つどいで議会報告 くらし、福祉をこわして右傾化する政治に不安と怒りの声

大原町つどい②20170419今朝は、わたなべ亜由美(徳島市議)と一緒に、担当地域の集いでお話させていただきました。

私もわたなべ市議も1期目ということで、まずは議員になって感じていることは?との質問をいただきましたが、2人とも、一部議員の特権意識に驚いたことを上げ、染まらないように気をつけているという点は同じでした。

県政、市政については、今、一番伝えたいことに絞ってお話しました。

大原のつどい20170419
市政について語る わたなべ亜由美徳島市議

私は、徳島東警察署の移転問題や徳島化製への不公正で異常な補助金などについて、わたなべ市議は、新町西再開発計画の白紙撤回、こどもの医療費助成が中学校卒業まで拡大されたことや、今問題になっているごみ処理施設建設計画など、各自のニュースもお渡ししながら語りました。

森友学園問題や、「共謀罪」創設法案、教育勅語を推奨するような戦前回帰するような政治の右傾化、医療・介護・年金改悪等々、次々と質問や意見が飛び出し、わいわいとにぎやかな中にも、安倍政権の暴走政治にたいする怒りや日本共産党への熱い期待をひしひしと感じるつどいでした。核廃絶署名や共謀罪創設法案の廃案を求める署名も協力いただきました。

集いの後、Uさんとわたなべ市議と3人で、選挙で応援していただいた方に久々にご挨拶に伺いましたが、そこでも教育勅語や共謀罪のことが話題に。共謀罪についての特集が載っている赤旗日曜版をお見せすると、購読していただけることに!

今日のお天気のように晴々した心持ちで、徳島駅前の「19日行動」に向かいました。

堀内衆議院議員を迎えての演説会  

吉野川市演説会20170417

14時~は、吉野川市で堀内照文衆議院議員、白川よう子衆議院四国比例予定候補を迎えての演説会に参加しました。

5月に行われる吉野川市議選での岡田光男市議の応援にかけつけてくださった元吉野川市議会議長の挨拶、「国政でも地方でも日本共産党の議席が増えることが国民の幸せにつながる」との言葉は感動的でした。

演説する岡田市議20170417岡田市議は、市民の声に応えない吉野川市政の問題点をズバリと指摘し、年金のマクロスライド制撤廃を求める意見書を提案、採択させるなど、市議会の中でも欠かせない役割を果たしていることをしっかりアピールしました。

2区予定候補の久保地区委員長は、この間の街頭宣伝などで日本共産党への期待を実感したことを率直に、かつ、力強く語り、好感の持てる話しぶり。

久保予定候補20170417

 

白川さんが語る生い立ちと党との出会いは何度聞いても心震わせる話しです。
白川候補20170416「今日は岡田市議が主役」と、いつもよりは少し控えめでしたが、JCPマニフェストを示し、「党綱領に私の求めていた答えがあった」との語りは、印象的でした。

堀内衆議院議員の話は初めて聞きましたが、ソフトな語り口調で、世界情勢から安倍政権の暴走ぶりまで、多岐にわたるテーマを縦横に分かりやすく語り、40分の持ち時間があっという間でした。森友学園問題追求など、国会議員団の調査力と質問力を存分に発揮するには、まだ議席が足り堀内衆議院議員20170416ない!もっと増やすために力を貸して!一番いいのは、「党に入って一緒に頑張ってもらうこと」の言葉に応えて、介護現場で働く青年が入党するという、うれしい出来事もあり、充実した演説会でした。

 

演説会後、岡田吉野川市議の議会報告の配布で汗を流し、久しぶりに歩き疲れた1日でした。

吉野川演説会 候補者一同20170417

建労の一斉宣伝行動を激励に

17862369_619552481583382_3633652127033302650_n[1] (2)16日、日曜市宣伝後は、建設労働組合の春の拡大月間一斉宣伝行動の激励に行きました。

「建設労働者の処遇改善、技能と生活を守り、後継者づくりへ賃金・単価の引き上げ、安心できる社会保障の実現、消費税の大増税中止、平和と暮らしを守ろう!」

徳島県建設労働組合のみなさんが県内16カ所に集結し、一斉にプラカードを掲げて通行人にアピールする様子は圧巻です。

私は、南支部と東支部の行動にかけつけ、一緒に行動しながらご挨拶しました。

 

 

桜並木をバックに日曜市宣伝

日曜市宣伝20170416①今朝は、定例の日曜市宣伝からスタートです。
びっくり日曜市の会場外の桜も散りはじめているものの、まだまだ美しい姿を見せてくれています。
元県議の古田美知代さんと交代でマイクを握り、共謀罪創設法案は廃案へ!核兵器使用禁止条約締結交渉の成功を!森友学園問題の真相究明を!等々訴えました。 繊維団地横の桜並木20170416② 繊維団地横の桜④

 

新・県立海部病院が完成      記念式典・内覧会に行ってきました

17861662_619181488287148_1654020506269244884_n[1]新・県立海部病院完成記念式典に出席し、その後の内覧会で新病院を見学させていただきました。

新・海部病院は、南海トラフ巨大地震による津波被害への抜本的対策として、旧・海部病院裏の山を切り開き、高台を造成して移転改築するという大がかりな工事を経て完成しました。

