国立徳島病院の移転・統合計画について

26日、徳島県社会保障推進協議会の会議で、医療労働組合の代表からショッキングな情報が提供されました。

独立行政法人国立病院機構が、板野町の東徳島医療センター(276床)の地に吉野川市の徳島病院(300床)を移転・統合し、病床を合計で100床減らす再編案を昨年12月25日に徳島県地域医療構想調整会議に提出したというのです。

吉野川市の徳島病院は、四国で唯一の筋ジストロフィー医療施設で神経筋・難病医療拠点施設として、難病医療支援という掛け替えのない役割を担っています。2013年には医療機能の充実・強化をはかるとして16億1,000万円を投じて病棟を新築移転し、総合リハビリテーションセンターも開設しています。
ALSという難病とたたかった故神野美昭さんも、この施設で最先端の治療・リハビリを受けました。

徳島病院の労働者からは、「300床規模の公的病院の移転は、吉野川市を中心とした地域医療の空洞化、雇用喪失と関連産業への影響による地域経済の衰退、大規模災害時の医療機能停止などが懸念され」るとして、徳島病院の存続・充実を求める声が上がっていますが、当然のことです。
県民の医療確保の視点からも、医療費削減ありきの乱暴な公的病院の統廃合、ベッド削減計画には反対の立場で対応していきたいと思います。

徳島市の国保制裁措置激増!? 対市交渉にご参加ください

26日、徳島県社会保障推進協議会の加盟団体代表者会議に参加しました。
この日の中心議題は、徳島市の「国保の制裁措置」に対する運動でした。
国保料の滞納世帯に対する制裁措置として資格証明書発行や預金等の差し押さえが激増しているとの報告に驚きました。

※ 「資格証明書」は保険料を滞納している世帯に発行される国保に加入していることを示す証明書です。
保険証ではないため、かかった医療費は、窓口で10割支払わなくてはいけません。一定の基準を満たす国保料納付があれば、後日、保険証が発行され、医療機関に持参すれば自己負担分以外の払い戻しが行われます。

徳島市の国保料は県庁所在地としては全国一高いことが問題となっており、高すぎて払いきれない国保料の引き下げを求める署名も、累計で7万筆余り寄せられています。

高すぎる保険料の改善なしに、こうした強権的な対応を行うことは、市民の命や暮らしを脅かすものとして見過ごすことはできません。

徳島県社会保障推進協議会は、市民の命にかかわる問題として、2月2日(金)午後2時~日本共産党徳島市議団とともに徳島市国保交渉を行います。
(場所は、徳島市議会棟4階第2委員会室。参加される方は、同日午後1時30分に徳島市役所1階ロビーに集合して下さい)

徳島梁山泊研修1日目メディアドゥ本社を訪問

23、24日と、徳島梁山泊(3期までの議員の超党派の会)の研修に参加しました。

23日は、皇居前のパレスサイドビル5階の(株)メディアドゥ本社を訪問し、メディアドゥ社長の藤田氏と(株)エーアイスクエアの荻野氏からお話をお聞きしました。

 

会社の入り口で― 初めて訪れる人は、どこから入るのか、どうやって入るのかとまどう― それが狙いだそうです

1. (株)メディアドゥ
メディアドゥは、電子書籍取り次ぎ事業を手がけている大手企業ですが、若き社長の藤田氏は、徳島の旧木頭村出身と、徳島ゆかりの方です。
かつて細川内ダム計画で揺れた村で「ダムに頼らない村づくり」をめざす村長の元で助役をしていたお父さんの遺志を継いで、過疎が進む故郷を活性化したいと、木頭ゆずをぽん酢やジャムなどに加工して販売する会社も立ち上げています。

藤田氏は、本屋街の近くで、民間では唯一、皇居に面し50年の歴史を刻んだ由緒あるこのビルに、7年越しの想いが叶って入居できたことを大変熱っぽく語りました。

ドアを開けると、広がる空間にびっくり!  まあるいソファにでーんと居座っているのは、那賀町のアイドル「ゆずがっぱ」 向こう側に一面広がる景色は皇居の森です

自然との共生、故郷の徳島・木頭への想いを込めたこだわりのあるデザインの会社で、多くの若い人が働いていました。さすが、書籍の電子化を手がけている会社だけあって、見事にペーパーレス。机の上に紙類が積んである風景は見えませんでした。

仕事をしながら雪を被った皇居が一望できるなど、何ともうらやましい環境です。(写真ではよく見えませんが、皇居の森も建物の屋根にもまだ雪が残っています)

徳島産のスギの丸太を大小取り混ぜて埋め込んだ大胆な壁画(?)

