恒久平和を願って・・・佐那河内村戦没者追悼式に参列

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内28日、佐那河内村戦没者追悼式に出席し、追悼の言葉を述べさせていただきました。

追悼の言葉の中に必ずと言ってよいほど盛り込まれる「悲惨な戦争を二度と繰り返さない」「恒久平和を願う」とのくだり。この決意のもとに日本国憲法が生まれたということに、あらためて思いを寄せ、心を込めました。

以下に、私の追悼文を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成29年度 戦没者追悼式に臨み、追悼の言葉を申し述べます。

約300万人もの国民が犠牲となった大戦が終わりを告げてからやがて73年が経とうとしています。この村でも、戦地に赴き犠牲になられた方が243名もおられます。亡くなられたご本人の無念はもとより、大切な家族を失ったご遺族の方々の悲しさ、悔しさは何年経とうとも色あせることはないのだということに思いを馳せるとき、あらためて、平和の尊さ、ありがたさを強く感じます。

NHKの朝ドラ「わろてんか」は、今、終戦間近の大阪を描き出しています。主人公のてんは、一人息子を戦地に送り出し、その安否もわからない不安な暮らしのなかで、自らが起こした「笑いの殿堂」も空襲で失います。戦争を知らない私たちにも、当時の暗い時代、戦争が人々の日常をどのように奪い、希望を、笑いを失わせていったかを教えてくれます。

戦後、もう二度とこんな悲惨な時代を繰り返してはならないとの強い決意のもと、日本国憲法が生まれました。日本国憲法は、先の大戦の悲惨な体験を経て日本国民が手に入れた最高の宝です。戦争放棄と国民主権、人権擁護など、2つの大戦を経た世界が目指すべき未来、最高の理想が込められています。この憲法と国民のたゆまぬ努力のもと、日本は、今日まで、他国と武力を交えることなく、平和を守ってきました。

ところが、今、この憲法を変える動きが盛んになっています。
憲法違反の集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法が施行されてからやがて2年を迎えますが、国会では、いよいよ憲法改正の発議が取り沙汰されるようになりました。何のためでしょうか。世界情勢の変化を理由に、日本もいざとなれば戦争できるよう備えなくてはいけないと言いますが、本当にそうでしょうか。
どんな国際紛争も戦争では何も解決しない、それどころか、ますます泥沼に陥ることを、私たちは世界でいやというほど例を見てきているではありませんか。
まして、現代は核戦争の脅威があります。ひとたび核兵器が使われるようなことになれば、戦争当事国だけでなく、この地球が終わる、そういう時代に生きていることを私たちはもっと深刻に考えなくてはいけないのではないでしょうか。
結局、紛争は話し合いでしか解決できないのです。

私は、平和な日本を、子や孫、その次の世代にも引き継ぐために、再び戦争する国への道を絶対に許さないために、この国の憲法を守りたいと思います。そして、世界中で、戦争やテロをなくそうと努力している人々と連帯し、平和な世界をつくるために力を尽くします。それこそが、先の大戦で犠牲になられた方々への真の慰霊の道だと思うからです。

最後になりましたが、本日、追悼式を開催していただきました関係者の方々、参列されたご遺族の皆様に深く感謝申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げまして、追悼の言葉といたします。

平成30年3月28日

徳島県議会議員  上村恭子

国民の怒りに火を注ぐ結果に! 酷すぎる佐川元理財局長の証人喚問

27日の佐川氏の証人喚問は、酷かった!
かつてのロッキード疑獄の「記憶にございません」を連発した証人喚問どころではない。

28日は、どこに行っても、この証人喚問のことが話題になりました。
保守的な立場と思われる方からも、「昨日の証人喚問、どう思われましたか?」と話しかけられましたが、私が、「酷かったですね。」と感想を述べると、「あんまりですよね!国会をばかにするにもほどがある。あんなもので、国民が納得すると思ったら大間違いです。」と、矢継ぎ早に言われて、私の方が圧倒されるほどでした。

全くです!昨日の証人喚問で、幕仕舞いなど許せない!国民の怒りに火を注ぐ結果となったことを安倍首相、官邸は思い知るべきです。

徳島病院の閉鎖、困る! 患者さんからの訴えが地元紙に

徳島病院の移転・閉鎖問題について、地元紙に患者さんからの投書が載っています。
(乾さんの投稿をシェアさせていただきました。)

不可解なことが多い徳島病院閉鎖・統合問題。16億1千万円もかけて病棟をリニューアルしてたった5年で何故閉鎖・板野の東徳島医療センターに統合するに至った合理的な理由は、対政府交渉でも示されませんでした。

私たちは、計画の撤回、徳島病院の充実を求めて行きます!

