国民健康保険の改善を求めて  徳島市に要請を行いました

要請書をわたす井上会長(向かって右側)

12日、13時~県社会保障推進協議会のメンバー20人で、徳島市への国民健康保険(国保)の改善に向けた要請を行いました。
党市議団からは、加戸市議、塀もと市議が同席しました。

 

徳島市の所得に占める国保料は20%を超え、県庁所在地で全国トップクラスです。

国保は健康保険と違って事業主負担がありません。自営業者や農業者、年金受給者、非正規雇用の労働者など低所得層が多いので、国が事業主の代わりに負担金(公費負担)を入れていますが、かつて50%あった公費負担が、どんどん減らされて25%ほどに減っています。
国保の加入者は、高齢者が多いため、医療費も多くかかるのに、事業主代わりの国の公費負担が少ないため、健康保険に比べて保険料が大変高くなってしまうという「構造的問題」があります。
保険料が高くて納められず、滞納する世帯が増えて、それが市町村財政を圧迫するという状況が長く続いていました。

「財政基盤の安定化をはかる」として、今年度から都道府県が財政主体となる「広域化」が行われました。
県が市町村別に標準保険料率を定め、市町村に納付金を課します。市町村は、標準保険料率に基づき、保険料(税)を決定し、住民に通知し、保険料(税)を徴収。納付金を県に納める仕組みに変わりました。

国は、制度変更にあたり、公費負担を拡大しましたが、徳島市の国保料は引き下げられないままです。

保険料を納められず滞納すると、市町村から納付の催促がきますが、応じないでいると「短期保険証」(有効期限が数ヶ月)が送られてきます。この間に納付相談などをしないで1年以上経過すると短期保険証を取り上げられ、「資格証明書」が発行されます。「資格証明書」では、全額自費で医療費を納めなくてはならないので、実際には医者にかかることなどできなくなります。いのちにかかわる問題です。

 

要請事項は、高すぎる国保料を払える額に引き下げて、低所得を理由とした国保料の申請減免を行って、きめ細かで親切な納付相談を、財産調査は本人に告知して、差し押さえは負担能力があると認められた場合に限って、生活に支障が生じないような配慮を!等の7項目です。

 

徳島市長は、今年の3月議会で、「低所得」を理由とした国保料の申請減免を行うための財源を一般会計から出すことを検討すると答弁したとのことですが、今年度は実現していません。この件はどうなったのかとの質問に、市の担当者は、「平成31年度予算にみなさんの要望を反映させるかどうかということになる」(来年度から実現する可能性があるということ)と答えました。
国保料の減免は、災害や失業など、特別の事情がある場合に限って行われることとなっていて、「低所得」などの理由はあてはまりません。国保の加入世帯には、「均等割」といって、たとえ所得が全くなくても、一人当たりいくらと頭数で保険料が課せられます。
もし、「低所得」による減免が認められれば、県内市町村では初めてのケースとなり、大きな前進です。参加者からは、ぜひ実現をと強く要望がありました。

もっとも、「低所得」というのは、大体、生活保護基準以下の所得ですから、高すぎる保険料自体を引き下げなければ、国保加入者の負担は軽くなりません。収納率を上げるためにも、市の一般会計から繰り入れを行うなどして保険料を引き下げる努力を求めることは当然です。

国の公費負担を、全国知事会も要望しているように「1兆円」に増やすこと、県にも「激変緩和措置」としての独自支援だけでなく、市町村への賦課金自体を減額するための独自支援を行うよう、求めていくことも必要です。

 

要請のなかでは、「国保料の納付相談日に行ってみたら、窓口が大変混雑して長時間待たされた。座る場所もなく、立ちん坊の人が大勢いた。」「わずかな年金しか収入がなく、保険料が納めきれないから減額申請しているのに、毎回『却下』の返事だけ。なぜ『却下』されたのか説明もしてくれない。」「納付相談で、毎月これだけならなんとか収められると思って書類を書いて持って行くと、『もっと払えませんか?これでは受け付けられないので、また、次回、相談に来て下さい。』と、冷たい対応。もっと親身になってほしい!」等々、相談に来た市民への対応の冷たさが次々と訴えられました。

相談日には、ロビーに予備の椅子を用意する、窓口対応の体制を増やすなど、市民への対応の改善も求めて1時間余りの要請を終えました。

原発なくても電気は足りる!  原発NO!の金曜行動に参加

12日18時~「原発再稼働反対!徳島有志の会」の327回目の金曜日行動に久しぶりに参加しました。

 

リレートークで、「電力供給が多すぎるからと、再生可能エネルギーによる発電の『出力制御』を実施する九州電力はおかしい!危険な原発こそ停止すべきでしょう!」と、怒りを込めて訴えました。

まさに、「原発なくても電気は足りる」「電気は足りてる。足りないのは、『愛(住民のいのち、くらしを守ることを一番に考えること)』」です!

