すべての原発を廃炉に 伊方原発稼働ストップ!  「さよなら原発」記念講演を聴いて

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、画面さよなら原発徳島実行委員会第6回総会で、高知大の防災推進センター特任教授の岡村 眞氏の記念講演「近づく南海地震と直下型地震―ゆれと津波の備えは万全か?―」を聴きました。

 

岡村氏は、地震地質学の専門家―池や湖の底の堆積物から津波の痕跡を探る研究の第一人者で、内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」の委員なども務めた方です。

 

講演では、現在の科学では、地下にどれだけの力が溜まっているのかがわからないため、将来発生する地震を正しく想定することは不可能であること。だからこそ、起こりうると予想されている地震と津波について、起こらないうちに備えること、それが「防災」だということを力説されました。

 

さらに、原発について、自分たちの一時的な快適さのために後始末ができない危険なものをどんどんつくり、次の世代に残していくことが大変無念だと最初に何度も強調されました。科学者としての誠実な態度と熱意のこもった話しぶりが魅力的な方です。

 

岡村氏は、日本は活断層だらけ。そのなかでも日本最大の活断層からわずか6kmという近距離につくられた伊方原発は、世界で最も危険な原発であること、また、今後起ころうとしている地震がいかに大きいと予測されるのかを、最新の研究結果をもとにわかりやすく示してくれました。

 

また、岡村氏は、四国電力が従来から「1万年前以降の活動は見られない」としていた活断層について海底調査を行い、1997年に、1万年前より後に何度も動いている証拠を発見。四国電力の説が誤りだったことを明らかにしたのに、四国電力側は、この知見を無視し、原発を動かし続けてきました。

しかも、この間の大地震はどれも最大の揺れが1,000galを超えているのに、伊方原発が想定しているのは、最大650 gal。この基準で再稼働にOKを出した規制委員会を厳しく批判しました。

 

四国電力のホームページには、「伊方発電所の耐震設計は、過去の地震や敷地周辺の活断層・地質等について詳細に調査を行い、考えられる最大の地震を想定し、設計の基準となる地震動(基準地震動)を決定しています。」と書かれてありますが、これがいかにウソ偽りか、明白ではありませんか。

 

「科学者は、真実を明らかにしようと努力し続けている。ところが、電力会社はあるひとつの論文に書かれていることをまるで真実のように扱い、都合のよい結論を導き出そうとしている」「政府は、科学者が解明した真実を、都合よくねじ曲げて電力会社にすり寄っている」

岡村氏のこの言葉、政治に携わる者への警鐘としてしっかりと心に留めておきたいと思いました。

自動代替テキストはありません。

日本共産党一斉宣伝デー

17日は、日本共産党四国ブロック一斉宣伝デー。

達田県議は、女性後援会で阿南市内に宣伝へ。私は午後から山田県議と徳島市内を回りました。
どこでも、立ち止まって訴えを聞いてくださる方、手を降って応援してくださる方がいて、励まされます。

四国の日本共産党は、来るべき衆議院選挙で、白川よう子 比例予定候補を国会へ押し上げようと、一丸となって頑張ります!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、屋外画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

2週ぶりの徳島駅前宣伝

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、靴、屋外今朝は、古田元則県書記長をはじめ、いつものメンバーで、2週ぶりの徳島駅前宣伝を行いました。

山本千代子 衆議院徳島1区予定候補は、今、焦点になっている森友学園への国有地格安払い下げ問題、稲田防衛大臣の虚偽答弁など、安倍政権の究極のモラルハザード体質が露わになった、こんな政権にはもはや退陣してもらうしかない!と厳しく糾弾。日本共産党を大きく伸ばして、政治を変えよう!と日本共産党への支持を訴えました。

私は、27日からはじまる国連での核兵器使用禁止条約交渉について取り上げ、世界では反核平和への流れが奔流となっている、日本共産党は、市民のみなさんとともに運動をすすめ、この流れをさらに一層推し進めるため頑張っていることを報告。

 