 

ガラス張りのホールから見た絶景 ― 雪の残る皇居の森

 

 

 

 

 

 

手塚治虫の漫画の全作品が揃った部屋にも驚きましたが、藤田氏が故郷の閉校となった小学校を世界最大の漫画図書館にするという計画に共感した手塚プロダクションから寄贈されたものだと聞いて、参加者から感嘆の声が上がりました。(続く)

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内

手塚治虫の作品がすべて揃っている部屋 「ブラックジャック」や「リボンの騎士」、「ジャングル大帝レオ」、「火の鳥」・・・・「鉄腕アトム」の設計図もありました

議会報告会を行いました

元徳島市議の中野一雄さんの司会進行で、なごやかな雰囲気でお話できました。

21日、午後からは日本共産党南後援会主催の議会報告会がありました。渡邊亜由美徳島市議とともに報告させていただき、参加者のみなさんと懇談しました。

私からは国政、県政問題、特に安倍政権が狙う憲法9条の改正(自衛隊を憲法9条に書きこむ改憲)で日本がどうなるのか、格差と貧困をいっそう広げた経済政策=アベノミクスについて、日本共産党の見解と政策等を紹介しました。さらに、森友・加計学園問題のようなお友達優遇の政治の私物化問題が徳島県政でも起こっているとして、「とくしま記念オーケストラ」事業にかかわる疑惑問題について取り上げ、県政の私物化を許さず、県民の暮らし・福祉の願いに応える県政への転換を求めて頑張りたいとお話しました。

渡邊亜由美市議は、「みなさんが一番関心を持っておられることに絞ってお話します」として、徳島市が6市町のゴミを受け入れるゴミ処理場建設問題と文化センターに代わる市民ホールの問題について、経過報告と市議団の対応について説明しました。

渋野、丈六、多家良、勝占地域の方がほとんどで、ごみ処理施設の問題について質問や意見が相次ぎました。

この地域では初めて開催したので、どれだけの方に参加していただけるか不安だったのですが、休日の昼間にもかかわらず、21名の参加をいただき、嬉しい限りです。
足を運んでくださった参加者のみなさん、また、報告会を準備し、参加の声掛けをしてくださったみなさん、ありがとうございました。

自然エネルギー活用が開く明るい未来 映画「日本と再生 光と風のギガワット作戦」を観て

びっくり日曜市で訴える古田美知代元県議

21日(日)は、朝から行事が目白押しでした。

定例のびっくり日曜市での宣伝の後、9時30分~「原発ゼロ徳島連絡会」(正式名称:原発からの撤退、自然エネルギーへの転換を求める徳島県連絡会)の総会へ。
福島第一原発事故が起こって以来、毎月11日に徳島駅前で原発再稼働ストップ、自然エネルギーへの転換を進め、原発はゼロへと訴える街頭宣伝「イレブンアクション」の取り組みや、各種講演会や署名運動の取り組みなどの報告、決算報告等の後、新年度方針や予算、役員新体制の承認などが行われました。
その後、「日本と再生 光と風のギガワット作戦」の映画上映がありました。
この映画は、脱原発を目指す弁護士・河合弘之氏が「原発をなくしても、自然エネルギーで地域も経済も再生できる」と考えて、世界の自然エネルギー活用の実際を見て回る旅に出るドキュメンタリー映画です。
世界では、自然エネルギーの活用がどんどん進められ、技術も発展しています。
ところが、日本は自然エネルギーの宝庫なのに、原発をベースロード電源に位置付け、自然エネルギーの活用に事実上ブレーキをかける政治のために、世界の自然エネルギー活用のレベルからは大きく遅れています。
デンマークの、ベースロード電源という考え方を止めて自然エネルギーの活用を第一に位置付け、不足する部分を火力発電等で補う方式に変えるという発想の転換には感心しました。
米陸軍でも自然エネルギー活用を進めているという軍幹部との対談の場面が出てきますが、「石油等の資源の奪い合いで戦争が起こる。自然エネルギーは自国の資源で賄えるので戦争がなくなる」と軍幹部が言っていることに驚きました。
この映画を観て、自然エネルギー活用が開く日本の未来を想像し、とても幸せな気持ちになりました。やっぱり原発にしがみつく政治は変えなくてはいけませんね!

