奈良県地域公共交通網形成について学んできました

奈良県の地域公共交通網形成の取り組みついて学ぼうと、県議団で奈良県庁を訪問しました。

奈良県地域交通課、課長補佐の中川さんから、奈良県の公共交通の現状と、計画策定に至った背景と計画策定までの取り組み、今後の課題など、詳しくお聞きしました。

 

奈良県では、公共交通条例が議会提案で策定されていましたが、平成24年に交通事業者から利用者が少なく継続が困難な路線バスの運行見直しについて申し入れがあったことを契機に、知事、市町村、交通事業者の代表からなる協議会を立ち上げ、まちづくりと一体となった計画を策定したことが特徴的です。

県レベルでこうした条例を策定し、計画を策定したのは全国初だそうです。

これこそ、「ピンチをチャンスに変える」ということですね。

今後、実施状況を評価し、PDCAサイクルで計画の見直しもしていくそうです。

中川さんの熱心なレクチャーを受け、大いに刺激を受けました。

詳細な資料もたくさんいただいたので、県議団でさらに学習を深め、活用させていただこうと話し合いました。

 

県庁周囲は紅葉が美しく、さすが観光地といった雰囲気でしたが、玄関前の芝生の上で2匹の鹿がのんびりと草を食んでいたのには驚きました。

道路にも「鹿に注意」のマークがあちこちに。
奈良ではの風景ですね。

        

 

戦争法発動の閣議決定するな! 緊急抗議行動に参加

南スーダンPKOへの陸上自衛隊次期派兵部隊への新任務、「駆け付け警護」付与の閣議決定するな!

12時30分~徳島駅前で開催された憲法共同センターの緊急抗議行動に参加しました。

南スーダンは、停戦合意が崩れ、もはやPKO五原則が成り立たない
「戦場」と化していて、国連のPKO部隊も「平和維持活動」どころではなくなっています。国連も、住民の命を守るという名目での先制攻撃も認めている状況です。
そんな地域へ自衛隊が武器を持って入っていけば、現地の住民を巻き込んだ「殺し殺される」状況になることは目に見えています。

「安倍政権の戦争法発動は許さない!一昨年の集団的自衛権容認の閣議決定、昨年の戦争法強行、そして今回の戦争法発動。戦争する国づくりへのなし崩しの暴挙にはひとかけらの正義もない。
戦争法は一度も発動せず、廃止へ!憲法守れ!」と訴えました。

 

日曜市、地元で街頭から訴え 

朝はびっくり日曜市で、古田元県議と交代でマイクを握りました。

 

午前中、地域支部の会議に顔を出し、大会や演説会に向けての取り組みについて打合せ。

 

14993299_555475471324417_189918707547222325_n1
副菜3皿とご飯で500円。美味しくて格安のランチ  コーヒーは1杯160円、モーニング(チーズトースト、目玉焼き野菜添え?にコーヒーで360円!)、うどん、おにぎり、各種スムージー・・・とメニューも豊富です

午後からは、私の地元、佐那河内村で街頭宣伝。
産直市の「佐奈の里」で、ちょっと遅いランチを食べました。
500円ですが、地元の食材をふんだんに使った手作りで、美味しい!「はやとうり」と柿の酢の物は、初めて食べました。

佐奈の里で知人と出会い、11月23日の演説会にお誘いしたら、「行きます」との返事。うれしいですね。

 

休憩中、「共産党の言うことはもっともだと思うが、ひとつだけ気がかりなことがある」と、ご年配の男性から質問をいただきました。

「わしらの時代は、共産党と言うと、どうしても中国のイメージがある。共産党が政権取ったら中国のような一党独裁になる心配はないんか?」
「日本共産党は、単独政権は目指していません。連合政権でいきます。」
「それはええことじゃ。安心した。」
短時間の対話でしたが、質問をいただけることは、ありがたいことです。

佐那河内村の風景です 山々が少し色づき始めました

過労死防止シンポジウムに参加

20161112%e9%81%8e%e5%8a%b4%e6%ad%bb%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9dふれあい健康館で開催された「過労死等防止対策推進シンポジウム」に参加しました。

厚生労働省が、過労死等防止啓発月間の11月を中心に全国で開催しているシンポジウムですが、参加して、あらためて「人間らしく働き、暮らすことができる当たり前の社会」をつくる政治変革が求められていることを強く実感しました。

 

シンポジウムでは、息子さんを過労死で亡くされた西垣さん、過労死防止全国センター事務局長の岩城弁護士、名古屋大学客員研究員の三浦直子弁護士からの講演と徳島労働局の国重監察監督官からの報告がありました。

 