3月13日に閉会した県議会では、県議団は、県民の立場で議案をチェックし、74議案中69議案に賛成、5議案に反対し、3人それぞれ討論を行ったことを報告。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、空、屋外 山田県議団長は、裁判所跡地への東署庁者建て替え問題について詳しく報告。警察権力の暴走をチェックする裁判所と東署が同一敷地内に建つこと自体問題であること、複数の候補地のなかからなぜ今よりも狭く問題の多い裁判所跡地に決定したかの過程もまったく不透明。文書質問しても明快な回答がなかったことなど述べ、引き続き問題にしていく姿勢を示しました。

天気も良く、春らしい気候になってきましたが、まだまだ朝の風の冷たさは身に沁みます。

佐那河内村「ふるさと住民票」

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト佐那河内村の「ふるさと住民票」がNHKニュースで取り上げられました。

村外に住むゆかりのある人たちに「住民」として登録してもらい、村の広報誌や行事案内などを届けて村の活性化に一役かってもらおうという「ふるさと住民制度」で、登録者に配布される住民カードには、佐那河内村の風景が描かれています。

先日は、ミスインターナショナルが佐那河内村を訪問して村の特産の「さくらももいちご」を食べたというニュースが流れたばかり。

 地元のことがニュースで取り上げられるのは、うれしいものです。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

県議会閉会 県議団は3人全員が登壇し、討論しました

 徳島県議会2月議会は、3月13日に閉会しました。

2月議会は、2017年度の県の予算をはじめ、新年度の県政の方向性を決める議会でした。
予算をはじめ、条例改正など74議案が提出されましたが、自民系3会派、公明党、新風・民進クラブは、すべての議案に賛成。日本共産党県議団は、69議案に賛成し、5議案について反対しました。
2017年度徳島県一般会計予算には、裁判所跡地への徳島東警察署庁者整備予算や私たちが一貫して反対してきた徳島化製事業協業組合への不公正な補助金や吉野川下流域下水道事業や農地防災事業の予算が含まれていることから反対の立場で達田県議が討論に立ちました。
この他、消費者庁等の全面移転を目指す意見書については私が、県政の取り組みを具体化した「行動計画」の変更については山田県議が、それぞれ反対の立場で討論に立ちました。
また、文書質問を2点 ― ①この間、弁護士会などが反対してきた県東警察署庁者の裁判所跡地への移転問題について、②国保の都道府県単位化について徳島県の方針などを協議する「徳島県国民健康保険運営協議会」設置条例案について― 提出し、閉会日に回答が示されました。

 3人が行った反対討論の主な内容について、山田県議がニュースにまとめていますので、シェアしました。
反対討論の原稿、文書質問(質問趣意書)の質問と答弁は、順次掲載します。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

春の風景

昨日で県議会が閉会し、今日は、相談や要望、交渉事等の報告に地域を回ったり、担当課に連絡を取ったりと、午前中は外回り中心。午後からは会議の梯子。2つ目の会議に行く途中、ちょっと休憩に寄ったファミレスで、この記事を書いています。

写真は、今朝、相談事の報告に伺った途中で見かけた風景です。曇りなので、ちょっと色合いが鮮明ではないけれど、このくらい控えめが、かえって味わいがあって良いと思うのは、年の功?でしょうか、・・・。

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、屋外、自然

画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然

神野美昭さんを偲んでー お別れ会が開かれました

17201435_662907030559372_563010107767993339_n[1]3月12日(日)午後2時から、神野美昭さんのお別れ会がありました。

神野美昭さんは、市議会議員を2期つとめられた後、反核平和運動に尽力された方ですが、国政選挙にも出馬し、ソーシャルダンスなどでも活躍されました。

晩年は、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)で闘病生活を送られ、人工呼吸器を装着しての自宅療養中、今年1月17日に亡くなられました。

