暑さに負けず、街頭でアピール

 

 

 

 

 

26日(木)は丈六で、27日(金)は徳島駅前で、定例の「おはよう宣伝」に立ちました。
丈六では、毎週木曜日の朝、渡邊亜由美徳島市議、元県議の古田美知代さんと、徳島駅前では、毎週金曜日の朝、党県書記長の古田元則さんと山田豊県議団長と交代でマイクを握り、国政、地方政治の時々の情勢と日本共産党の政策を紹介し、私たちが取り組んでいることなどをお話しています。日曜日は、繊維団地の日曜市で古田美知代さんとともに、八万支部の同志が場所取りと幟持ちをしてくれています。

私たちの宣伝につきあって下さる同志のみなさん、議員を辞めた後も交代でマイクを握って下さる古田美知代さん、本当にありがたい存在です。

27日の徳島駅前では、最低賃金改定について、徳島県も含めて700円台の県が19も残されていて、フルタイムで働いても月収12万円に満たないこと、首都圏との賃金格差がますます広がり、地方から首都圏への労働人口流出が止まらない状況が続いている問題を解消し、8時間働けば当たり前に暮らせることを目指して、全国どこでも時間単価1,000円以上、1,500円以上の党の政策を紹介しました。

東日本大震災、熊本地震、九州北部豪雨災害、西日本豪雨災害と、大規模災害が続く日本で今必要なことは、オスプレイやイージスアショア等、米国いいなりで米国製の高額な兵器を買い込むことではなく、災害・防災対策や社会保障充実にこそもっと財政を投入する必要があること、憲法を守らない政治から憲法を守り生かす政治に変えるために市民と野党の共闘のさらなる発展を!その要となって頑張る日本共産党を強く大きくして下さいーと訴えました。

 

年金者組合の定期大会で挨拶

26日、全日本年金者組合第30回徳島県本部定期大会で、日本共産党徳島県委員会を代表し、連帯の挨拶をさせていただきました。

徳島県の昨年秋の「拡大月間」の取り組みは、拡大率で全国トップだったとのこと。
年金引き下げ反対の裁判闘争、「最低保障年金制度の創設」を求めての署名活動などとともに、ひとりぼっちの高齢者をなくし、みんなで楽しい活動を広げようと元気に頑張る組合員さんの生き生きとした表情が印象的でした。

年金問題は、若い世代も含め、すべての国民の問題です。憲法をこわし、社会保障をずたずたにして戦争への道を突き進む安倍暴走政治をストップさせ、誰もが安心して暮らせる平和で希望ある日本に変えるため、力を合わせましょう!と訴えました。

自治体学校に参加しました

7月21日〜23日まで、福岡で開催された第60回自治体学校に県議団3人で参加しました。

自治体学校は毎年開催されますが、私は2015年以来の参加です。

今年のテーマは「地域・くらしに憲法をいかす」

分科会は「大規模災害」に参加しましたが、熊本地震で避難所運営や復興計画策定を経験された大学の先生の報告など、大変学ぶことの多い分科会でした。

このところ、大規模災害が頻発している日本ですが、被災者救援も復興も、基礎にしっかりとした社会保障制度が備わっていることがいかに重要かということを思い知らされました。社会保障は自然増さえ押さえながら、防衛費を青天井で伸ばそうという政治を変えなければと、あらためて思いました。

閉会日の全体会での特別講演―弁護士の馬奈木昭雄(まなきあきお)氏の「くらしの現場で国民主権をまもろう」―もすばらしいものでした。

馬奈木氏は、水俣病訴訟やじん肺訴訟など、半世紀近く、常にくらしの現場で住民に寄り添いたたかい続けてこられた弁護士です。
水俣病、諫早湾干拓、筑豊じん肺、残留孤児などの訴訟を通して、「権利は人類が多年にわたり勝ち取ったもの」、「国民は、不断の努力で、この権利を守り続け、次世代に伝える義務を持つ―これが憲法の精神だ」と語られたことは、私の心に重く響きました。
国民主権の基本である地方自治の本旨とは、地域のことは地域で決める、地域住民による合意の形成が本質だと、ズバリと指摘し、「自治体は住民のために存在しているのであり、住民の生命・健康・生活の安全を護る立場に立つことが当然の存在理由であり、それ以外の立場はない」との言葉は、現在の政治の在り方への鋭い告発とも受け取れました。

