定例駅前宣伝

今朝は定例の徳島駅前宣伝をしました。
 古田美知代県議は、福島にボランティアに行っていて留守でしたが、古田書記長、山田豊県議予定候補とともに元気よく訴えました。
 山田豊予定候補は6月の県議補選にも立候補します。

 この県議補選は、来年の一斉地方選挙までの間の徳島県政の行く末を左右するだけではありません。
国政の重要な課題すべてで多くの国民の願いをふみにじり暴走する安倍政権に、徳島からNO!ののろしを上げる絶好の機会ともなります。
この補選で1議席をもぎ取り、我が党の議席を3つに増やせるかどうか、全国が注目する選挙戦です。
 私たちの訴えに聞き入って、頷いたり、手を振って応援してくださる方に励まされ、「こぴっとがんばんべ!」と気持ちも新たに、朝のスタートを切りました。

さくらんぼ

  晴れの日は、朝、少し肌寒いと思っていても、日中は初夏を思わせるような日差しになる季節となりました。
 今日、地区委員会の事務所にサクランボの実の差し入れがありました。小粒ですが、一枝にびっしりついている姿が見事ですね。
 今日は、居住支部の皆さんと自転車で地域を回りましたが、あちこちでサクランボの実が成った桜の樹を見かけました。

美波町へドライブ

 今日はお休みをいただいて、夫と帰省中の娘と私、3人で美波町にドライブに行きました。
 子供達が幼かった頃は、ゴールデンウイークには、よく牟岐や日和佐をドライブし、昼食は「海の家」で海賊焼きを食べました。残念ながら、もう「海の家」はないので、「屋形船」というお店で海賊焼きを食べました。
写真は「せったえび」です。姿が履き物の「せった(ぞうり)」に似ているということで、この名が付いたそうです。焼いて甲羅にはさみを入れて割って食べますが、分厚い白い身がおいしくて、くせになりそうです。
 JR牟岐線の鯖瀬駅の近くにある鯖大師にもお参りしました。(駅前の「さばせ大福」がおいしいんです。おみやげに買いました。)
 写真は、祈願してさばを3年絶つと願い事がかなうという鯖絶ち絵馬のコーナーです。

 日和佐のウミガメカレッタにも行ってきました。さすが、こどもの日、大勢の親子連れで賑わっていました。ちょうど、保護していたウミガメの放流があったのですが、残念ながら、人だかりでウミガメが海にもどるところは撮れませんでした。
 ここには、国内最高齢・団塊世代の浜太郎という昭和25年生まれのアカウミガメがいます。(写真は、特徴の説明書きを見て、浜太郎かな?と撮ったもので、ちがうかもしれません。)
 まだ少し時間があったので、かっぱのげんさんにもご挨拶しようとほたる村に寄ったら、ホテル「白い灯台」で25周年のお祝いをしているとのこと。急遽、ホテル「白い灯台」にも行き、かっぱのげんさんにもお会いすることができました。
このホテルは、昨年の参議院選挙中、日和佐で演説会をした帰りに宿泊したホテルです。当時は夜遅く止まって翌朝早くに出発したので、ゆっくり景色を見る余裕もありませんでしたが、今日は館内を散策し、景色もゆっくり見ることができました。
 もう少し天気がよければ言うことなしでしたが、久しぶりに親子3人で楽しんだ一日でした。(息子は就職活動中で、エントリー先の企業から出された課題に追われ、今回は不参加でした。)

徳島大学交響楽団の定演

 
 5月4日、帰省中の娘と一緒に、文化センターで開催された徳島大学交響楽団第50回定期演奏会に行ってきました。 
    演目  L.J.F.エロール:歌劇「ザンパ」序曲
         E.グリーグ   :「ペール・ギュン」組曲 第1組曲 作品46
         P.I.チャイコフスキー:交響曲 第5番ホ短調 作品64
 ほぼ1年かけてハーモニーをつくりあげてきた学生たちの熱い想いが伝わるような迫力で圧倒されっぱなしでした。 もちろん、プロではありませんから、音程が微妙に合っていなかったり、管楽器の音がスムーズに出ていないなど、気になる点もあり、惜しいなあと思う箇所もありました。
しかし、小笠原洋三先生の指揮に導かれ、気持ちを一つに合わせて演奏する姿とその音色は、観客を十分に魅了し、最後は割れるような拍手が鳴り止みませんでした。
 私もかつては団員としてヴァイオリンを担当していました。卒業してすでに34年が経っていますが、演奏会後に行われたOBの写真撮影時には、小笠原先生や同世代や先輩とも会え、一気にタイムスリップしました。
それにしても、学生に混じって演奏していたOBの方達には脱帽です。多忙ななかで、時間をつくり、練習に参加する、いくら好きといっても並大抵の努力ではできないことですね。私もいつかは、と思いながら今日まで来てしまいました、・・・。
(写真は、私が出演した時の第14回定期演奏会のものです。会場では許可者以外撮影禁止でしたので、昔の写真を代用しました。さて、私はどこにいるでしょうか?ヒント:当時の私は大学3年生、第2ヴァイオリンです。)

駅前定例宣伝

 金曜日の朝の駅前宣伝。このところ、選挙続きで宣伝をお休みしていましたが、中間選挙も終わり、再開です。私は、先週末から風邪をこじらせ、まだ鼻声ですが、安部内閣がたくらむ医療・介護改悪はNO!と訴えました。
政府は、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向け、医療・介護分野の費用増大をなんとか押さえ込もうとやっきになっていますが、政府の計画のままでは、大量の医療難民・介護難民を生み出し、社会不安を増すばかりです。
 「すべての国民に行き届いた医療・看護・介護を」との医療・介護労働者の願いも踏みにじる安部内閣の暴走政治。「国が決めたことだから」と悪性をそのまま県民に流し込もうとする県政も許さない。
 日本共産党は、目前にせまった県議補欠選挙でなんとしても勝利し、来年の一斉地方選挙で過去最高の議席を得るために全力で頑張ります。(写真は、美波町議選に勝利した中川なおき町議のご自宅にあった、トトロの置物です。見る者の心をあたためてくれる不思議な魅力があります。)

5月1日 メーデー集会に参加

 鷲の門広場で開催された、第85回 メーデー徳島中央集会に参加しました。
 40団体、250名が参加。中でも、私の出身労組、徳島県医労連からは、100名の仲間が参加。カラフルなプラカードをかかげ、医療・介護の改悪反対、医師・看護師・介護士増員をと訴えました。
不当解雇撤回を求めて闘争中のJAL労組からも迫真の訴えがありました。
 安倍政権の暴走を許さず、大幅賃上げ実現、労働法制改悪ストップ! 平和を守れ!社会保障守れ!
集会後は、働くものの願いをシュプレヒコールにこめて、元気よくデモ行進しました。