私は、議員になる前年、原水禁世界大会に向けての自治体訪問で、佐那河内村に来られた際、ご一緒した思い出があります。確か2014年の夏だったと思います。「この頃足の動きが悪くなって、階段の上がり降りが大変。ゆっくり行くので、先に行って下さい。」と言われていたことを覚えています。近々大学病院で検査結果が出る予定だとのことでしたが、奥様に手伝ってもらいながらゆっくり階段を降りられる様子を見ていて「ひょっとしたらALSかも・・・」といやな予感がしていましたが、結果は予感通りでした。次第に動けなくなる身体に、どんなにか悔しい思いもあったと思いますが、健生病院に入院中にお見舞いに行くと、おだやかな笑顔で、希望を持って療養していると話されていました。

お別れ会では、神野さんゆかりの方々がそれぞれ「お別れの言葉」を送り、参列者1人1人が花を遺影に手向けました。

神野さんの功績を含め、党員としての生き様を語った党県委員長の言葉を以下に引用します。(写真は、山田豊県議のフェイスブックからシェアしたものです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神野美昭さんのお別れ会にあたり、日本共産党徳島県委員会を代表して、お別れの言葉を述べさせていただきます。

神野美昭さん、あなたの訃報を聞いて、あなたが、徳島の平和と民主運動のなかでどれほど大きな存在であったかを痛感させられたのは、私だけではないと思います。

 あなたは、若い時代、県評青年部長として、労組のなかでの討論をまとめる、大黒柱ともいえる存在で、若い人たちから慕われました。「仏の神野さん」というニックネームは、この時代からの、人への優しさとあたたかさから生まれたものでしょう。
あなたは、労働組合運動を通じて、日本共産党を知り、1964年に入党されました。それ以来、「『権力にへつらうことなく、自分に正直に』という生き方」を貫かれました。
1975年5月から83年5月まで、徳島市議会議員として活躍されました。市営住宅の自治組織の連合体、市住連を組織して、市営住宅の改善要求で対市交渉を根ばり強くとりまれたのもこの頃でしょう。

その後、あなたは、「国政を変えないとよくならない」と決意し、1983年以来、衆議院選挙に3回、知事選挙にも立候補されました。そのきっかけの1つは、日昇丸事件だったのでしょうか。
1981年の4月9日、米原子力潜水艦、ジョージ・ワシントンが日本船籍の日昇丸に衝突。船底に穴があいた日昇丸は15分で沈没しました。ところが、原潜は、救助活動もせず、当て逃げしたのです。その結果、野口船長さんら2名がなくなりました。あなたは、その船長さんのお宅、徳島市北島田1丁目の近くに事務所がありました。
あなたは、真相究明を求めて市議会でもこの問題を取りあげ、毎年「日昇丸デー」追悼集会を開いてこられました。日米政府は疑惑にフタをし、真相究明はいまも実現していません。「核ミサイルを搭載した原潜のいない平和な海を」の願いは、核兵器をなくさなければ実現できません。1982年に、あなたは、国連軍縮特別総会に参加し、当て逃げ事件と核兵器廃絶を訴えようとしましたが、アメリカへの入国を拒否されました。しかし、用意された1000枚のチラシは、国連総会で配布され、あなたが訪問したカナダをはじめ、世界との連帯も広がりました。
核兵器廃絶のたたかいは、その後、世界で大きく発展し、今年6月には、国連で、核兵器禁止条約の締結交渉が開始されようとしています。神野さん、あなたの核兵器廃絶、平和な世界をの熱い思いとたたかいは、世界をも動かしつつあります。お元気でこの画期的な動きを目にされたら、どれほど喜ばれたでしょうか。

神野さん。あなたは、党県委員会の常任委員、副委員長を歴任され、党づくりにも尽力されました。「反対」一辺倒から、住民の要求を実現する道筋、政策を示して選挙をたたかう、いまではあたりまえのことを軌道に載せる役割もはたされました。いま県党は、27人の地方議員をもち、議員数では自民党を超える第一党を維持しています。
神野さん。いまでは、安倍自公政権とその補完勢力と市民と野党の共闘が対決する新しい時代が切りひらかれ、野党連合政権の実現が焦眉の課題となっています。「国政を変える」というあなたの志は、あなたの不屈で献身的な活動を土台として、目前の課題となりました。あなたがお元気なら、「大事な時期だ、気を引き締めて頑張ろう」と、にこやかに激励してくれることでしょう。