この3日間、大いに触発されて帰ってきました。忙しい日々は相変わらずですが、買い込んだ書籍も少しずつ読んで、「知は力」にしていきたいと思います。

 

三好市山城町の現地調査をもとに提出した要望書

19日、豪雨による土砂災害が相次いだ三好市山城町の現地調査を踏まえて、党県議団が県と三好市に提出した要望書の全文は以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<県知事への要望書>

2018年7月19日

徳島県知事 飯泉 嘉門 殿

西日本豪雨災害にあたっての要望書

日本共産党德島県議団
山田  豊
達田 良子
上村 恭子

今回の豪雨災害対応に、被災自治体と連携を取りながら、全力で取り組まれていることに心から敬意を表します。
日本共産党は、美浪前三好市議を中心に、県議団とともに、県内で特に被害が深刻な三好市山城町において、住民のみなさんの切実な声に耳を傾けてきました。
こうした中で出された要望、実態にもとづき、いっそうの取り組みの強化を以下の通り、要望するものです。


1,道路の改修、復旧について
◍国道国道319号、県道271号の復旧、改修を早急に行うこと。
◍県道271号(三好市山城町粟山)の崩落については、軽自動車の通行が可能な応急対策を講じること。これら主要幹線の通行が確保されないと、他の市道などの復旧作業が進まない。

2,がけ崩れ・土砂対策について
◍がけ崩れの復旧対策、予防対策として、住家1戸以上から適用できる「住家防災事業」を創設すること。
二次被害を発生させないための対策が急がれる。
傾斜地にある畑の崩落で、大岩ががけ途中に留まり、次に雨が降れば、崩落し、家屋の被害になりかねない場所があるが、民有地のため、支援がされていない。岩の除去など、二次被害を出さない支援が必要となっている。

◍崖崩れ予防対策の要望が高まっている。個人負担軽減のための措置を行うこと。

3,国に災害復旧事業等への支援を求めること。

*************************************
<三好市長への要望書>
2018年7月19日

三好市長 黒川 征一 殿

西日本豪雨災害にあたっての要望書

日本共産党德島県議団
山田  豊
達田 良子
上村 恭子

今回の豪雨災害対応に、被災自治体と連携を取りながら、全力で取り組まれていることに心から敬意を表します。
日本共産党は、美浪前三好市議を中心に、県議団とともに、県内で特に被害が深刻な三好市山城町において、住民のみなさんの切実な声に耳を傾けてきました。
こうした中で出された要望、実態にもとづき、いっそうの取り組みの強化を、以下の通り、要望するものです。

1,道路の改修、復旧について
① 国道319号、県道271号の復旧、改修が早急に行えるよう、国、県への要望を強めること。
② 県道271号(三好市山城町粟山)の崩落については、軽自動車の通行が可能な応急対策を講じていただきたい。
これら主要幹線の通行が確保されないと、他の市道などの復旧作業が進まない。

2,がけ崩れ・土砂対策について
① がけ崩れの復旧対策、予防対策として、住家1戸以上から適用できる「住家防災事業」を創設すること。
二次被害を発生させないための対策が急がれる。
傾斜地にある畑の崩落で、大岩ががけ途中に留まり、次に雨が降れば、崩落し、家屋の被害になりかねない場所があるが、民有地のため、支援がされていない。岩の除去など、二次被害を出さない支援をおこなうこと。
② 民有地への崩落土砂の除去が完全に出来ず、高齢者世帯では住家への出入りに軽自動車も使用できず不便をきたしている。こうした土砂の除去への公的支援を行うこと。
③ 崖崩れ予防対策の要望が高まっている。「住家防災事業」創設までの緊急対策として、個人負担軽減のための措置を行うこと。

