障の経済波及効果・雇用誘発効果は公共事業などの他の産業よりも大きいと書かれており、政府自身が認めている。

生活保護制度をよくすることが社会保障のすべての分野に連動すること、健康格差対策の視点が重要など、豊富な資料をパワーポイントで紹介しながらポイントを抑えた話はとてもわかりやすいものでした。

社会保障の改悪プログラムは、すでにできあがっていて、現在進行形。特に医療・介護分野は、2018年の大転換に向けて国保の都道府県化や地域医療構想策定など、着々と準備が進められていることについて具体的な事例も紹介され、今年度の運動が重要だと強調しました。

社会保障のあらゆる分野で進行する改悪に抗する立場で運動にかかわっている者にとって、長友氏の、「非科学的な考え」が幅を効かせている現実のなかで、「客観的な事実をもとに考える癖」をつけることが大事、「理不尽な政策は変える、変えられる」という話は大変参考になり、また大いに励まされた話でした。

どうなる?どうする?社会保障  県社保協の記念講演に行ってきました。

県立テクノスクールの労金ホールで開催された県社会保障推進協議会の記念講演会に行ってきました。

講師は、長友薫輝氏(三重短期大学 生活学科教授)。「社会保障はどうなる?どうする?」と題し、社会保障とは何か、介護・医療等をめぐる政府の政策動向とはどういうものかという話から、今後のたたかいの展望(介護保障・医療保障を地域からつくる)まで語りました。

政府は、社会保障を「自己責任と助け合い、それでも足りない部分は共助」という考え方を浸透させようとしているが、社会保障は「公助」だということをしっかり念頭に置いて考えること。
社会保障が経済発展を阻害するという考え方も誤り。「平成20年版厚生労働白書」には、社会保障の経済波及効果・雇用誘発効果は公共事業などの他の産業よりも大きいと書かれており、政府自身が認めている。

生活保護制度をよくすることが社会保障のすべての分野に連動すること、健康格差対策の視点が重要など、豊富な資料をパワーポイントで紹介しながらポイントを抑えた話はとてもわかりやすいものでした。

社会保障の改悪プログラムは、すでにできあがっていて、現在進行形。特に医療・介護分野は、2018年の大転換に向けて国保の都道府県化や地域医療構想策定など、着々と準備が進められていることについて具体的な事例も紹介され、今年度の運動が重要だと強調しました。

社会保障のあらゆる分野で進行する改悪に抗する立場で運動にかかわっている者にとって、長友氏の、「非科学的な考え」が幅を効かせている現実のなかで、「客観的な事実をもとに考える癖」をつけることが大事、「理不尽な政策は変える、変えられる」という話は大変参考になり、また大いに励まされた話でした。

県立テクノスクールの敷地内にある労金ホールは、新しく、設備も整っていて快適でした。駐車場も無料で料金も安いのも魅力です。

浸水の後片付けは大変です

20160920_19005322日、午前中から、八万町中津浦の国道438号線沿いのお店で浸水被害の状況をお聞きした後、私の事務所の掃除にとりかかりました。

私の事務所も台風16号の大雨で浸水し、床一面に泥が残っています。電話もFAXも通じなくなっていました。ソファや壁面に残った汚れで、5cmほど水に浸かっていたことがわかります。
午後の予定までぎりぎり頑張りましたが、掃除しきれず、残りはまた後日へ。応援の依頼と打ち合わせをして、切り上げました。

 

 

 

事前委員会が始まりました

ca_02_23121日から事前委員会が始まりました。

経済委員会では、農林水産部の報告が、台風による被害状況について一言もなく、平常通りの議案の説明だけだったことに、自民党議員からも怒りの声が上がりました。

「市町村からの報告をいただいている最中で、まだ全体の把握ができていないため、後日報告させていただこうと思っておりました。」と、県幹部は言い訳しましたが、昨日から各地で被害状況の把握と対策をと走り回っていた議員にとって、真っ先に聞き、対策をと思っていたのにと、私も唖然とした思いです。

熊本地震を教訓に、直下型地震への対策も必要と、溜め池や農地防災など補正予算での新事業が提案されていますが、台風直後の委員会で、今わかっている範囲での被害状況や対策など、部分的にでも話し合われるのが当たり前というのが県民感覚です。

 

商工労働部では、今議会で改正される中小企業振興条例の改正案も提案されましたが、これについて質問したのは私だけ。
徳島の経済活性化は、事業所の9割近くを占める中小企業のみなさんの頑張りが頼りです。
国は、従来、「中小企業」とひとくくりにしていましたが、小規模事業所にも光を当て、その持続的発展を支援することが地域経済の活性化に繋がると、小規模企業振興基本法を策定しました。これを受けての県の条例改正なのに、と、ちょっと肩透かしをくらった感じでした。

23日は、次世代人材育成・少子高齢化対策特別委員会の事前委員会。その後、県議団会議で、一般質問の大項目を決める予定です。
日本共産党の一般質問は、10月5日15時5分~党を代表して、私が登壇予定です。しっかり準備して臨まなくては(;_;)/~~~!

