決算認定で反対討論に立ちました

今日の県議会本会議で、昨年度の普通会計歳入歳出決算について、党を代表して反対討論を行いました。

いつもなら、やじが飛ぶところですが、今日は、牛島小学校のみなさんが見学に来られていたせいか、静かで、やじもまったく聞こえず。

達田よし子議員が「子どもらの澄んだ瞳に見張られて 議会討論 やじなく終わる」と詠みました。上手いねえ(^_-)-☆

11月議会が始まりました  

今日から11月議会が始まりました。今日の、知事の所信演説。県の記念オケ事業で得た所得を申告せず、脱税で起訴された音楽プロデューサー代表の川岸氏のことは全く触れず。先日の記者会見で「県が脱税させたわけではない」と強調していましたが、この問題、「もうこれで終わり」にはさせません!

12月1日13:30~県議団長の山田豊議員が、一般質問で、とくしま記念オーケストラ」事業に関して、川岸氏への資金の流れ等について質します。
この他、県工事検査情報漏えい問題、とくしまブランドギャラリー「ターンテーブル」について、国保の都道府県単位化問題などを取り上げる予定です。

 

 

新日本婦人の会 県本部大会に参加

26日、ビックリ日曜市宣伝の後は、「新日本婦人の会」県本部大会に参加しました。私も県本部委員なので代議員ですが、日本共産党徳島県委員会を代表しての来賓挨拶も兼ねての参加です。

27日の県議会開会で2016年度決算に対する反対討論をするので、その準備のため、午前中のみで帰らせてもらいましたが、午前中のDVDや討論からも、あらためて新婦人の会の魅力と先進性を感じることができました。

好反応に驚き!「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」

寒さに負けず、元気よく訴える古田美知代元県議

 

26日のびっくり日曜市宣伝は、久しぶりに元県議の古田美知代さんが参加して、元気度アップ!

交代でマイクで訴えながら、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」を集めて回りましたが、反応が良いのに驚きました。たくさんの励ましや共感の言葉もいただき、とても励まされました。

記念オケ事業をめぐって   

記念オケ事業を巡って音楽プロダクション(アンサンブルセシリア)と川岸美奈子代表が脱税容疑で起訴された事件について。

飯泉知事の20日の定例記者会見。「県は適正に事業をしてきた・・・われわれが脱税させたのではない」と県の責任を否定する発言に耳を疑いました。
脱税容疑で起訴された川岸氏を政策参与に登用し、川岸氏の音楽プロダクションに記念オケ事業を運営させ、多額の県費を注ぎ込ませてきた知事の責任は免れません。
しかも、記念オケ事業について、「適正」に事業をしてきたなどと、どうして言えるのか!?
調べれば調べるほど、不透明な基金の運用や記念オケ事業の予算増大等々、謎は深まるばかりです。
川岸氏がなぜ記念オケ事業で多額の利益を得ることができたのか、公金の流れを解明すること、不透明な公金の流れを生む元となった基金の問題、川岸氏を政策参与に登用した経緯などを解明することなしに、この問題の決着はつきません。

この記念オケ事業の問題については、11月議会の一般質問(12月1日)で、6月議会の私の質問で明らかにできなかった疑問点を含め、我が党の山田議員が取り上げます。傍聴をよろしくお願いします。

上田公司候補を再び議会に送り出して下さい! 鳴門市議選挙スタート

 鳴門市議選が告示されました。日本共産党は、3期目をめざす上田公司候補の勝利のため全力を尽くします。

本日9時から行われた上田候補の出陣式では、選挙情勢について、4人余りの多数激戦の上、地元から有力新人が出るなど、かつてない厳しいたたかいだと強調されました。

上田候補は、市民のみなさんから寄せられた相談、要望に真摯に応えて迅速に動き、市民の生活改善に取り組んできました。様々な行事、催し物に顔を出し、地域の様子を把握するなど抜群の行動力を発揮してきました。

 上田候補は、市民の立場で市政をチェック。毎議会質問し、国の悪政に対しても、他の議員に働きかけて意見書を出すなど、安倍暴走政治から鳴門市民の暮らし・福祉を守るために力を尽くしてきました。

出陣式で挨拶に立った上田公司候補は、「人に役立つ仕事がしたいというのが、私の原点」と語り、「市民生活改善の取り組みを進めてきましたが、市政には、まだまだ課題が山積しています。大変厳しいたたかいですが、みなさんのご支援でなんとしても議会に送りだしてください」と述べ、元気よく街頭宣伝に出発しました。

鳴門市民のみなさん、暮らし・福祉、平和への願いを日本共産党の上田公司候補に託してください!

日本共産党地方議員団を代表して山田県議団庁が挨拶しました

全世代に負担増!  これが安倍自公政権の社会保障改悪プログラム

これが安倍政権が進める社会保障破壊のプログラム。すべての世代に負担増!

この上、2019年には、消費税を10%に引き上げる― 安倍自公政権は、増大する社会保障費をまかなうためには、消費税を引き上げざるを得ないと言いますが、本当でしょうか?

日本共産党は、消費税増税とは別の道 ―富裕層や大企業への優遇をあらため、「能力に応じた負担」の原則をつらぬく税制改革や、歳出の浪費をなくす改革、国民の所得を増やす経済改革で税収を増やす― で、国民の負担を増やさずに社会保障を充実させる改革を提案しています。

自動代替テキストはありません。

原発いらない!再稼働反対! 280回目の金曜行動に参加

「原発再稼働反対!徳島有志の会」の金曜行動は、今日で280回目。私も久しぶりに参加しました。

福島第一原発事故から6年7ヶ月。未だに事故の収束への道筋も見えず、ふるさとに帰れない5万4千人を越える避難者、汚染水対策、溶け落ちた燃料デブリ取り出しの困難さ等々、まともに向き合えば、原発再稼働など進められるはずがありません!

先日は、原子力発電環境整備機構が、学生に謝礼や支援を約束して使用済み核燃料の地層処分についての説明会に参加を依頼していたことが発覚。
こんな手まで使って、何がなんでも原発にしがみつく勢力に怒りがこみあげます。

「原発要らない!」「再稼働反対!」「原発なくして再生可能エネルギー増やせ!」「原発ゼロへ。子どもたち、孫たちに、安全安心の国土を引き継ごう!」
私たちはあきらめません(`へ´*)ノ

今日も、徳島駅前に、徳島有志の会のコールがこだましました。