3,迂回路確保について
① 生活道路である市道の決壊で各所が通行止めになっている。こうした中、市道認定がされていない道路が重要な迂回路となっている状況がある。(山城町八千坊地区に至る道路)こうした災害時に重要な道路の市道認定と整備を行うこと。

4,国・県に災害復旧事業等の支援を求めること。

 

 

豪雨災害で土砂崩れが相次いだ三好市山城町で現地調査  県と三好市の黒川市長に要望書提出

広島、岡山、愛媛などで甚大な被害が発生した西日本豪雨災害。亡くなられた方・ご家族のみなさんに心からお悔やみ申し上げ、被災された方々にお見舞い申し上げます。

県内では、幸い死者は出なかったものの、三好市山城町では土砂災害で道路が寸断され、孤立集落が発生するなど、深刻な被害が出ています。

16日、美浪前三好市議からの要請があり、私たち党県議団三人で、三好市山城町の現地調査に行きました。
美浪さんの案内で、落石・地滑りなどによる通行止めが相次ぐ中、迂回路の山道などを走り、なんとか現地に入ることができました。

八千坊地域の住民からは、「大きな岩がむき出しになり、ワイヤーで止めているが、今度雨が降れば、転がり落ちてくるのではと不安で眠れない。早急に撤去してほしい。」、「裏山の斜面が崩れて、土砂で家の前がふさがれてしまった。県外にいる息子たちが連休に帰ってきてくれて、土砂をさらえて、とりあえず歩いて出られるようにしてくれたんですが、せめて軽自動車が通れるようにしてほしいんです。」などの切実な声が寄せられました。
大規模な地滑りが発生した白川谷の川沿いもあちらこちらで、深刻な被害が目につきました。山の奥の集落へは車で行けない孤立状態とのことです。その集落に歩いて向かう工事の関係者からは、「上の市道を直しているが、先に県道を直してもらわんと、工事車両も入れられない。」と、県道の早期復旧を求められました。

愛媛、広島・岡山など胸が痛む光景と猛暑の中復興に取り組む姿が連日報道されています。同時に比較的被害が少なかったといわれる徳島でもこんな深刻な被害があったことを現地調査で、実感しました。

 19日、現地調査を踏まえ、住民のみなさんからの切実な声を要望書にまとめて県西部県民局と三好市黒川市長に要望書を提出しました。

   

盛会だった党演説会  社会変革の道を共に歩む仲間も増えました

6月24日、小池晃党書記局長・参議院議員を迎えての日本共産党大演説会は、満席の800人の参加で熱気にあふれたものとなりました。

小池晃党書記局長は、朝のNHK日曜討論で論戦した足   で徳島に直行。この間の国会での野党で結束して行った「モリ・カケ」問題追及や過労死をさらに増やす高度プロフェッショナル制導入を含む「働き方改革」法案や賭博を合法化する「カジノ」を含むIR法など、国民多数の反対の声を無視して悪法を強行する自公政権を鋭くバッサバッサと切りながらユーモアも交えて笑いもとる「小池節」に会場は大いに沸きました。

参院選勝利への決意を語った仁比参議院議員、衆議院四国比例の議席挑戦に挑む白川さんの訴え、県議団を代表して来年の一斉地方選挙勝利への決意を語った達田県議の訴えもすばらしいものでした。

この会場で19歳の2人を含む5名の方が入党されました。

   

一般質問と答弁の概要を掲載しました

私は、日本共産党を代表し、一般質問を行います。

質問に先立ち、18日朝に起こった大阪府北部地震について、亡くなった方とそのご家族にお悔やみを申し上げ、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

1.地震対策について

■ 学校や学童クラブの安全対策を
大阪府北部地震を受けて、県内の地震への備え、特に子どもたちの安全を確保する   ため、学校敷地内すべての構造物の安全性確保の取り組みと、学童クラブの建物の耐震化の状態はどうなっているか?