台風16号襲来! 

渇水続きで、台風も関東から北ばかり、これも地球温暖化の影響かな?と言っていたら、台風16号が襲来。

徳島県下全域も大雨で道路の冠水や田畑や住宅・店舗の浸水等、大変な被害が出たようです。

私も、国道438号線の冠水による通行止めで、夕方近くまで自宅から出られず。16時過ぎからやっと車で外出することができました。

私の事務所のある八万町中津浦付近も道路の冠水で、住宅や店舗も浸水被害に遭いました。

園瀬川の改修工事も済んで、もう浸水被害は出ないだろうと安心していたのに、・・・という声も聞きました。

このところ、「想定外」という言葉をよく聞きますが、災害列島と言われる日本、防災のあり方も再検討が求められていることを実感します。

これ以上の被害が出ないことを祈りながら帰宅しました。

 

夕方、避難指示解除後の自宅前の園瀬川の様子  潜水橋はまだ水面下に

 

佐那河内村一ノ瀬付近。国道438号線を走っていたら、乗用車が道路標識に引っかかっていました。脱輪して乗員が降りた後、冠水して流されたとのこと。人が乗っていなくて幸いでした。
国道438号線。これも佐那河内村一ノ瀬付近。土砂崩れでショベルカーが出動していました。

戦争法廃止、発動は許さない! 9.19徳島行動

講演会で開会のあいさつをする林弁護士
講演会で開会のあいさつをする林弁護士

昨年の9月19日、安倍政権が安保関連法=戦争法を強行してから1年目。
「戦争法は発動させずに廃止を!立憲主義・民主主義を取り戻そう」と全国各地で、宣伝や集会がありました。

徳島は、九条の会徳島が主催して、徳島市内で講演会とパレード、4野党共同宣伝を行いました。

あわ銀ホール5階で開催された講演会には、予想を超える220名超の参加者が詰めかけ、椅子が足りなくなるほどの盛況。
参議院選挙を野党統一候補としてたたかった大西そうさんの姿もありました。

%e8%ac%9b%e6%bc%94%e3%81%99%e3%82%8b%e6%a8%aa%e5%b1%b1%e5%85%88%e7%94%9f%e3%80%8020160919
「私たちは、今、どこにいるのか?」と題して講演する横山良名誉教授

横山良神戸大学名誉教授が、「わたしたちは、今、どこにいるのか?」と題して、昨年の戦争法強行から参議院選挙までを振り返り、市民と野党の共同のたたかいを発展させてこそ、政治革新の展望が開かれることを語りました。

 

横山先生は、「徳島では、勝利こそできなかったが、全国に先駆けて大西そうさんという野党統一候補を誕生させ、相手陣営を激しく追い上げるたたかいができた。全国で32ある1人区すべてで野党統一候補を誕生させ、一緒にたたかうなかでお互いを知り合い、連帯感を強め、最後までたたかえたこと自体が大きな成果だ」と強調しました。
また、オール徳島の12項目の政策合意は、安倍政治に代わる「新しい政治」の姿を示したものだと評価しました。

横山先生は、世界で「近代の逆流現象」が起こっているとして、ハンガリーの右派中道政権の誕生を例に挙げました。ハンガリーでは、個人の人権よりも国家の利益が優先される。これは、まさに自民党の憲法草案と同じ発想。安倍政権の狙う改憲が実現すれば、どういう国になるのかのわかりやすい実例だと述べました。

そして、「安倍政権は、一方では、憲法審査会の自民党の陣容をより安倍首相の考えに忠実なメンバーに変え、民進党を巻き込んで改憲の議論を進めながら、もう一方では、戦争法の発動で(自衛隊が)『殺し殺される』事実をつくり、憲法を空洞化し、改憲に反対する国民があきらめてしまう状況をつくるという2つの側面で改憲を進めていこうとしている。我々の戦争法廃止のたたかいは、抽象的なものではなく、まさに戦争をさせない具体的なたたかいだ」と熱く語りました。

