新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会が結成されました


 今日、13:30から、「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」の結成総会がありました。
 予想を超える103人の参加者で、会場はいっぱいになりました。
 音芸ホール建設を中心とした新町西再開発については、市民から、再開発としての効果はない、税金の無駄遣い等批判の声が上がっていました。また、強制執行で土地を取りあげられるのは我慢できないと怒る地権者も加わった「住民投票を求める会」が46,000筆を超える署名を集めましたが、市長は「住民投票は必要ない」と主張。市議会も住民投票条例案を否決。
 この事態に、市民の声を無視するのは許せないと、「新町西再開発の白紙撤回を求める」一点で市民が立ち上がったのです。
 会では、1万人の会員を集める運動を展開し、市長と市議会に計画の白紙撤回を求めていきます。
 第十堰以来の市民運動に発展しそうな熱気を感じる結成総会となりました。

もう我慢できない!?国民生活は負担増のオンパレード!!

 10月から年金給付の切り下げが始まりました。一方で生活必需品や自動車保険料などは値上がり。
 今日久しぶりに、かごや町、東新町の商店街を歩いてみましたが、日祝日に比べると人通りが多いように思いました。「土日に紺屋町地下駐車場を利用すると1時間まで無料」を知らせる看板をあちこちで目にします。なんとか商店街にお客さんを呼び込もうと、お店のみなさんも頑張っています。
 買う方も売る方も困る消費税増税。なんとしても中止に追い込みたい!
(図表は、10月1日の「しんぶん赤旗」ネット版より転載)

りんと咲く花

 この間、「しんぶん赤旗」の購読を訴えたり、「(新町西再開発の)白紙撤回を求める会」の入会や消費税増税中止署名のお願い等で居住支部の方と地域を歩いています。
 日本共産党の参議院選挙での躍進を喜び、期待の声を寄せてくださる方が多く、対話もはずみます。
 私たちは、この期待に応えるための「自力をつける」努力もはじめています。
 今日、安倍首相は来年4月からの消費税8%への増税を宣言しましたが、国民の世論は増税反対が多数です。あきらめたら向こうの思うつぼ。粘り強く運動をすすめるのみです。
 私の元職場のOBの方のお宅で飾られていた紫の花。
 けなげななかにもりんと胸を張って咲いているように見えました。