前途には、さまざまな妨害や困難もあるでしょう。しかし、私たちは、あなたの遺志、不屈の献身的な活動をひきつぎ、当面する総選挙で比例四国ブロックで白川よう子さんの勝利、野党共闘の前進のために力をつくす決意です。神野さん、私たちの活動を安らかにみまもってください。

2017年3月12日
日本共産党徳島県委員会
委員長 上村秀明

 

「九条の会 徳島」の記念講演に学んで

 3月11日、14時~「九条の会 徳島」の記念講演と総会に参加しました。
麻生多聞先生(鳴門教育大学大学院准教授)の「アジア太平洋戦争に対する日本の責任―パール判決書の実像に迫る―」と題した講演では、小林よしのり氏や櫻井よしこ氏などが主張する「大東亜戦争肯定論」や「南京大虐殺ねつ造説」が何を根拠としているのか、知ることができました。
彼らが、自らの主張の正当性を裏付けようと「東京裁判」での「パール判決」の一部分を都合良く切り取っていることを、パール判決そのものを詳細に調べ、実証していく内容で、研究者らしい説得力のあるお話でした。
「『聞きかじりでわかったつもり』ではいけない、配られた資料で、もっと理解を深めないと」と、思わせるところは、さすが大学の先生です。

「福島を忘れるな! 3.11徳島県集会」に参加

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、屋外3月11日、13時~徳島駅前で行われた「福島を忘れるな、3.11徳島県集会」(「原発ゼロ徳島連絡会」主催)に参加しました。

集会では、参加団体の代表がリレートークで、6年たった今も福島第一原発事故の収束も見通せない現実を訴え、すべての原発は廃炉へ、再稼働反対と訴えました。
原発事故のために未だに避難生活を余儀なくされている8万人を超える方々に想いを馳せ、100人を超える参加者とともに、「原発なくせ!」「再稼働反対!」と声を上げながらパレードしました。

テレビでは今日は朝から、東日本大震災と原発事故について取り上げ、「忘れないために何をすべきか」などと言っていますが、そういうマスコミ自身が、「3月11日」の1日だけでなく、日頃から震災と原発事故後の状況をもっと報道すべきではないかと思ってしまいます。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)

「子ども劇場」ならぬ「大人劇場」  楽しめました!「松元ヒロ ソロライブ」

36a9b7021eeb12a5ba7002dc885af2c5s[1] 3月10日、 子ども劇場の会員から誘われて「松元ヒロ ソロライブ」を見に行きました。たった1人で行う「スタンダップコメディー」です。

ヒロさんは、コント集団「ザ・ニュースペーパー」の元メンバーで、今はお笑いのピン芸人として1人で全国を回っているそうです。

政治ネタで痛快な風刺を飛ばしながらの全身を使ってのパフォーマンスに、観客の視線はずっと釘付けで、笑ったり涙したり。1時間半の舞台があっという間に過ぎていきました。
全部で4幕(幕は下りずに、舞台に設けられた「楽屋」に戻って一息ついて、また舞台中央に出て演ずるというパターン)ありましたが、一番感動したのは、 沖縄の辺野古基地建設の反対運動を引っ張る「ふみこおばあ」の話でした。
「たたかわないためにたたかっている」と訴える「ふみこおばあ」は、第二次世界大戦終盤の沖縄戦で「人の血を飲んで生き抜いた」という壮絶な体験をした・・・という実話を元にした芝居です。沖縄の人々が、辺野古への基地建設、高江へのヘリパッド建設を強行する安倍政権と、どんな想いでたたかっているのかが、私たちの胸に鋭く突き刺さるように伝わり、この時ばかりは、客席がシーンと静まりかえりました。

 こうした1人芝居は初めて観ましたが、すっかり虜になってしまいました。
思い切り笑って、涙して・・・。これが結構日頃のストレスを解消してくれ、活動のエネルギー回復にも役立つということに気づきました。
「子ども劇場」なのに、子どもは少なく、どちらかというと「大人劇場」でしたが、行って良かった!