回答(福井政策監):学童クラブの耐震化は84.3%。国の補助制度を活用し、市町村と連携して耐震化を進めていく。

 

2.知事の政治姿勢について

■ 県民の暮らしの実態、生の声を広く把握する仕組み作りを行うべき

私は、住民の福祉の向上という自治体本来の仕事を投げ捨て、知事と関係の深い人物を優遇する県政の私物化、そのもとでの忖度の蔓延が進行しているのが飯泉県政だと指摘。

アベノミクスで格差と貧困が広がり、相次ぐ社会保障の改悪で、県民の暮らしはますます厳しくなっている。介護保険料は制度が始まった当初の2倍以上に引き上げられ、少ない年金から天引きされる高齢者から悲鳴が上がっているが、知事の所信表明では、県民の暮らし野福祉についての言及はなかったことを上げ、今の県政には、広く県民の暮らしの実態、生の声を掬い上げる仕組みがないことも大きな要因ではないかと指摘。現在行っているe-モニター制度(公募100人+市町村長推薦100人程度が、県が設定した項目についてインターネットで回答するもの)等ではなく、他県のような、かつて徳島県でも取り組まれていた、1,000人~5,000人規模の県民アンケートを復活してはどうかと提案した。

回答(後藤田副知事):県では、e-モニター制度等、様々な手法で県民の暮らしの実態、生の声を掬い上げる努力をしてきた。

 

 

3.とくしま記念オーケストラ事業にまつわる疑惑について

■ 事業にまつわる疑惑次々と!

答弁に立った飯泉知事は、とくしま記念オーケストラ事業を始めた経緯とその成果について、これまで議会で述べてきた主張を長々と述べ、記念オケ事業に関わって脱税の罪が確定した川岸氏への調査について必要はないと否定したこと以外、質問に対して正面から答えることはありませんでした。

質問に対して実質的な答弁に立った板東県民環境部長は、知事がすでに述べたことも重複して繰り返して述べる部分も目立ちました。記念オケ疑惑に関する質問(再問も含む)と答弁の概要は以下の通りです。

①理事会に承認なく、記念オケ事業増額
公益財団法人徳島文化振興財団の会計処理規程15条には、「予算の補正を必要とするときは、理事長は、補正予算を作成し、理事会の承認を得なければならない」とありますが、記念オケ事業では、大幅な予算の増額、事業の追加について理事会を開催し、協議した形跡がありません。その総額は、2013年~2016年度の4年間で、2億918万円にも膨らみました。
ところが、県民環境部長は、事業費の増加は、認められた計画の効果が上がるように取り組んだ結果だとし、問題はなかったとの認識を示しました。

②事川岸氏以外にも音楽専門家に報酬(謝礼)
党県議団が財団に対して情報公開請求を行った結果、2016年度は、派遣職員1名の本給を除く手当、237万円を、川岸氏以外の音楽専門家3人に250万円の報を支出していたことがわかりました。
この「報酬」は、2013年度から2015年度までは2名に180万円支出されています。
記念オケ事業にかかわる人物が、川岸氏以外に2名も3名もいたことは、これまで議会に全く報告がありませんでした。
私は、いったい誰からの要請でどのような人物に支出したのかと問いましたが、県民環境部長は、音楽専門家の詳細については「個人情報保護」を理由に答えませんでした。

③2013年度、川岸氏の給与を年度初めに一括払い
川岸氏は2012年度で県の政策参与を辞めましたが、2013年度には、文化振興財団と個人契約を結んで記念オケ事業を担いました。
その際、川岸氏には、月ごとに支払うべき給与を、年度初めの4月に一括して90万円、支払っています。
県民環境部長は、「財団で適切に支払われた」と答えましたが、異例です。