 

安倍9条改憲NO!憲法を守り生かす署名を呼びかけました

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)、車、屋外すっかり春めいた天気になりました。

25日朝は、定例のびっくり日曜市宣伝に憲法共同センターのメンバーも加わって、安倍9条改憲NO!憲法を守り生かす署名への協力を訴えました。
1時間半程の取り組みで131筆集まりました。

この行動に、鳴門から列車とバスを乗り継いで参加された方もおられました。

対話の中でも、森友学園問題に関わる公文書改ざんや、憲法改悪を狙う安倍政権への怒りの声がたくさん寄せられました。

この日は、徳島マラソンの日。こちらの方でも署名活動が取り組まれました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、子供、屋外画像に含まれている可能性があるもの:手塚 弘司さん、立ってる、屋外

「アースアワー2018」に連帯して  佐那河内村でキャンドルナイト ミニコンサート

24日(土)19時〜、私の地元、佐那河内村で、 「アースアワー2018 キャンドルナイト ミニコンサート」が開催されました。

「3.11 東日本大震災をわすれない」との副題がついたこの行事は、同じ日、同じ時間に電気を消すことで「緑の地球を守ろう」「地球温暖化を防ごう」との思いを世界で共有し、行動にあらわすイベントで、1時間灯りを消す消灯が、時差によって地球を一周ぐるりとまわるというものです。

19時から20時の1時間、暗がりに揺れるキャンドルを見つめながら、「クローバーカルテット」のみなさんが奏でる調べと「ラブさなごうち」の皆さんの合唱に酔いしれました。
子どもたちと父母の朗読もありました。

平和な世界、美しい地球を未来につなげていきたい、そのために私たちに何ができるか、何をすべきか、静かに思いを巡らせたひとときでした。

画像に含まれている可能性があるもの:キャンドル、夜、火、室内画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、結婚式、靴、室内

都内の徳島関連のお店を回りました

21日の午前は、秋葉原にある県商工会連合会アンテナショップ「ええもんあるでぇ徳島」を訪れましたが、なんと、今日で閉店とのこと。すでに2月末でレストランは閉店していましたが、アンテナショップも閉店、移転もないとのことで、残念です。

午後は、雪混じりの雨が降る中、有楽町にある徳島・香川トモニ市場〜ふるさと物産館〜を訪れました。ここは徳島銀行が運営しているお店です。徳島出身の店員さんがおられて、徳島の売り出しの在り方について色々ご意見を聞かせてもらえたことが大きな収穫でした。店内に流れているBGMは阿波踊りのよしこの。「香川を象徴する音楽はないので、もっぱら阿波踊りですね。徳島と言えば、阿波踊りじゃないですか。」と、店長さん。ただ、徳島市観光協会の「赤字で破産?」とのニュースを聞いて、「阿波踊り、今年はできるんですか?」と心配されていました。

この後、コンビニの中に徳島のコーナーがあるという 虎ノ門のローソン巴町店を目指し、牡丹雪が舞う中、ひたすら歩きました。
ここの店員さんからも貴重な意見を伺いました。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

 

 

 

 

 

夜は、渋谷区議団のみなさんと懇談し、自治体と企業の関係などについても議論になりました。

東京でのアンテナショップのあり方や阿波踊りなど、徳島の情報発信や物産の売り出しの在り方、さらに自治体の役割まで、色々と考えさせられた一日でした。

この日は、なんと1万5千歩余り、距離にして10.2㎞、上がった階段数は19階!悪天のなか、よく歩きました。

ターンテーブルで食事、宿泊を体験

ターンテーブル(玄関前からレストランを見る)

ターンテーブルは、県が、徳島県の情報発信・交流拠点として東京奥渋谷に開業した宿泊施設&レストランです。

20日の夜、県議団3人で、ターンテーブルで夕食を食べ、21日の夜は、女性陣でターンテーブルのホステルのツインに泊まりました。

メニューはおまかせのフルコース1種類で7,000円(単品の組み合わせも可ですが、かなり高くつきます)。野菜、魚、肉等、すべて徳島産の食材を使っていることが売りで、ウェイターが一品一品解説してくれます。メニューはボードに手書きなので、この解説がないとわからないのが、少し残念です。また、洋風の創作料理なので、「故郷の味」を求める方には期待はずれかもしれません。

ホステルは、オレンジのドアやベッドカバーにあしらわれた藍染めのスプレッドなどおしゃれな雰囲気ですが、荷物を置く棚やクローゼットはありません。(壁面に3カ所、ハンガーがかかっていました。)TVはなし、ゴミ箱は編籠がそうかなあと思いましたが、きれいな籠なので、ゴミを捨てる気になれず、持参したポリ袋に入れました。部屋の中にバス・トイレはなく、部屋を出た近くの共同スペースに設けられているのがちょっと不便。ティッシュも置いてありません。部屋の中に洗面と大きな鏡はありますが、照明が暗く、朝、化粧をするときにちょっと困りました。机や目覚ましやオーディオもありません。普通のホテルの設備を求める方にはふさわしくないかもしれません。

