消費者庁移転問題で国会議員団と意見交換

国会で懇談 徳島への消費者庁の移転問題について、党国会議員団や関係者と懇談してきました。

 

ちょうど、2月6日(土)に日弁連が消費者庁移転問題で緊急集会を開催したところで、詳しい資料もいただきました。

 

消費者庁の移転の是非だけにとらわれず、この間起きた食品偽装問題や長距離バスの事故の背景など、消費者行政について、もっと広い視野でとらえて考えていくことが重要だということに気づかされるなど、今後の議会活動のヒントも得られることができたのは、大きな収穫でした。

 

梅村議員、清水議員、秘書のみなさん、国会事務局の担当職員の方、マスコミ関係者など、大勢の方と意見交換でき、大変有意義な1日でした。

 

帰りの空港便の時間まで、少し余裕があるならと、清水議員のはからいで、予算委員会の審議の一部を傍聴させてもらえるという、うれしいおまけつきでした。

今まで、何回か国会に行ったことはありますが、審議の傍聴はもちろん、議場を直接見学させていただいたのも初体験でした。

 

日曜市宣伝にふるた元県議が復活

12670121_457476191124346_6091754611848350356_n[1] 定例の日曜市宣伝。2月7日は、出だしにあられが降りだして、びっくりポン!
ふるたみちよ元県議も久しぶりにマイクを握って元気に訴えました。

 

憲法違反の戦争法強行、消費税10%への引き上げ、社会保障は自然増まで切り捨て、原発再稼働、沖縄の辺野古への新基地建設強行と、国民の望みとは正反対の政治で暴走する安倍政権。参議院選挙での日本共産党の躍進と野党共闘実現で、退陣に追い込もう!

 

徳島市長選挙では、新町西再開発の白紙撤回でぶれない市民派の立石さんを応援し、市民の手に市政を取り戻そう!
自民党の派閥争いでかつがれた候補では、市政は変えられません。

 

私たちの訴えに、「寒いなか、朝早くから頑張っとんなあ。期待しとるでよ!」と、手袋を脱いで、握手を求めてきた方がおられました。うれしいですね。

「戦争法」は廃止を!  地域の統一行動に参加

地域の統一行動で、戦争法(安全保障関連法)の廃止を求める署名を集めに回りました。

私の組は、今まで、回ったことのないお宅が多く、反応は余り良くなかったのですが、戦争法shomei01[1]の現実の危険性、戦乱の続く南スーダンで、PKOに派遣されている自衛隊が駆けつけ警護に駆り出される可能性があること、そうなれば、まさに自衛隊が殺し殺される事態になり得ることなどお話すると、「恐いですね。戦争だけはいやです。」と快く署名に協力してくれた方もおられました。

 

「あれ、上村さんやないね。知り合いに佐那河内の人がおって、選挙頼まれたんよ。頑張ってね。」と、うれしい出会いもありました。

 

こつこつと、地域を歩いて、対話して。今、全国で、戦争法の廃止を求めた地道な努力が続けられています。

 

 

 

 

 

 

継続は力なり  定例宣伝続けています

12662598_456877617850870_7489366505431048535_n[1]20160205_080157_resized_12月5日(金)朝も、自宅周囲の畑は、霜で真っ白でした。

 

私たちは、寒さに負けず、定例の街頭宣伝を続けています。

 

定例の徳島駅前宣伝で、ふるた書記長は、戦争法廃止に向けての運動について、私は、甘利前経済再生担当大臣の汚職問題、安保法制(戦争法)の現実の危険と廃止を求める運動について、消費税増税と社会保障解体など暮らしの問題について取り上げました。

 

山田県議団長は、貧困と格差の問題に関して、貧困層が増えている現状のもとで、経済格差をさらに広げる消費税10%への引き上など絶対に認められない、国政でも県政でも、庶民の暮らしを守る政治への転換めざし、力をあわせましょう!と呼びかけました。

 

 駅前では、私たちの訴えに、耳を傾け、手を振って応えてくださる方もいて、反応が楽しみです。

木琴の音色に魅せられて   市民コンサート

12645113_456947927843839_703527219666166494_n[1]  通崎 睦美(つうざきむつみ)さんの木琴リサイタル(市民コンサート)に行きました。

 

木琴の温かく柔らかな音色に軽やかさも…。
素晴らしい演奏に聞き惚れ、ゆったりと幸せな時間を過ごしました。

 

12647144_456947954510503_2564566691731331210_n[1]彼女の演奏はもちろん、トークもファッションも魅力的で、いっぺんにファンになりました。

(写真は、パンフレットより。)

今日は節分 

今日は、節分です。今夜は、家族で恵方巻きもどきを食べましたが、食べ終わるまで黙っているなどということは、しょせん無理ですから、そこは、おしゃべりを楽しみながら。豆まきは省略し、歳の数など、とても食べられないので、パック入りの豆を少量食べました。

 setubunfi-12[1]
 節分と言えば、鬼。
 私は、学生時代、寮(藍香寮:あいかりょう)に入っていましたが、そこでついたあだ名が、「オニさん」。寮の厚生委員をしていたときに、抜き打ちで早朝の消防避難訓練を実施したことでついたあだ名です。
 早朝の避難訓練は、消防署と連携を取って年一回は行っていた恒例の行事でしたが、先輩など、一部の寮生には、こっそり訓練の日時を漏らすことが通例となっていたそうです。しかし、私も、男子寮の厚生委員だったR君もそれでは訓練にならないと、誰にも日時を教えませんでした。
 そこで、ついたあだ名が「鬼」。私が「赤鬼」、R君が「青鬼」。
青春時代のほろ苦い思い出です。
 でも、今は、・・・「『安倍は外!』って豆巻いて、退治してしまいたい」「本当に!」 今朝の県庁でのたつた県議とのやりとりです。

遍路道、「竹林の道」が大変!? 

0d837932782bf0dbe7777bd9f2b50589[1] 「雨が降ると遍路道に赤茶色の液が流れ出して、汚くて困っている…」という声が寄せられていると達田県議から話があり、県議団3名で現地を見てきました。
阿南市の新野町から福井町に抜ける県道で、四国の道では「竹林の道」と紹介されているところです。

達田県議の案内で、竹林の県道に車を走らせていると、本当に道路が赤茶色に染まって、少し臭いもする  箇所がありました。

8ca248cd0ed685978ee0bdd6bd869cb1[1]

雨が降っていない日でもこんな状態です。雨が降れば、さらに汚染水が流れ出して、歩くのがためらわれる状態になることが容易に想像できます。
「世界遺産」登録も取り沙汰されている「いやしの道」が台無しです。

どうも、広範囲に埋め立てられたゴミが原因のようだということですが、
こんな状態になるほど大量のゴミを埋め立てて放置してあることに驚きました。人里離れて、人の目が届かない場所だからわからないだろうと考えたのでしょうが、「あとは野となれ山となれ」とは、まさにこのことです。

いったいどんなものが埋め立てられているのか、環境汚染も心配です。657eee471b1e3199084933e0fe1435e9[1]

達田県議から阿南県民局に対応をお願いしているとのことですが、どういった対策を取ることができるのか、今後問題となりそうです。