選挙結果を受けて  山本千代子1区候補の弁

選挙結果を受けて思いを語る山本千代子候補

22日夜、事務所で、山本千代子1区候補や支援者のみなさん、事務所スタッフ、マスコミ関係者のみなさんと、開票作業を見守り、自民候補の当確を受けての県委員長、山本候補の挨拶で〆。
山本千代子候補は、悔しさを滲ませながらも、「長い党員人生・度々の候補者経験のなかで、他党から応援演説をしてもらうという選挙は初めて。かつてない市民と野党の共闘を実感できる選挙を候補者としてたたかえたことは幸せです。」と語りました。
私も同感!振り返ると、何度も心暖まる場面がありました
私たちの自力不足で、議席を大きく減らす結果となったこと、四国での悲願の議席に届かなかったことは残念で、悔しい!でも、このたたかいで得た新たな「希望」(「希望の党」の「希望」とは区別したい(`へ´*)ノ)を胸に、明日からまた頑張るぞp(^-^)qと、不思議とさわやかな心持ちで、帰宅しました。

 

危険防止活動も頑張りました

22日も朝から雨。台風の進路も気になりますが、投票箱が閉まるまで、たたかいは続きます。

1区、山本千代子事務所では、朝から危険防止の電話かけ。私は、他の拠点で危険防止活動を行っている方々との連絡調整と情報交換もしながら、マイ名簿や後援会名簿で投票の呼びかけに勤しみました。

「台風が来るって聞いたので、期日前に行って来ました」「追い上げているって聞いたから子や孫にも頼んどいたよ」等々、うれしい声もたくさんいただきました。

雨続きの選挙戦で、事務所は濡れた傘や雨合羽があちこちに。事務所の熱気で乾け~ッ!

昨日までの炊き出しの残り物に残った食材を加えて、船越事務所次長お手製のキャベツカレー(?)等で空腹を満たしながら、わいわいとにぎやかに。

車での送迎依頼も頻繁にあり、送迎担当は、大忙しでした。

徳島の投票率が低いのは、高齢化に加え、交通の便が悪いことも大きく影響しているのではないかと思います。

白川よう子 比例候補が徳島での最後の訴え

20日、四国比例の白川よう子候補が、徳島にて最後の訴え。

山本1区候補も徳島駅前で合流しました。

憲法9条守る、消費税増税No!、原発再稼働ストップ! この声を国政に届ける女性の議席が四国にはありません。
四国から「憲法守れ」「暮らし守れ」の声を届ける女性の国会議員を送り出そう!

この願い届け!と、新社会党の髙開千代子さんも共に訴えてくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外

候補者カーに乗りました  今日も雨・・・

19日は、午前中、候補者カーに乗り、アナウンサー(カラス)初デビューのI君のフォローを兼ねた車長を勤めました。石井町では団地で候補者が訴え出すと、雨にもかかわらず、あっちの棟、こっちの棟と階段の踊り場まで出てきて、手を降ってくださる方が!
チラシを持って、走りに走りました!

石井から神山に抜け、事務所へ昼休憩に帰る道中、目のあったサラリーマン風の若い男性が2人、すれ違い様に手を振ってくれて、ビックリ👀

事務所に帰ってくると、電話掛けに来ていたメンバーが、プラスターを持ってメガホン宣伝。朝、夕では足りないと、昼もすることにしたそうです。
#比例は日本共産党
#女性の国会議員を四国から

仁比そうへい参議院議員を迎えて 個人演説会を開催

18日の仁比そうへい参議院議員を迎えての山本千代子個人演説会は、参加約束を越える参加者で、熱気溢れる決起の場となりました。

14時~の加茂名コミセンには約100名(さすが、候補者の地元だけあります)、15時30分~の八万中央コミセンには、65名。2カ所とも予想を超える参加をいただきました。

私は、八万中央コミセン担当で、司会を勤めました。

仁比さんの演説は久しぶりでしたが、憲法違反の安保法制が強行された時の怒りを思い起こさせる熱弁はさすがでした。
四国での訴えは、ここが最後とのことでしたが、聞くものの闘争心を沸き立たせるような渾身の訴えは、参加者の心に火をつけてくれました。

 

新社会党県本部副委員長の高開さんの「女性アピール」ー この四国から女性の声を届ける国会議員を送り出そうーの話もジンときました。

高開さんとは、2013年の女性の怒り・レッドアクション運動を始めてからのお付き合いですが、
党派を越えての同志とでもいうべき存在です。とても頼もしい助っ人に、2ヶ所の会場を掛け持っての挨拶をを引き受けていただき、感謝・感謝です。

写真は、花岡さんの投稿をシェアさせていただきました。

選挙は後半戦へ! 事務所前宣伝も始めました

「今日は、雨だから仕事は休みです。」と、早朝から事務所に訪れた青年。
事務所前で大型プラスターを持って、スタンデイング。「比例は日本共産党!」と、大きな声でコールすると、車中から手を降って応えてくれる方も。 事務所員のYさんも、加わって2人でコールを始めました。

会議を終えて、事務所にもどると、事務所前で夕方のプラスター宣伝がお出迎え。
新メンバーも参加して賑やかでした。

 

 

「何か手伝うことがあれば」と、以前にもお手伝いに来てくださったUさんが、陣中見舞いの箱入りなると金時を持って手伝いに来てくれて、事務所はさらに賑やかに!

多くの方に支えられて、選挙戦も後半戦に突入しました。

#比例は日本共産党へ

 

 

「共闘の新しい形」 ―市民と野党の共闘で安倍政権を退陣に!

15日の赤旗日刊紙、西日本のページの「総選挙2017 今 言いたい」のコーナーに、市民連合・徳島代表の山本純さんが登場していました。「共闘の新しい形」ができたという、彼女の言葉に大いに励まされます。
事務所の片付けや候補者カーの準備を済ませ、明日からの後半戦に備えて早く寝ようと思っていたのに、やっぱり夜遅くの帰宅となってしまいました。(*_*)

ちなみに、1区は、候補者も女性、事務所長も次長も女性という、まさに「女性活躍」の象徴(^o^) 😆 のような体制です。

市民と野党の共闘の「新しいかたち」は徳島でも始まっています!

13日の徳島駅前演説会。

新社会党の髙開さん、市民連合の山本純さんの応援演説に「涙が出た」という方も。新しい市民と野党の共闘のかたちを象徴するものとなりました。初めて徳島入りした田村副委員長の切れのある演説も、とてもよくわかる話だった、素晴らしかったと、陣営だけでなく、マスコミ関係者にも大好評で、その後の活動がグッと引き上がりました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外