       

神社の草刈り・掃除をしました

今朝は、地域の神社の草刈り・掃除に行きました。
お祭り前の老人会の行事の一つです。

瀧之宮神社・杉之宮神社という公園の一角にある神社です。
以前は、公園のグラウンドを老人会がゲートボールの練習や試合に使っていたのですが、今は全く使われていないため、公園にも草が生い茂り、荒れています。
かつては、わが家の子どもたちが、ブランコに乗ったり、砂場で遊んだりしていた公園だと思うと、寂しい気持ちになります。
草を刈り、落ち葉を掃き集め、御社を掃除すること1時間余り。なんとかきれいになりました。

風が冷たく、身体を動かしていても肌寒いくらいです。
遠く、ろくろう山に並ぶ風車が回る様子もくっきりと見える朝でした。

  

疑惑の幕終いは許さない! 県庁前の「記念オケ疑惑明らかに」行動

11日夕方、県庁前での「記念オケ疑惑明らかに」行動に県議団そろって参加しました。

 

達田県議は「文書質問を認めないのは、議会が自らの手を縛っているようなもの。なぜそれほどまでに知事をかばうのか!!」と、怒りを込めて訴えました。

参加者からも「疑惑の幕終いはゆるさない!」との声が次々と上がりました。

11月議会では、達田県議が一般質問に立ちます。

丈六でのおはよう宣伝

冷たい雨がそぼ降る中、渡邊市議、古田美知代さんとともに、丈六でのおはよう宣伝に取り組みました。

消費税10%への増税は中止を!との市民の願いに背を向け、請願を否決した徳島市議会。
「記念オーケストラ」の疑惑の真相解明を求める県民の声に向き合わず、疑惑に蓋する知事に協力して、疑惑追及の議員の文書質問を封じる県議会。

この議会の実態と日本共産党の議席の値打ちを、もっともっと多くの県民、市民に知ってもらいたいとの思いで訴えました。

雨の中でも、私たちの訴えに耳を傾け、手を振って励ましてくださる方が何人もいて、あったかい気持ちになれた朝でした。

文書質問差し止め 県議団ニュースで知らせます

9月定例会で、多数会派が日本共産党の文書質問を止めるという事態が起こりました。
この問題については、地元紙も「県議会議運委 記念オケ『追及』許可せず」と大きく取り上げましたが、記事を読んだ方から、さっそく会派控え室に激励の電話をいただく等、反響の大きさは予想以上です。

今日の地元紙夕刊「時事柳壇」には、「オケにふた 知事に顔向く県議会」との投稿も。

議団県としても独自に広報すべきだろうということになり、本日、県議団ニュースを発行したので、紹介します。
(しんぶん赤旗を購読していただいている読者のみなさんには、日刊紙と、14日付けの日曜版に折り込んでお届けします。)

自動代替テキストはありません。

9月議会、本日閉会しました

9月議会は、今日閉会しました。

 

昨日、臨時の文教厚生委員会で審議した、風しん抗体検査等推進事業6,500万円を含め、19議案の全議案、補正予算総額104億5199万円が、賛成多数で可決成立しました。

日本共産党は、19議案中18議案に賛成。
警察駐在所17箇所の建て替えと維持管理をPFI方式で県外大手企業に受注させる事業契約議案に反対し、達田よし子議員が反対討論に立ちました。
達田議員の反対討論を以下に紹介します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私は、日本共産党を代表して、議案第16号「徳島県警察駐在所整備等PFI事業の特定事業契約について」に反対の立場で討論します。

この議案は、県内の駐在所17か所の建て替えと維持管理に関するものです。
建て替えは6億4295万円で、香川県にある積水ハウス株式会社東四国支店が行い、維持管理業務については、2億3702万円で、広島県の積和不動産中国株式会社が今後30年間行うという契約です。