④納税証明書を確認せずに契約!?
公益財団法人が多額の経費がかかるような事業を行う際、契約する事業者の納税証明書を確認することは当然です。
ところが、川岸氏が代表を勤めていたアンサンブルセシリアについては、納税証明を確認していませんでした。(アンサンブルセシリアは設立後27年間、一度も税の申告をしていませんでした。)
なぜ、確認しなかったのかとの問いに、県民環境部長は、「すべての事業において確認するわけではない」と、とぼけました。

■川岸氏の調査を求める

財団の数々の異常な運営の背景には、川岸氏が事実上の財団の「政策参与」として記念オケ事業に関わったことがあります。
私は、知事が川岸氏を県の政策参与に任用したことがすべての発端だと指摘し、川岸氏への調査を行い、疑惑の真相を明らかにして説明責任を果たすよう求めました。

知事は、政策参与に任命した責任については認めましたが、川岸氏の脱税の罪はそれほど重いものではないなどと述べ、調査を行う意志がないことをあらためて示しました。

一般質問は質問と答弁との合計で60分以内という決まりがあり、質問者に30分程度は保障するよう答弁時間を調整するのが通常ですが、今回は、私が18分、知事を含めた理事者(執行部)が42分と、答弁者が質問者である私の倍以上の時間を使ったため、4つめのテーマ「オリックス株式会社の風力発電事業計画について」は質問を中止し、文書質問に変更せざるを得ませんでした。

あまりに異常な答弁に、傍聴者からも「知事は大人げない」「質問つぶしのようないやがらせ答弁に驚いた。かえって、記念オケ疑惑についてまともに答えられない、やましいことがあるのではないかという疑いがますます強まった。」との声が寄せられました。

質問後の休憩時間に、傍聴にこられたみなさんと記念撮影(都合で先に帰られた方もおられます)

一般質問を行いました

議員になって4度目の一般質問を行いました。

徳島版「モリ・カケ」疑惑、「とくしま記念オーケストラ」事業にまつわる疑惑を中心に取り上げましたが、私が18分に対し、知事始や理事者の答弁が42分と、異常な答弁でした。おかげで、準備していた「オリックス株式会社による風力発電事業計画について」の質問ができずに終わりました。この質問を聞くために傍聴に来ていただいた方もおられたので、非常に残念です。(後日、質問趣意書《文書質問》を提出し、回答をもらいます)

質問したことにまともに答えず、すり替え、ごまかし、だらだら答弁による時間稼ぎと、あまりにひどい状況に、傍聴に来られた方からも、TVで見て下さった方々からも、「知事さんも大人げない。」「よほど、知られたくなかったんでしょうね。」等々の感想が寄せられました。

(本会議質問の動画は、県議会のホームページ:ttps//www.pref.tokushima.lg.jp./gikai/ の「議員紹介」または、「録画配信」からご覧いただけます。)

私の一般質問の概要は、次のページに掲載します。

質問終了後、傍聴に来て下さったみなさんと記念撮影(都合で、先にお帰りになった方もおられます)

記念オケ疑惑の真相解明を求めて―「真相を明らかにする会」がスタンディング

一般質問を翌日に控えた21日。夕方5時半から県庁前で行われた「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」の宣伝には、過去最高の40人を超える皆さんが参加し、盛り上がりました。明日の一般質問の準備の合間を縫って、県議団も3人揃って参加しました。

リレ-トークでは、「飯泉知事は真相を語れ」、「徳島版モリカケ疑惑の解明を」等、それぞれの思いが語られました。

私は、「今日の自民党の代表質問を聞いて、県民の求める真相解明とは程遠いものだった。」と指摘し、「明日の一般質問では、この間に県議団が調査してわかった新事実をもとに、知事を追及し、真相解明につなげたい」と語りました。
県議団は、宣伝終了後、再び控え室にもどって、質問の仕上げに取り組みました。

下の写真は、最後の追い上げで必死でパソコンに向かう私です。(片付かない控え室の様子もそのまま写されてしまいました・・・ヾ(・_・;)チョット‥)