システムエンジニア(SE)だった息子さんを過労死で亡くされた西垣さんは、二度と過労死を繰り返させないと、過労死遺族でつくる団体の一員として過労死等防止対策推進法制定に尽力されました。
息子さんの職場の過酷な労働実態を知り、運動を起こし、法律はできたのに、無くならない過労死に、さらに実効性のある対策を求めて運動を広げておられます。
自慢の一人息子を育て上げ、「老後は一人息子と、教師時代の教え子たちと静かに送るつもりだった」と悲しみをこらえて淡々と語る西垣さんに、会場はシーンと静まりかえりました。

一日平均12時間近くの労働時間、月150時間を超える時間外労働。納期がせまると37時間もの長時間連続勤務もあったという、驚くような過酷な勤務がSEの職場では当たり前になっている、職場のほとんどの同僚が鬱状態で薬を飲みながら勤務を続けているという話は、想像を超えるものでした。
最近も、電通という大企業で長時間過酷労働で24歳の女性社員が過労自死するという事件が起こりました。

 

私も看護師として働いていた頃、長時間過密労働による「燃え尽き症候群」で職場を去る若い看護師が後を絶たないと問題になった時代があり、そのうち、若い医師や看護師の過労死が問題になり出しと、週休2日制が普及し、休日が増えたはずなのに、ますます過酷になる医療現場を何とかしたいと労働組合運動に奔走した日々を振り返りながら、今は、もっと深刻な事態なんだと思いました。

岩城弁護士や三浦弁護士のお話のなかで、労働者1人当たりの年間労働時間は統計上は、徐々に減少しているが、これはパート労働者が増加しているからで、正社員は2000時間前後で高止まりしていること、統計に現れないサービス残業(不払い残業)が蔓延している問題など、現代の労働問題が明確に示されました。

岩城弁護士も、三浦弁護士も、安倍政権が導入を狙う「高度プロフェッショナル」制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)は過労死を促進する危険性が大きいと指摘していることは重要です。

特に、三浦弁護士が、長時間働かないと生活できない状況を変えなくてはいけない、「8時間労働により、生活できる賃金を!最低賃金の引き上げ、均等待遇の原則の実現」が必要、現状を変えるために「声をあげよう!つながっていこう!広がっていこう!」「法律も政治も制度も人々の意識も変えていける」と米国の最賃引き上げの運動や大統領選挙の話も引き合いに力強く訴えられたことは感動的でした。

 

 

徳島労働局の国重監察監督官の報告は、全国的なもので、徳島県の実態の報告がなかったことは残念でしたが、県内2万社を超える事業所があるのに、県内の労働監督官は、たった12名の配置だそうです。「重点を絞った監督に努めている」と言われましたが、「担当企業全部を回るのに10年はかかる」というくらいのひどい状況で、これではとても実効性のある指導監督はできません。以前、労働監督官の物語「ダンダリン」がTVで放映されたときは、労働監督官を希望する若者が増えたそうですが、全国で2941人配置されたのがピークで、年々減らされているそうです。

 

「今の若い人は、仕事が大変で追い詰められても自分から『辞められる』と思っていない。職場の上司の『許可』が必要だと思っている。上司から『辞めるなら責任を取れ』と言われて辞めることをあきらめてしまう」という話には驚きました。
また、困ったときの相談相手が同僚や家族で、「労働組合」や「労働局」「弁護士」が選択肢に入っていないという話もショックでした。
労働組合への加入促進の取り組みとともに、労働者の権利や労働法制など、学校教育のなかで学ぶ仕組みが必要ではないでしょうか。

 

残念なのは、徳島県、徳島市が後援しているシンポジウムにもかかわらず、県も市も担当課の職員の参加がなかったことです。行政の本気度が問われているのではないでしょうか。

閉会の挨拶に立つ、掘金弁護士(働くもののいのちと健康を守る徳島県センター理事長)

 

反原発を訴えて227回目のエピソード  徳島駅前金曜行動

 今夜の反原発金曜日行動は、イレブンアクションのメンバーも加わり、25人の参加で賑やかに!

通りがかりの女性が立ち止まり、カンパしてくれました。
お礼を言うと、私に、小声で、「自民党の幹部と親しかったけど、あんまりむちゃくちゃやるから大嫌いになりました‥‥」と話しかけ、もう一度カンパしてくれました。

声を上げると、仲間の輪が広がります(*´∀`)♪

徳島駅前宣伝 さすがに寒くなりました

今朝の定例の徳島駅前宣伝は、衆院徳島2区から立候補を表明している久保たかゆき党徳島地区委員長も加わって、にぎやかに。

徳島地区委員会のみなさんも、11月23日の日本共産党演説会のご案内で駅前で宣伝行動。

11月も中旬に入り、朝の空気の冷たさが身に染みるようになりました。

(写真は、花岡さんの投稿から)