私は、老朽化した駐在所の建て替えは、すみやかに行っていくべきと考えています。
しかし、その事業の在り方として、PFI事業で行うことに賛成できません。

これまで、私は、PFI方式は、もうけは県外の大手企業に、県内中小企業は下請け、孫請けでしか参入できず、県内経済にとってもマイナスだと指摘をしてきました。

実際に、この契約では、県内に点在する17か所の駐在所をひとまとめにして契約するもので、設計、建設、運営、維持管理などを一体的に行う形式をとり、契約規模を大きくしています。
警察施設の建て替え、維持管理という公共事業をPFIの手法によって、県外の大企業が県内中小企業の仕事を奪う形になっていると言わざるを得ません。

この17の駐在所は、述べ床面積約92㎡から約103㎡の建物で、一つ一つは大きな規模ではなく、技術的にも、県内の事業所が十分請け負えるはずです。

建築では約6割を、維持管理では約8割を、地元業者が参入するといいますが、元請けで入れるわけではなく、地元は下請け、孫請けの仕事となります。

県警察は、徳島東署建設もPFIで行っていますが、今度は、小さな仕事までひとまとめにして、どこまでも県外企業の参入を促進し、地元企業を排除する仕組みとなっているPFI事業による本契約は認められません。

以上、反対の理由を述べました。議員各位のご賛同をお願いし、討論を終わります。

質問封じ、許せません!  文書質問を多数会派が潰す

(6月21日、「記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会」のみなさんと)

質問封じ、許せません!

今日の午前中に開催された議会運営委員会で、26日に提出していた達田議員の質問趣意書(文書質問)が認められず、理事者からの回答をもらえないことになりました。

 

これまでは、質問趣意書は自由に提出することができ、閉会日に理事者から回答をもらうことができました。

ところが、この9月議会で、自民党などが、文書質問は「緊急性、本会議質問を補完する必要性がある場合に限る」などのルールを作り、検討した結果、達田議員が提出した質問趣意書は認められないとしたのです。山田県議団長が抗議しましたが、自民・公明等の賛成多数で強行されてしまいました。

徳島版「モリカケ」疑惑と言われている「とくしま記念オ-ケストラ」疑惑の幕終いをはかる知事と歩調を合わせ、議員の質問を封じて、疑惑追及をさせないという暴挙です!

行政の監視役としての議会の役割を放棄するに等しい行為を多数会派が数を頼りに行うなど、許せません!
以下に、達田議員のFBの投稿を掲載します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

質問封じ許せない!!

私は、9月26日に、「記念オーケストラ事業について」の文書質問(質問趣意書)を議会事務局に提出していました。
ところが、自民党などが、文書質問は「緊急性、本会議質問を補完する必要性がある場合に限る」などのルールを作り、これまで自由に文書質問ができていたのに、させないようにしてしまいました。

県議会は、ただでさえ、本会議質問は議員ひとりあたり年1回、などと、以前私がいた阿南市議会とは違って、ずいぶんと発言制限をしています。文書質問は、そうした発言制限の中で、知事に問うことができる貴重な手段でした。

知事に対する質問について、なぜ議員が制限をかける必要があるのでしょうか。
この時期に文書質問封じをするというのは、やはり、単なる発言封じではなく、「記念オケ疑惑」を隠したい、県民に忘れてもらいたいという思惑ではないのでしょうか。

聞くところによると、自民・公明の議員さんたちは、本会議の質問のあと、知事や理事者一同とともに「質問者慰労会」を行っているそうです。

議会が知事に忖度をしていてどうするのか!!
こんななれあい議会でいいのか!! と怒りでいっぱいです。
県議団は、記念オケ疑惑解明を求めるみなさんと力をあわせてがんばります。

 

風しん患者急増を受けて  県が抗体検査無料実施を提案

今日は、臨時の文教厚生委員会が開催されました。

 

県内で2人目の風しん患者が確認されたことを受け、「風しん抗体検査等推進事業」として6,500万円の補正予算の追加提案を審議するためです。

 

関東地方を中心に風しん患者が昨年の8倍、9月23日までに770人になり、国立感染症研究所・感染症疫学センターが風疹急増に関する緊急情報を公表していますが、2013年以来の大流行が予想されているということです。

 