モーニングには、とくしまのフィッシュかつやちくわ、菜の花のサラダ、ワカメの味噌汁、春野菜のピクルス、米ぬかのふりかけ等が並んでいました。宿泊客には外国人が多いようでしたが、主食にパンはなく、ご飯のみというのが意外でした。

ちょうど、隣接する区の公園の桜が5分咲きくらいになっていて、2階のレストランや1階のバルからの眺めは最高です。

徳島の物産品も1階のマルシェで展示販売しています。私の地元、佐那河内産のわさび菜を見つけたときは、ちょっと嬉しくて、店員さんに思わず「私の地元なんですよ」と話しかけてしまいましたが、店員さんは、ハーフでアメリカンスクール出身で、漢字が読めないとのことでした。

 

1階の壁面には徳島の吉野川を中心に描いた風景が描かれていますが、どこにも徳島の風景だとわかる表示はいっさいなし。バルのテーブルもホステルの受付のカウンターも天井から釣られているランプのシェードも、徳島産の木でできていますが、聞かなければわかりません。

マルシェも品物を手にとって表示を見て初めて徳島参だとわかる状況です。あえて表示しないのがおしゃれなのだと聞きましたが、これで、徳島のアピールにつながるのか、ちょっと疑問です。インフルエンサー(影響を与える者)の情報発信に期待しているとのことですが、はたしてどうなるのか・・・?

 

 

 

 

阿波市で街頭宣伝

画像に含まれている可能性があるもの:1人、車、屋外24日午前は「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」の事務局会議に参加。
前日の団体回りの状況報告に、29日の宣伝と4月6日の学習会等、当面の活動予定の確認と準備が中心でした。

午後は阿波市へ。市議銭の投開票日が翌日にせまった阿波市で街頭宣伝を行いました。

高すぎる国保税や介護保険料引き下げ、保育料や給食費等、子育て世帯応援の市政へ。住宅リフォーム助成の拡充、店舗リフォームの創設等、地域経済活性化のための施策も。45億円もある財政調整基金等の財源を、市民の暮らし・生業応援に活用を、等など、市民の願いをまっすぐに届け、行政を市民目線で厳しくチェックする日本共産党の議席が必要です!
中野候補の勝利は、森友学園に加計学園等、国政を私物化し、官僚に公文書を改ざんさせてまで、国会と国民を欺く政治を平然と行う安倍政権への怒りの審判です!

徳島病院の存続を求める申し入れ

3月20日に行った対政府交渉での「徳島病院の存続を求める申し入れ」の全文を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年3月20日

厚生労働大臣 加藤 勝信 殿

 

 

日本共産党徳島県議会議員  山田 豊

同      達田 良子

同      上村 恭子

徳島病院の存続を求める申し入れ

 

徳島病院を閉鎖し、その機能を東徳島医療センターの地に移転・統合するとする再編案が、昨年12月に徳島県地域医療構想調整会議に提案され、今年2月21日には基本構想が公表されましたが、地域住民や医療従事者から突然の廃止方針について困惑の声が上がっています。

徳島病院の閉鎖を前提とした基本構想は一旦白紙とし、徳島病院の存続、充実を求めます。

以下、その理由を述べます。

 

徳島病院は吉野川市の地で県内のみならず、四国4県の筋ジストロフィーを含む神経・筋疾患難病の政策医療を担う基幹施設であると同時に難病医療の支援体制を担っています。

難病治療・リハビリをさらに向上させるとして、2013年には、16億1000万円を投じて病棟を新築移転し、総合リハビリテーションセンターも開設しています。

特に総合リハビリセンターは、再生医療リハビリの確立を目指すなど、国内でも最先端のリハビリに取り組み、ALS等、神経・筋疾患難病の患者さんの大きな希望の星となってきました。移転・廃止となれば、四国4県にとっても大変な損失となります。

 

この他、徳島病院は、内科等、一般的な科の診療も行っており、地域医療のなかで重要な役割を果たしています。

さらに、大規模災害時には、徳島県東部Ⅲ圏域の支援病院に指定されており、人工呼吸器等の専門的治療での支援が期待されています。

 

一方、板野町にある東徳島医療センターは、重症心身障害や結核等の呼吸器疾患医療を特徴とする専門的医療を担っています。

徳島県東部Ⅱ圏域にあり、大規模災害時の支援病院に指定されていますが、旧吉野川や中小河川に挟まれた地にあり、南海トラフ巨大地震時には洪水で2~5メートルの浸水被害が予想される浸水地帯となっており、災害時要援護関連施設に指定されています。

南海トラフ巨大地震がいつ起こるかわからない時代に、あえて、浸水被害が予想される場所に、防災上何の問題もない徳島病院の機能と患者を移すことは患者の安全上も大問題です。

 

基本構想では、両病院が実施している専門的医療、臨床研究、リハビリテーション等について、将来にわたって実施できる体制を確保するとともに、患者の療養環境をさらに充実していくことをうたっていますが、あまりにも地域の実情を無視し、防災上も問題の多い計画だと言わざるを得ません。