最後に、「私たちは、継がれたバトンをつなげ続けていかなくてはいけない、そのために、『市民革命』をもう一度、私たちがやらなくてはいけない」と締めくくると、参加者から大きな拍手が起こりました。

講演後、雨脚が強まる中、多くの参加者がパレードに参加。「戦争法は今すぐ廃止!」など、元気に声を上げながら、徳島駅前まで行進し、4野党合同の駅前宣伝に合流しました。

徳島駅前では、16時30分~4野党合同の街頭宣伝が行われ、民進党、日本共産党、社会民主党、新社会党の代表が、それぞれ戦争法の廃止、立憲主義・民主主義をとりもどそうと訴えました。

日本共産党を代表してマイクを握った山田豊県議団長は、来るべき衆議院選挙で参議院選挙のような共闘が実現すれば、自公の議席を80も減らせるとした試算を紹介し、これからも4野党が共闘し、市民とを力合わせようと力強く訴えました。

日本共産党を代表し、力強く訴える山田豊県議団長
新社会党を代表してマイクを握る高開さん 

 

市民と野党の共同行動  9.19を忘れるな!

14064063_486601721547197_2760550315561181679_n119日は、「戦争法」が強行されてちょうど1年。戦争法を発動させずに廃止させ、立憲主義、民主主義を取り戻そうと、全国各地で市民と野党の共同行動が行われます。

徳島では、以下のような行動が予定されています。

天候が心配ですが、ぜひご参加下さい!

12時30分~13時  憲法共同センターの徳島駅前行動

15時 ~ 16時  オール徳島の横山良先生の講演(あわ銀ホール)

16時 ~ 16時30分 沿道パレード(あわ銀ホール→徳島駅前)

16時30分~     4野党共同街頭宣伝

(民進党、日本共産党、社民党、新社会党)

 

びっくり日曜市で定例宣伝  雨でも賑わっていました

 18日、日曜日。朝から雨模様でしたが、びっくり日曜市は意外と賑わっていました。お彼岸が近いから?でしょうか。

いつものように、元県議の古田美知代さん、地域支部の佐藤さんとともに街頭宣伝を行いました。

今、話題になっている豊洲市場の問題から、戦争法の具体化=南スーダンに派遣される自衛隊が危険な任務を担当させられる問題、沖縄の辺野古新基地建設にかかわる知事の不承認の裁判の不当判決、TPP、社会保障の更なる改悪等々、国民の願いを踏みにじって暴走を続ける安倍政権と、市民と野党の共同の力でたたかおうと呼び掛けました。

9月議会に向けて、申し入れや質問準備を行っていること、国会にも調査に行ってきたことなども紹介しました。

 

国会に行って来ました  9月定例会の論戦に活かします 

16日、党県議団3人で、国会に行ってきました。

午後から、小規模企業振興策について、清水忠史議員とともに、中小企業庁小規模企業振興課の課長補佐からレクチャーを受けました。
全国の自治体での先進例についても紹介していただき、大変参考になりました。

中小企業振興条例を策定していない自治体が、先進的な支援制度を設けている事例があることも知ることができたことは収穫でした。

この後、党国会議員団の消費者対策特別委員会の皆さんとともに、消費者庁や国民生活センター、まち・ひと・しごと創生事務局の担当者の方から、レクチャーを受け、意見交換を行いました。

消費者庁と国民生活センターの徳島への移転試行などで、国と県で、これまでに5,000万円を超える莫大な税金が使われています。党国会議員団とともに、これ以上の無駄づかいはやめるべき、消費者庁・国民生活センター等の地方移転は、きっぱり撤回すべきだと、あらためて確認しました。

%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%80%85%e5%ba%81%e7%a7%bb%e8%bb%a2%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%80%8020160916

14393895_1050963015019604_1910140670_o1-2

大人のラジオ体操  健康班会は楽しい!

 15日は、健康生協のしゃくなげ班、2回目の健康班会でした。

しゃくなげ班は、佐那河内村に先月、生まれたばかりの健康生協の班です。

今回のテーマは、「正しいラジオ体操のしかた」です。

「大人のラジオ体操」というDVDを見ながら、健康づくり事業部の若い担当者に指導してもらって行いました。
一つ一つの動作の意味を理解しながら、きちんとやると、結構きついのですが、じわっと汗が出るくらい体を動かしたので、気分もスッキリ!

 お茶を飲んで一服した後、来月スタートの健康チャレンジにも挑戦しようと、登録も済ませました。