2013年の大流行時には、全国で14,000人もの患者が報告され、妊娠初期の女性の風しん感染による「先天性風しん症候群」にかかった赤ちゃんが45人確認されています。

提案内容は、感染の拡大を防ぐため、風しん抗体検査の無料実施と、感染拡大防止のための啓発事業を行うというものです。

 

具体的には、以下の内容です。(明日の本会議で採決に付されます。)

自動代替テキストはありません。

 

対象者   ① 妊娠を希望する又は妊娠する可能性の高い女性

      ② 昭和37年4月2日~平成2年4月1日までに生まれた男性(今年度28歳~56歳)

実施場所  県内6保健所及び協力医療機関(2013年時には県内の約400の医療機関が協力)

検査料金  無料

実施期間  2018年10月16日(予定)~2019年3月末まで

      県内の6保健所は10月23日、10月30日のみ18時~19時も対応

検査結果後の対応

      陽性の場合:問題なし

      陰性の場合:保健所・医療機関からワクチン接種のアドバイスを行いワクチン接種をしてもらう

      (ワクチン接種料金については、市町村に補助をお願いする)

 

県の説明によると、2013年の大流行時もほぼ同様の対応を行い、流行を防止できたとのことです。

県内の検査対象者(①、②)は約12万人いるそうですが、6,500万円の予算で約1万1千人が検査を受けられる計算とのこと。

(2013年~2014年時は、約1万人がこの制度を利用して検査を受けたとのこと)

 

委員からは、抗体検査を受けてもワクチンを接種してもらわないと意味がないのでは?a)ワクチンの助成はしないのか?b)今年度限りの対応なのか?c)急いで広報する必要があると思うが、県民にどのように知らせるのか?d)市町村にどのように働きかけるのか?e)ワクチンの供給は大丈夫か?不足することはないのか?等質問が出ました。

県の答弁の概要は以下のとおりです。

a)ワクチンの助成は、県はしない。市町村にしていただく(前回もそうだった)とのこと。ワクチンの費用は約1万円。市町村はほぼ半額補助で、残りは自費と考えているとのことでした。

b)期間は、前回と同様、2019年度末までの2年間を考えている。

c)職場を通じて知らせてもらうなど、早く確実に知らせることができるあらゆる手だてをとる

d)市町村には、早急に県から対応をお願いする

e)県内では4社がワクチンを提供している。一時は不足が伝えられていたが、現在は大人の摂取にも対応できる数を確保していると聞いている

 

私は、緊急措置として、今回提案の事業内容に意義はないが、一部自治体では、ワクチン接種の補助の上限を3,000円としているところもある。たとえ、半額補助でも自費で5,000円が必要。抗体がないのに、費用負担が重くて摂取できない人が出ることがないよう、県としてもワクチン接種にも助成する制度を設けること、さらに、過去2回の大流行を教訓に、県として、恒常的な事業にしてはどうかと提案しました。

 

この追加議案は、明日の本会議で採決に付されます。

 

※ 風しん(三日ばしかとも言う)は、風しんウイルスに感染して起きる発疹性の病気で、軽い麻しん(はしか)の症状に似ています。春先から初夏に流行することが多く、2~3週間の潜伏期の後、発熱と共に発しんがみられ、3日程持続しますが、熱が出ないこともあります。また、この時期に首や耳の後ろのリンパ節の腫れる症状が現れることも特徴です。

妊娠初期にこの病気にかかると、心疾患や白内障、難聴など(先天性風しん症候群)の子供が生まれることもあります。

うろこ雲

8日午後は、第47回徳島交響楽団の定期演奏会に出かけ、久しぶりにクラッシックを堪能しました。

9月30日開催が、台風のため、8日に延期となっていたものです。

 

指揮者は、曽我大介氏。

オーケストラをぐいぐいと引っ張っていくような情熱的な指揮に、ユーモアとサービス精神もプラスされ、魅了されました。

 

コンチェルトはラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」

ピアノは長富彩さん。一つ一つの音を力強く明確に響かせながら、とてもなめらかに弾く姿に見とれ、その音色に聞き惚れました。

 

メインのブラームス交響曲第3番。哀愁を帯びた繊細な旋律、さざ波が寄せては返し、やがて高潮となって押し寄せるようなブラームスらしい重厚な響きに圧倒される見事な演奏でした。

 

 

静かな満足感にひたりながら会場を出ると、まぶしい青空にうろこ雲が広がっていました。