20170415海部病院ヘリポート
病院屋上の広いヘリポート

110床の小規模病院ながら、先端災害医療の拠点として、2つのヘリポートを備え、災害時の野戦病化も想定し、救急治療室や病室以外の部屋や廊下にも、いたるところに酸素と吸引の配管が整備されていたのには驚きました。
地域医療を支える総合診療医育成の病院として、研修医や医学生の宿泊施設も備えられています。
内科・外科・整形・産婦人科・小児科・脳神経外科・耳鼻咽喉科と診療科も多岐にわたり、2つの手術室、CT、MRIと、重装備の病院で、総額60億円。

しかし、常勤医師はたった4人!非常勤、パートを含め、大学病院や他の公的病院から派遣される医師を加えた約40名の医師体制で回しているとのことでした。
立派な器に釣り合わない医師不足の深刻さを改めて実感しました。

また、山腹を削り取るという大がかりな土木工事を行ったため、風の流れが変わったのか、昨年の台風で近隣の住宅の屋根が損壊したとの相談もありました。この問題への対応も残された課題です。

20170415海部病院屋上ヘリポートからのながめ
病院屋上のヘリポートからの眺望

17884478_619181611620469_1496037936298338534_n[1]

議会報告作成中  毎回、産みの苦しみ・・・

170414駅前宣伝14日は、定例の朝の駅前宣伝後、急いで県庁へ。

県議団の議会報告作成の作業に当たりました。

県議団で2月議会について、県民に何をどう伝えるべきか、それぞれの多忙な日程の合間で時間を合わせて議論を深め、ラフ、レイアウトを決め、それぞれ分担して文章を書き・・・といった調子で、毎回、議会報告作成にはかなりの労力を使っています。

5月連休明けには発行できるよう、頑張りたいと思います。

kjhou_board[1]

 

イラスト 考える女性

県議団3人で伊方町へ 町議選で遠藤もと子さんの勝利を!

県議団3人で、伊方町義選挙の応援に行ってきました。画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)

伊方町は原発の立地自治体で、日本共産党の議席がありません。
八幡浜市議5期17年の議席を辞して伊方町に日本共産党の初議席を!「原発止めて、子どもや孫に安全な故郷を残したい」と願う町民の声を議会に届ける議席を!と、頑張る遠藤もと子候補の決意に、四国4県のみならず、遠く福島から、また、中央からも次々応援が入っています。
私たち3人は、二見地区に伺い、ハンドマイク宣伝14箇所、200枚近くのビラ配布を行いましたが、行動中に対話した住民の方々は、ほとんどが原発事故を心配されていて、遠藤候補への共感が着実に広がっていることを実感しました。

23日の当開票日、万歳の声が上げられることを願いつつ、帰路に着きました。

17903720_618292295042734_5735057663815873084_n[1]
ハンドマイク宣伝(伊方町仁田之浜にて)
    17951609_618292248376072_6419087461151318007_n[1]   17903553_618292275042736_8189163463248017759_n[1]

風景(伊方町、石鎚パーキング)

伊方町二見地区のネコ 20170413
石積みの影からこちらを伺う黒いネコ

4月13日(木)、町議選に立候補した日本共産党、遠藤もと子候補の応援で伊方町に行って来ました。

この日の伊方町、二見地区の風景です。

伊方町二見地区 集落の地蔵20170413 (2)
集落の石積みにたたずむお地蔵さま

 

 

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:山、空、屋外、自然
石鎚パーキング正面の桜並木も満開です。

 

 

 

 

 

 

新入生に幸あれ! 佐那河内村小中学校の入学式に出席しました

20170411佐那河内小中入学式会場入り口

 

20170411佐那河内小入学式_LI

 

 

 

 

 

佐那河内村小中学校の入学式に来賓として出席させていただきました。

小学校15人、中学校19人の初々しい新入生の姿に、知らず知らず、我が子の幼かった頃の思い出を重ねていました。明日からの学校生活に希望と不安を膨らませている彼ら1人1人が、楽しく幸せな学校生活を送ることができるよう、将来への夢と希望を失わず歩んでいくことができるよう、願わずにはいられません。

校庭の向こうに見える大木の桜の花は満開に。まるで、彼らの前途を祝すかのように、雨にも耐えて、美しい姿を保っていました。

20170411小中学校から見える桜

 

 

充実した日曜でした  河川一斉清掃にお花見、会議

昨日の日曜日は、朝から大忙しでした。

朝8時からは、村の河川一斉清掃。今年度、わが家は常会長が当たっています。その初仕事が河川一斉清掃です。朝7時30頃まで雨が降っていて、雨天順延かと思いきや、8時には雨も上がり、あわてて持ち場に出かけました。最近は、園瀬川へのゴミ投棄も減り、掃除も早く済みます。夫と2人で持ち場をまわり、お疲れ様と声をかけながら飲み物を配りました。事故なく終了し、まずは一安心。

この後、地域支部のお花見で徳島中央公園へ直行。お花見 徳島中央公園20170409
満開の桜の下でお弁当を食べながら歓談。楽しい時間を過ごしました。
私たちの近くで、わいわい言いながら写真を撮っている若い男女の集団に参加者の関心が集まりましたが、会話が聞き取れません。どうも日本人ではなさそうです。「中国人?有名なスターでも来ているのかな?恭子さん、ちょっと聞いてみて」の声に、片言の英語で話しかけてみたら、ベトナムから来ているとのこと。スターではなく、友達同士とのことでしたが、ちょっとした国際交流の気分でした。
他にも、公園内で散策する外国人をあちこちで見かけました。
徳島も国際色豊かになっていることを実感した一コマです。
楽しい時間はあっという間に終了し、夜まで会議のはしご。自宅に帰ったのは夜9時過ぎでした。