原発ゼロ徳島連絡会総会風景

楽しかった「女性のひろばカフェ」

「女性のひろば」カフェ(読者会)が初めて開催されました。

創刊号から愛読している(!)という方、自宅のトイレに置いて、トイレに入るたびに少しずつ読むので、いつの間にか全部読めて、次号が待ち遠しいという方、小さいのでバッグに入れてどこにでも持って行ける、病院の待ち時間に読んでいるという方、いろんな読み方があるけれど、安くて(310円)読みどころ満載!

私は、書店に積んであったのが最初の出会い。小さくて素敵なイラストが描かれている表紙にひかれて手に取ってみたのが「女性のひろば」でした。届くと真っ先に読むのが連載小説でした。

今の、カラー写真のページ「ピースなにゃん・わん」(世界のネコと犬の写真)やダウン症の書家、金澤翔子さんのお母さんの文が添えられた「翔子の書」も好き。
椎名誠さんの随筆「おなかがすいたハラペコだ」も面白い。
もちろん、政治や社会問題も読みやすい。

等々、忙しくても読みたくなる月刊誌、もっと広げたいねと、話がはずみました。

戦争法(安保法制)廃止! 安倍9条改憲ストップ! 19日行動

昨日、19日は、憲法違反の「安保法制(安全保障関連法)」いわゆる「戦争法」が強行された日、2016年9月19日を「記念」して、全国各地で戦争法廃止と安倍政権が狙う憲法9条改悪ストップを訴える行動日でした。

昨日は、金曜日の朝の定例宣伝と昼休みの19日行動と2回、徳島駅前で訴えました。

 

阿波おどり空港新ターミナルの内覧会に行って来ました

黄色い円で囲んだ部分が3本目のボーディングブリッジを含む新ターミナル

徳島阿波おどり空港の新ターミナルが完成したとのことで、内覧会に行って来ました。達田県議も一緒でした。

新ターミナルは、県が徳島阿波おどり空港に国際線を誘致するとして、18億の県費を注ぎ込んで阿波おどり空港に増設したもので、3本目のボーディングブリッジや入出国手続施設等を備えています。(阿波おどり空港施設の全体の写真の黄色い円で囲んだ部分)

今日の内覧会は、県議会議員を対象としたもので、写真撮影もOKとのことで、施設を見学しながら撮影させてもらいました。(供用開始後は、写真撮影などは禁止)

3階建ての新ターミナルは、天井の高さが低い(2mくらいか?)のが気になりましたが、徳島阿波おどり空港がもともと2階建てのところを、この部分だけ3階建てにしているので仕方ないとのことでした。

私たち共産党県議団は、この新ターミナル建設計画に反対してきました。
県財政が厳しい状況のもとで、老朽化しているわけでもないまだ新しい施設を国際チャーター便の需要予測もきわめて曖昧な状況で拡張する、しかも民間が増資に見合う収入を確保するのが難しいから、事業費は全額県で負担するということでは、県民の理解は得られないと考えたからです。

この間の経緯を思い起こすと複雑な心境ですが、1月21日~香港のチャーター便が就航することは歓迎で、徳島の経済に良い影響が及ぼされることを願っています。

 

 

 

 

 

ボーデンブリッジの通路で

守る会の「新春のつどい」に参加しました

挨拶する井出会長

1月14日(日)12時から、守る会の「新春のつどい」に参加しました。守る会の「新春のつどい」は、毎年、徳島市生活と健康を守る会が主催し、今年で32回目を迎えました。
徳島県下の市町村で住民の暮らしと権利を守る要求実現運動に取り組む仲間たちが、手作りの料理を持ちより、今年1年、元気に頑張ろうと楽しく交流しました。

 

 

 

県議団・徳島市議団も挨拶の後は地域ごとのテーブルに分かれて参加させていただきました。

美味しい料理を食べながら、勇壮な太鼓演奏、優美な南京玉すだれ、楽しいアートバルーンや手品、オカリナ演奏に合唱、カラオケ、100歳体操等の出し物やゲーム等、盛りだくさんの出し物で楽しい時間を過ごしました。
特に100歳体操は、会場の参加者も総立ちで一緒に躍り(?)、大いに盛り上がりました。
守る会の底力を感じるつどいでした。

「こだぬき」のみなさんによる勇壮な和太鼓演奏
楽しいバルーンアート

美しい旋律を奏でたオカリナ演奏

参加者も一緒に踊った「100歳体操」

   

 

優美な南京玉すだれ